今の世の中、パソコン使えないと就職もできないよ?

世の中の大人は皆そう吐き捨てる。でも実際にその大人が「子供がパソコンを使えるように育てる方法」を教えてくれるってわけじゃない。

 

そんな大人は無視して、僕の話を聞いてほしい。

 

絶対に、その大人よりはタメになる話と経験談をこれからするから。

 

今求められている能力

geralt / Pixabay

今、世の中で求められている能力は、主に3つ

  • 調べる能力
  • まとめる能力
  • 伝える能力

では、この3つの能力が何故パソコンに関係してくるのか。

調べる能力→インターネットで調べる

まとめる能力→ExcelやWord、クラウドなどにまとめる

伝える能力→文章をしっかりと考えられる。PowerPointで伝えられる

というやり方が、今の企業では当たり前となっているからだ。

これらのソフトウェアなどの使い方などは、たいてい大学で教えてくれる。

高校でも少し触るが、ほんの少しだ。

 

では大学生活でこれら全てをマスターできるのか?

 

大学生になってからでは遅い

Pexels / Pixabay

大学生の知り合いがいる人は、その大学生に是非聞いてみてほしい。

「大学の授業で、パソコンを使いますか?」

「パソコンの何を勉強しましたか?」

 

きっとその大学生はこう答えると思う。

「使いますよ。」

「WordとExcelとPowerPointが中心ですね。」

 

なんだ、WordとExcelとPowerPointが出来ればいいのか。

と思う人は少なくない。でも、よく考えてほしい。

 

何故、大学でMicrosoftのofficeをひたすら使わせるのか?

大学によっては、officeソフトウェアを無償で学生に配っているところもある。

 

それは、就職してから使うから。というシンプルな答えに当てはまる。

 

実際に、取引先に何かを伝えるときもパソコンを使い、上司に報告するときも、データを整理するときも全てパソコン上で行う。

今や紙のデータを扱う会社のほうが少ないくらいだ。

 

では、大学生になってから頑張ればいいのでは?

と思うかもしれないが、それも違う。

 

結果から先に言ってしまうと、「パソコン上手な子供」が最後にいい成績を残す。

タイピングもまともに出来ない子供たちが大学に入ってすぐにWordで勉強できるのか?否、絶対に捗らない。

 

むしろタイピングに時間がかかって他の作業に支障が出る。

 

子供の頃からパソコンに触れることが大事

geralt / Pixabay

僕は、お世辞にも学力が高いなんて言えない。

むしろ留年しかけて教授に土下座しまくった覚えがある。

 

しかし、パソコンを使う授業では他の学生よりもはるかに速いスピードでレポートを完成させていた。

むしろ余裕といってもいい。

 

幼いころからパソコンを触っていると、感覚でどうしたらいいのかわかるのだ。

タイピングもかなり早く、ブラインドタッチも出来たので、文章作成もかなり早く終わる。

 

ネットから画像を引っ張って、ほかのレポートよりも絶対に見栄えのいい物を作ることが出来る。

事実、僕はExcelなどはめんどくさかったので全てプログラミングで全自動化していたので、講義なんて聞いていなくてもワンクリックで全て終わった。

 

パソコンを使いこなしてさえいれば、どこに行っても通用する。

どこに行っても、生き抜くことが出来る。

そして、パソコン一つでお金を生み出せるので、親がお小遣いをあげる必要性もなくなる。

自分で稼ぐという楽しみが、あなたの子供をインターネット起業化に育てるかもしれない。

 

では、そのような子供に育てていく前に、僕がどうやってここまでパソコンスキルを上げていったか少し語っていきたいと思う。

 

小学生

僕のパソコンライフは小学生の頃から。

今思うと、子供の成長は素晴らしいものだなぁと自分で思う。

小学生3年生でメイプルストーリーにハマる

メイプルストーリー…知ってますか?

