現在の僕
スポンサーリンク

 

こんにちは、ジョグです。

以前は”じょさなん”という名前で活動していましたね。お久しぶりです。

 

なかなかブログを更新することを出来ず、なんとも歯がゆい気持ちです。

SEO対策情報ブログである「Catch! Engine」も、100記事ほど一気に書き上げたところで一旦切り上げました。

アクセスは順調に伸びていますが、これからやるべきことなどは沢山あります。

 

さて、僕は一体何者なのでしょうか?

簡単に言うと、個人事業主です。

アフィリエイターでありコンサルタントであり、サイト制作やバナー広告作成などの業務をこなしています。

 

そしてTwitterなどのSNSでも活動していますが、いろいろと隠してきたことが沢山あります。

今回の記事では、それを包み隠さず全てお話ししていきたいと思います。

 

僕は一体何者なのか?何をしてきた人なのか?

それらを赤裸々に、お話ししていきます。

 

少し長くなりますが、僕の人生経験を読み、誰かの役に立ってくれれば幸いです。

 

札幌のはずれの田舎で生まれる

僕!幼いなぁ。

僕は札幌のはずれの、少し田舎で生まれました。(現在は栄えていますが…)

 

家族構成は、

  • 父親
  • 母親

の四人です。

生まれた当初の家庭は裕福でした。

欲しいものは手に入りました。

 

しかし、親の夫婦喧嘩を目の当たりにすることが頻繁にあり、夜寝るときは喘息の発作を起こしたり、幻覚を見たり幻聴を聞くことが多々ありました。

(幼いころの不思議な思い出って、よく記憶に残ってるんですよね。)

 

そして小学校2年生です。

いきなり名字が変わりました。両親が離婚したからですね。

 

母親の方に引き取られて、父親とは月に一回会う形になっていました。

 

そのころから、人の顔を伺う子供になっていました。

理由は、父親と会ったときの母親の機嫌がすこぶる悪かったからですね。

 

母親の機嫌をどうしたら良くできるのか。かなり深く観察していた記憶があります。

 

PCとの出会いはオンラインゲーム。

小学4年生のころはオンラインゲームのメイプルストーリーがとても流行っており、外で遊ぶよりも家でオンラインゲームをしていました。

このころからPCと友達になり、タイピングはとても速くなりました。

 

初めて自分でお金を稼ぐ。

小学校6年生になると、周りは「買い食い」ということをし始めます。

学校帰り、駄菓子屋へ寄ってみんなでお菓子を買って食べながら帰るんですね。

 

しかし、あいにく僕にはお金がありませんでした。

「どうしてもお菓子買いたい…」

 

そう思った僕は、持っていたDSソフト「どうぶつの森」に注目しました。

「どうぶつの森」というゲーム内の服屋さんでは、ドット絵で自分の好きなデザインの服を作ることが出来ました。

 

そこで、ジャニーズの山口智久(山P)が流行っていたので、超絶リアルなドット絵を作成しました。

その山Pのドット絵のデザインを、「どうぶつの森」の通信機能でクラスの女の子に一個100円で売ることにしました。

 

思えばこれが、最初に僕が自分で稼いだお金だったと思います。

 

クラスの女の子からはとても評判がよく、隣のクラスまで伝わり、それはそれはよく売れたことを覚えています。

しかし、一度売ったドット絵が流用されたり(転売)することがあったので、これは一時的にしか儲からないんだな。と感じたことを覚えています。

 

 

中学生はアニヲタに。そして少しヤンキーになる。

中学1年生、格闘技の習いごとをしていましたが、そこの道場の監督に1台のPCを貰いました。

要らなくなったPCの部品で、OSはWindowsXPでした。

 

部品と配線コードだけもらい、監督が僕に言いました。

「組み立てれたら使っていいぞ。」

 

僕は徹夜して1日で組み立てました。

これが人生初めての徹夜です。

 

そこからというもの、アニメにハマりまくりました。

学校もサボってアニメを見ていた記憶があります。

 

とある魔術の禁書目録…ひぐらしのなく頃に…もうあの頃のアニメは全部制覇してもおかしくないくらい見てました。

 

