HTMLとは何か?ホームページの基本理解

ホームページ 自作 html 見出し画像①

HTML(HyperText Markup Language)は、ウェブページを構築するための基本言語です。文字、画像、リンクなどの情報を組み合わせてユーザーに表示する役割を持っています。

HTMLはインターネットの基盤として、ウェブページの形と内容を定義する重要なツールです。

必要なツールの選定

ホームページをHTMLで作成するための最も基本的なツールは、テキストエディタです。

Notepad++やVisual Studio Code、Sublime Textなど、さまざまなテキストエディタが存在します。

初心者にはシンプルで使いやすいもの、経験者には多機能なものを選ぶとよいでしょう。

ブラウザの役割と選び方

ブラウザは、HTMLを読み込み、ユーザーに表示するツールです。

代表的なブラウザにはGoogle Chrome、Firefox、Safari、Microsoft Edgeなどがあります。

ブラウザには開発者ツールが搭載されており、ページの構造やCSS、JavaScriptをリアルタイムで検証できるので、デバッグ時に非常に役立ちます。

基本のHTMLタグとその構造

HTMLの基本的な骨組みは、<!DOCTYPE html><html><head>、そして<body>タグで成り立っています。

<!DOCTYPE html>はHTML5を示す宣言であり、<html>タグの中には<head><body>が入ります。

<head>はページのメタ情報、<body>はページの主要なコンテンツを含む部分です。

ページの要素を追加してみよう

ホームページには様々な要素を追加することができます。

例えば、<h1>〜<h6>は見出し、<p>は文章、<a>はリンク、<img>は画像を表示するタグです。

これらの基本的なタグを組み合わせることで、情報を効果的にユーザーに伝えることができます。

実際にページをブラウザで確認する

HTMLを記述した後は、ブラウザでそのページを開いて確認することができます。

HTMLファイルは”.html”の拡張子で保存し、ブラウザで直接そのファイルを開くことで表示を確認できます。

エラーや表示の不具合があれば、開発者ツールを使用して原因を調査します。

デザインを施す!CSSの役割と基礎

ホームページ 自作 html 見出し画像②

CSS(Cascading Style Sheets)は、HTMLで書かれたコンテンツの見た目やレイアウトを整えるための言語です。

セレクタを使って特定のHTML要素を選択し、プロパティと値を指定することでデザインを適用します。

例:p { color: red; } は、<p>タグの文字色を赤にします。

サーバーとは?選び方のポイント

サーバーは、インターネット上で情報を公開・提供するためのコンピュータです。ホームページを公開するためには、そのファイルをサーバーにアップロードする必要があります。

無料のサーバーサービスもありますが、安定性や速度、セキュリティを求める場合は、有料のサーバーを選ぶとよいでしょう。

ファイルのアップロード方法

FTP(File Transfer Protocol)ツールを使用して、ローカルのコンピュータからサーバーへファイルをアップロードします。

代表的なFTPツールにはFileZillaやCyberduckがあります。

FTPツールを使用する際は、サーバーのアドレス、ユーザー名、パスワードなどの情報が必要です。

もっと学びたい人へのリソース紹介

ホームページ 自作 html 見出し画像③

HTMLやCSSの知識を深めるためには、様々なリソースが役立ちます。

オンライン学習サイトのMDNやw3schools、書籍「HTML&CSS設計とコーディングの教科書」、コミュニティイベントの「Frontend Meetup」などがおすすめです。

最後に

ホームページ 自作 html 見出し画像④

ホームページ作成は、HTMLやCSSの知識を活かし、自分だけのオリジナルコンテンツを世界に発信する素晴らしい経験です。

初めは難しく感じるかもしれませんが、一つ一つのステップを踏むことで、自分だけのホームページが完成します。挑戦して、インターネットの世界を楽しんでください!