♪メイプルメイプルぷ~るぷる♪

のCMで一躍有名になったオンラインゲームだ。

チャットや育成、仲間とともに敵を倒し、経験値を得ていく。

 

その頃とても流行っていて、僕は友達と一緒に始めました。

もうハマりにハマって、学校から帰ってきてずっとレベル上げ。

この時に身についたのが、

「タイピングの速さ」

「インストールの仕方」

の2つ。恐ろしくタイピングが速くなりました。

皆で敵を倒すときに、タイピングが遅いと攻撃されて死んじまうんでね(;'∀')

 

ソフトのインストールも自分で行ったのを覚えています。

そして、このメイプルストーリーで知り合った人に、新たなオンラインゲームを教えてもらいました。

 

クロスファイアというFPS銃撃戦ゲーム

メイプルの次は銃撃戦かよ…ハマったハマった(;´・ω・)

このゲームで身についたのは、圧倒的射撃センス…じゃなくて、インターネットの回線の仕組み。

メイプルストーリーは2Dゲームであったのに対して、クロスファイアは3Dゲーム。どうしても、回線が遅いと負けてしまう。

Wi-Fiの親機と子機を弄りにいじって、チャンネル変更してみたり、親機の位置を変えたり。

このときのWi-Fiは、まだUSBに子機を挿していないと使えませんでした。

 

自分だけのメディアフォルダを作った

オンラインゲームにハマった次は、アニメや音楽にハマりました。

でもって、毎回毎回インターネットにつなぐのも嫌だなと思った少年。

「ダウンロード」というものに出会います。

しかし、アニメなんてダウンロードボタンついてないじゃないか…!

「Craving Explorer」というソフトを自分で見つけてダウンロード。それで、気に入ったアニメや音楽をぶっこ抜いてた記憶がございます。

 

この時からついていたのが、

「調べる能力」

疑問を自分で解決する能力。

この能力が、だんだんと伸びていきました。

 

中学生

中学生になり、なんと自分のPCをゲット。

ただゲットしたわけではなく、それにもかなりの苦労がありました。

 

自分で組み立てたWindowsXP

母の知り合いから、「組み立てられるんならあげる」とパソコンの部品をもらいました。

丸2日間、試行錯誤によりなんと組み立ててしまったジョグ少年は、今でも凄いなぁと思います。笑

母の知り合いもビックリ仰天してました。

そして自分のPCを手に入れた僕は…晴れて引きこもりに。笑

毎日チャットとオンラインゲームの毎日。笑

何やってんだか。

 

お小遣いを稼ぎ始める

2年生になって、ちょくちょく学校に行き始めると、ある会話を聞きます。

「お前のCDだれかコピーしてくんねぇかなぁ?!」

 

ん?CDコピー簡単やん?何?DVDだったらリッピングすればいいだけやし。

そこでその友達に、300円で好きなだけコピーしてやるといって引き受けます。

 

この稼ぎ方がなんだかハマってしまい。

中学校では激安CD屋さんとなっていました。

 

おまけで僕のパソコンには音楽ファイルがわんさか。

なるほどねーこんなのが流行ってるんだぁ~笑

なんて思いながらこつこつお小遣いを貯める。

 

中学生にして常に財布には5千円くらい入っていたから、それなりに稼いでたのかな?

 

中学生で学んでいたことは、

「人が欲しがるものは金になる」ということ。笑

そして、自分のPCスキルが金になったことが何よりもうれしかった。

 

高校生

Pexels / Pixabay

高校生では、少し練習ガチ勢な部活に入っていたため、パソコンはいったん中断…

ということもなかった。

プログラマーかっこいいなぁーと、当時やっていた「ブラッディマンディ」というドラマを見て思い、本屋でプログラミングの本を買い独学で学び始める。

 

結果的に3言語読めるようになった。

  • PHP
  • Javascript
  • Java

の三つの言語を読めるようになっていた。

勉強方法は、ただ教本をノートに書き写し、それをパソコンで毎日動かしてみるというもの。

このためにノート4冊を消費し、パソコンにはプログラミング言語ファイルがわんさか溢れていた。

 

これは全く無駄ではなかった。

「ブラッディマンディ」のようなハッカーにはなれなかったが、今でもWordpressで困ったことがあればPHPファイルなどを見て対処することが出来る。

 