ブログで人気になり、釣り具を貰う。

釣りブロガーだったあの頃。

中学2年生、僕は釣りに没頭します。

釣りは幼少期から父親に教えられていて大好きだったのですが、自転車を手に入れた中2はどこへでも行きます。

 

札幌から小樽まで、ママチャリだけでたどり着いたのは良い思い出です。

その頃からブログという存在をしり、釣りブログを始めたのもその頃。

 

このブログが割と人気になり、Amebaの人気ブログランキングでは500位くらいを記録していたのを覚えています。

 

何故にブログをそこまで書いていたのかというと、当時お金がなかったもので、釣りブログを書いていたら釣具屋さんから何か貰えたりしないかな~なんていう下心ですね。(笑)

なんと思った通り、進級祝いや卒業祝いで釣り具を貰えたことを覚えています。

 

ヤンキーになり、またお金を儲ける。

この時の僕は今見ても怖いのでボカす。

中学3年生、僕は映画:クローズに影響され、なんと少しヤンキーになってしまいます。

今でこそ恥ずかしい話ですが、喧嘩したり色々と悪いことをしたりしていました。

そして、年上の少し悪いお兄ちゃん達とつるむようになるわけです。

 

年上の兄ちゃんは、18歳以上だったので、アダルトショップに入ることが出来ました。

中学生からしたら未知の空間ですよね。

オ○ホールやら何やらを、お金を渡したら代わりに買ってきてくれるわけです。

 

そこで僕は、アダルトグッズを欲しがっている同級生と、その年上のお兄ちゃんとの仲介業をすることにしました。

 

  1. アダルトグッズが欲しい中学生は僕に手数料込みのお金を預ける。
  2. 僕はそのお金を年上のお兄ちゃんに渡す。
  3. 年上のお兄ちゃんが買ってきたものを、依頼された中学生に届ける。
  4. 手数料は、僕と年上のお兄ちゃんと分ける。

 

これがまぁ~当たる当たる。中学生の性欲もバカにできないですね。

年始のお年玉貰った後なんて、相当儲かった記憶があります。

 

そんなこんなで、中学校生活を過ごしていたわけですが、上に書いてある通り、全く勉強していませんでした。

中学校では、学力がランク付けされると思いますが、下から2番目?くらいだったと思います。

 

頭が悪すぎたので、高校は行けないという話になっていました。

本気で漁師になろうと思っていました…(笑)

 

しかし、所属していた道場の監督が、高校へ推薦してくれたおかげで、部活推薦のような形で高校入学が決まります。

本当に、監督には感謝しています。

 

 

スポンサーリンク

高校生、部活一筋。結果を出すためのノウハウを自分で学ぶ

高校生部活一筋時代の僕。

高校生。

僕は部活推薦のようなものだったので、部活に明け暮れる日々を送ります。

それがなかなかの強豪校で、レギュラーに選抜されるのも難しいところでした。

 

サボっても、結果を出せればレギュラー。

 

そんな実力主義の部活でした。

そこで僕はなんとか結果を出そうと、少し頑張ったわけです。

 

格闘技でしたから、毎日家に帰って自分の試合の動画を見て、記録する。

記録から毎日の反省と改善点を出す。

 

決めた技や戦い方などの統計をExcelに起こし、データにして改善点をさらに炙り出す。

 

僕は緊張にとても弱かったので、初めからメンタルに頼らず、データで試合をしようと決めていました。

結果は、1年生の後半でレギュラーを取ることが出来ました。

 

そして全国大会にも駒を進めることができました。

 

最後に北海道優勝できなかった敗北感が、忘れられない。

高校2年生,3年生は、部活動を仕切る立場になったので、「人を動かす」ためにはどうしたら良いのかを必死に考えました。

しかし、北海道優勝は一回果たしたものの、最後の大会は全く結果を出せずに終わります。

 

恐らく、最後の大会で北海道優勝を果たしていたら、今の自分はいないと思います。

あの時の敗北感が、僕を常に奮い立たせてくれました。

 

「あの時、ここまでやっておけば。」

「なんで、もっと準備しておかなかったんだろう。」

 