HTMLとCSSもついでに覚えた。

ついでに、というか、PHPを勉強する段階でHTMLCSSも覚えていった。

何か、自分の得意分野を伸ばせることがとても嬉しくて、毎日勉強していたのを覚えている。

おかげで学校の勉強はちんぷんかんぷんだった。

 

当時勉強していた教材とノート

なぜかJavaの分だけ消えていたが、当時勉強していた教材とノートはすぐそばに置いてある。

 

 

こうやってみると、また思い出してわかり易いし、何より頑張ってたんだなぁと感心する。

 

大学生

大学生になり、活動に幅はさらに広がる。

バイトのほかに、ネットで稼げないかと試行錯誤し、少しづつ稼いでいく。

 

自分のサイトを持ち始める

自分のサイトを持つというのは、大変勉強になる。

自分の頭の中を整理する能力もつくし、ネットの世界で注目されるにはどうしたらいいのかという考えが自然につく。

企業が欲しがるマーケティングが自然と身についてくる。

 

このとき、アクセス数に応じて報酬を得るアフィリエイトと、ランサーズというサイトで自分のスキルを売り出していく。

ポケットWi-Fiに契約し、さらに活動は加速する

ポケットWi-Fiって何?ギガ放題のおかげで人生変わった話をしたい。

 

子供のパソコンスキルを向上させるための環境

Giovanni_cg / Pixabay

以上のことから分析してみると、

  • 身近にパソコンがあること

 

この環境はかなり大きいと言える。

 

そしてさらに、親御さんもパソコンを使ってほしい。

実際に子供に聞かれた質問に対して、「検索して調べてみよっか。」と言いながら一緒にインターネットで調べれば、子供は「この機械で分からないことが解決する。」と本能的にインプットする。

この習慣が非常に大事だ。

 

実際、僕がここまでパソコンスキルを向上させることができたのも、

「自分で調べる習慣」があったからだ。

 

学校の勉強にも同じことが言える。(バカだったけど。笑)

分からないことを聞く前に、自分で調べることが出来れば、テスト前に何もできず点数が取れないなどということもなくなる。

 

ただし注意してほしいのは、パソコンを身近に感じる環境があるということは、個人情報についてしっかりと教育しておく必要がある。

今はYouTubeが盛んで、子供がなりたい職業の第3位に「YouTuber」がランクインしているほどだ。

 

パソコンにセキュリティロックをかけるなど、子供が個人情報を安易に晒せない環境を作ることも非常に大事になってくる。

 

まとめ

Photo-Mix / Pixabay

子供というのはかなり吸収力が高く、スポンジのように新しいことを身に付けていきます。

その大事な期間にパソコンの触り方、タイピング、基礎知識を教えてあげると、あとは自分でメキメキと育っていきます。

 

いまのIT社会で欲しがられる存在になるために、子供にはどんどんパソコンという機会に触れてほしいと思います。

もちろん、外遊びも大事だからね!笑

 

 

スポンサードリンク

⇩〜〜お知らせ〜〜⇩

読者さん
JOSALOGが、無料のメールセミナーを始めたって…?
 
じょさなん
そうなんすよ。 【JOSALOGのブログで稼ぐ★メールセミナー】をはじめました…。 無料で、「僕がブログを始めた時に知りたかった情報」を毎日配信し続けるっちゅうものですね。
   

副業としてブログを始めてみたい。

ブログの集客や収益化がうまくいかない。

稼いでいる人は何を考えているのか知りたい。

てか、まず何から始めればいいかわからない。

 

そんな人は、迷わず登録や!

 

 

【動画あり】未経験でもブログで月収10万円
  • PDF60ページ分の分かりやすい教材
  • 教材に沿って僕が解説している講義動画

この2つの教材で、貴方の理解度を限りなく高め、月収10万円を達成するためのブログ構築収益化術を教えます。

初心者を200人超コンサルしてきて生み出した、貴方の努力を最大化する計画的ブログ収益化術。

ひたすら記事を書いても収益は望み通りに出ません。正しい方向性でなければ、努力は人を裏切ります。

このノウハウに書いてあることを実践し、安定した土台を整えてブログ運営していけば、月収10万円というハードルは誰にでも超えられます。

おすすめの記事