そんなことを、帰りのバスで考えていたことを思い出すと、本当に自分に腹が立ってしょうがないんです。

 

そんなこんなで高校生活を送っていた僕ですが、やはり勉強はできません。

リアルな話、学年で一番成績が悪かったことを覚えています。

 

しかし、部活動でそこそこ成績を伸ばしていたこともあり、大学も部活動で進学することが出来ました。

そして僕は、怒涛の大学生時代に突入するわけです。

 

大学生。稼いで、借金して、稼いで、詐欺られて。

大学入学直後の僕。少しチャラかったなー。

大学1年生。

高校のころからやっていたバイトに明け暮れていました。

昼の3時から深夜の3時まで働き、朝起きれたら学校に行く。

そんな生活でした。

 

しかし、部活動の大会だけはしっかりと出ていました。

自分でもびっくりですが、1年生のころに北海道優勝を果たします。

大学1年生~4年生までの間で、全国大会に何度出場したか分かりません。

日本武道館も行きなれたものです。

※結果的に、大学3年生の時にナショナルチーム入りしました。補欠ですが(笑)

 

アフィリエイトを始めるきっかけ。

しかし、飛行機に何度も飛んでいると、どうしてもかかるのがお金ですよね。

1人で行くだけではなく、後輩を連れて行ったり、先輩といったときも遊んだりするわけです。

 

大学入学のころから一人暮らししていたので、普通に考えてお金が足りませんでした。

そこで考えたのが、ブログアフィリエイトです。

 

元々PCが好きだったことと、ブログも苦ではなかったこともあり、僕はアフィリエイトで稼ごうと思いました。

 

僕はまず、ブログのクオリティで他に負けてはいけないと思い、WordPressを学びます。

そして、同時並行してプログラミングを学び始めます。

 

「3か月」かかりました。

WordPressを覚え、3つのプログラム言語を習得するまでです。

 

プログラムを学んだのは、インターネット上のものはプログラムで構成されていると思ったからです。

その道を極めるには、避けて通れない道だと思ったんです。

 

そして僕は、ブログアフィリエイトを始めます。

 

最初の成功と、最初の失敗。

最初に攻めたジャンルは、【エロ系】と【心理学】です。

エロは単純に、検索需要多そうだなーと思って。

心理学を選んだ理由は、当初メンタリストDaigoが爆発的に流行っていたからですね。

 

このジャンルのブログを、3日徹夜→1日寝る→3日徹夜→1日寝るのサイクルで書きまくりました。

SNSでの宣伝も同時に行い、一か月間やり切りました。

 

その結果、翌月には4万円の発生報酬がありました。(Googleアドセンスで)

 

そうですよね、調子に乗りますよね。

僕はこれで行けると思い込み、貯金を崩して広告を打ち出すことにしました。

これが1発目の失敗です。

 

Googleアドワーズというサービスを使って広告を出しましたが、まず広告費と見込める収入の計算もしていませんでした。

 

そして、作ったブログもほぼパクりコンテンツだったこともあり、自然検索からの流入はゼロに。

それでも広告は打ち出されます。

 

初めての借金。

結果、僕はお金がすっからかん。無一文になってしまいました。

広告費を返すため、そして生活をするために、借金をしました。

初めての借金です。

アコムに入って、機械を通して受付の人と話をしている自分は、とても哀れなものでした。

 

結果、一度借金を返すためにまたバイトに明け暮れました。

バイトをしながら、他にノーコストで稼ぐ術はないのかと漁りまくりました。

 

この時に出会ったのがココナラというオンラインスキルマーケットです。

自分で学んできたプログラミングのスキルや、WordPressの構築方法などをPDF資料にまとめて出品していました。

(後に出した王道アフィリエイトマニュアルという商品は、ココナラの"副業・アフィリエイト"部門で人気ランキング3位を記録しました。)

 

心機一転して勉強し、コツコツと収益を積み上げる。

当時じゃないけど、のちの作業場。

大学2年生、ある程度お金が貯まってきて、コツコツブログを書いていました。

転売にも挑戦していました。

アリババというサイトを使い、個人で中国輸入を始めたりしていましたが、利益率が悪いと判断して止めました。

 

この時、下手に転売に走るよりもアフィリエイトをしっかりと学びなおそうと決意しました。

SEO対策について、アフィリエイトの仕組みについて、ネットサーバとは何か?

もう思い当たる全てを学びました。

心理学やマーケティングについて学んだのもこの頃です。

札幌駅の紀伊国屋書店に張り付いて、朝から晩まで勉強していました。

 

そして小さな収益を生むメディアサイトをコツコツと複数作る作戦にでました。

【一か月200円を生み出すサイト】×20個=月収4,000円!

こんな感じの計算ですね。

 

これはなかなか堅実的な作戦で、コツコツと収益は出ていました。

Googleアドセンスで1か月8,000円以上稼げるようにはなっていました。

なので、毎月Googleさんから8,000円ほど振り込まれる現実にはできたわけです。

 

収益爆発。月収50万円からの失敗。

そして、ここで2ちゃんねるで得た情報をもとに、ゲームの攻略サイトを作ろうと動き出しました。

大学2年生の冬頃ですね。

 

それが爆発的に当たってしまい、Googleアドセンスで月50万円ほどの収益を記録しました。

マジであり得ねぇと驚愕したのを覚えています。

ゲーム業界ってこんなに狙い目なんだなぁと。

 

詳しくは下記の記事に書いてますが…(ノウハウも書いてます)

参照ゲーム攻略サイトで月50万円超稼いだ方法とSEO対策を教えます【実体験】

 

釣りブログを新しく立ち上げ、釣り活動も盛んに行っていました。

参照北海道ロックフィッシング じょさnavi

 

 

そこで僕は調子こきました。

はい、2発目の失敗ですね。これがかなり大きいです。

 

大学3年生になると同時に、そのゲーム攻略サイトで一時的に得たお金を使いまくりました。

 

そして、

もっと収入増やしたろけ~~~~!

っと思い、もうお金を使いまくったわけです。

  • サイト制作を外注
  • 記事を外注
  • スポンサー活動してサイトを広める

 

そうです!皆さん望んでました!

それ全部失敗に終わったわけです(笑)

 

まず外注記事を全て投入しても、検索順位は全く動きませんでした。

サイト制作においては、よくわからん会社に依頼してしまい、全く使い物にならないサイトが納品されました。

 

そして貯金が少なくなってきたころに僕は…ギャンブルに出ました。

FX、仮想通貨、株式投資…そうです。そこらへんです。

 

なんとその頃、仮想通貨が大暴落。

もう本当に目も向けられませんでした。

その頃の記憶があるので、僕は絶対に軽い気持ちで投資はしません。

 

詐欺、詐欺、詐欺、詐欺。

そして、もう貯金が尽きる…やべぇ…となったころ。

もうその頃には、再度借金して資金を増やしていたので、消費者金融から借り入れすることができませんでした。

(その頃の資金繰りの経験のおかげで、金融系にはめっぽう強くなりました。)

 

もう個人からお金を借りに行くしかなかったわけですね。

そこで僕は全財産を失うはめになりました。

 

皆さん知っていますか?

詐欺にあう大半の人は、お金に困っている人なんです。

 

お金がない、すがるしかない、そんな心理を利用され、更に騙される。

もう何回騙されて、何円詐欺られたかも覚えていません。

 

そして、極めつけは警察です。

僕の情報を利用して詐欺を働いた人が現れました。

部屋のドアを開けたらいきなり警察です。

 

もちろん、僕は誰のことも騙していませんでした。

しかし、共犯扱いとして署に連行されました。

 

共犯扱いでしたので、取り調べも恐ろしいものでした。

僕は何もやっていなかったので、何を言うこともできませんでした。

分からなかったんです。本当に。

 

家に返してくれ、わからない、お腹空いた。

それしか思い浮かびませんでした。

 

調べ上げた結果、しっかりと無罪ということが分かりました。

取り調べにかかった期間、約3か月です。

 

3か月ものあいだ、僕は週に3回の取り調べを受けていました。

 

大学3年生、ボロボロ。

当時処方してもらった薬。

ストレスで10円ハゲが出来ました。

元からあったアトピーも暴発し、身体は血だらけに。

脂漏性皮膚炎も併発し、頭皮はボロボロ、ろくに外にも出れなくなりました。(風が頭皮に当たると痛いんやで…)

 

もう限界が来た僕は、一番最初に相談するべき相手だった両親と親戚に頭を下げに行きました。

 

これまでの経緯をしっかりと話し、親と親戚にお金を借りました。

 

そこから僕は、コツコツと仕事を続けます。

なんとか親と親戚からお金を借りることが出来、リセットボタンを押せました。

 

人生リセット。諦めず再スタートを切る。

元からあったアフィリエイトサイトからの収益も、継続して発生していました。

自分自身がお金に困った経験から、金融関係のブログも立ち上げました。

お金関係はGoogleアドセンスのクリック単価が高いことから、なかなか利益率は高かったですね。

 

そしてまた、サイトを作りまくるわけです。

その頃に、当ブログJOSALOGも立ち上げました。

 

人生リセットボタンを押されたと思って、立ち上げたのがこのブログです。

ほどなくして、その時の彼女とお別れしてしまったのがとても残念。

 

仕事のため、僕は全てを大好きな釣りも抑え、全てを切りました。

 

突っ走って分かった、身体のもろさ。

そして大学4年生。

JOSALOGも好調、アフィリエイト収益も好調、複数サイトもつぶれずいい感じです。

 

そのまま突っ走っていました。

コンサル業もいい感じ、指導力を買われて、人が人を呼び、何社か声をかけてもらい、会社とSEOコンサル契約を交わしました。

 

そこで、また失敗します。

仕事の詰め込みすぎて、体調不良を連発しました。

回復してからもスケジュールはパンパンです。

 

LINEの通知が多すぎる等、自分で抱えきれないほどの仕事を持ち、ストレスで血尿が出てきました。

その頃からTwitterの更新も途絶え始めました。

 

それでも、そんな事実を悟られまいと、外に出ては笑顔。

なかなかしんどいなと思いました。

 

インターネットビジネスで求めたもの。

リフレッシュしに水族館に行きました。

そこで僕は少し気づいたわけです。

 

仕事を自動化し、自分の時間を増やす。

 

これが僕が最初に求めていたインターネットビジネスなのではないか?

だからアフィリエイターの道を選んだんじゃないのか?

 

そういった結論に至りました。

さて、大学4年生。卒業はできませんでした。

単位なんて足りるはずもありません。

ずっと仕事していたのですから。

 

現在、僕は22歳、大学5年生。

現在の僕

そうです、ずっと隠していました。

一定の人には言っていましたが、僕は大学生です。

大学生であり、個人事業主であり、アフィリエイターであり、コンサルタントです。

 

現在は、今までの仕事をすべて自動化できるようなプログラムの開発をしています。

 

22歳と若造ながらも、中身の詰まった人生じゃないかなと思います。

こんな長い文章で、ダラダラと書いた記事を最後まで読んでいる人は少ないと思います。

 

でも、読んだ人に伝えたい。

インターネットビジネスは身体を壊すためのものではなく、自由な時間を増やすためのもの。

そのために、正しい方向性で、適切な量で、分析しながらブログ運営に勤しんでほしいなと思います。

 

ブログはとても楽しいです。

4月1日からは、JOSALOGの更新も再スタートします。

 

専門分野に特化された記事ではなく、僕の日々の苦悩や仕事効率化術など、雑記ブログにしたいと思います。

少し気になったら、少しだけ覗いてくれるとありがたいです。

 

僕はこれまで色々なことを学んだと思います。

  • お金がないと何もできない
  • お金は使うほうが難しい
  • 必死こいて努力した経験は糧になる
  • 頭を使って努力するのが大事
  • 身体は資本、絶対にいたわる

 

これらは、僕がこれまで学んだことの一部です。

どうかこの記事をよんだ皆さんに、これらを伝えることが出来たらなと思います。

 

 

これで、僕の長すぎる自己紹介を終わります。

読んでいただき、ありがとうございました。

4月1日から期間限定 無料配布します!
スポンサーリンク
おすすめの記事