インプットする時に3つの疑問を持つとアウトプットが楽になる。
StockSnap / Pixabay
スポンサーリンク

皆さんはインプットアウトプットという言葉を知っていますか?

最近だと、「アウトプット大全」という本が馬鹿みたいに売れて話題になっていましたね。

 

この記事がどんな人にオススメか、簡単に説明すると、「現状に満足していない全ての人」にオススメです。

 

その人が現状を変えていくには何をしたら良いのかというと、インプットとアウトプットをセットで行うということ。これに尽きます。

 

  • インプットとは、自分に知識や経験,ノウハウを蓄えていくことを言います。
  • アウトプットとは、自分の外に、得てきた知識や経験,ノウハウを出していくことを言います。

 

大抵の人は、インプットだけで終わります。

本を読んでも自分の中で満足してしまい、そのまま本棚行き…。なんてのがよくある例ですよね。

ジョグ
ノウハウコレクターなんて呼ばれてるのがその例ですわ!

 

でもこれって、本当に満足しているのか?ってところなんです。

考えてみてください。あなたは何故その本を買ったのでしょうか?

 

…現状満足していなくて、現実を変えたいからではないでしょうか?

 

でも、本を読んでインプットして終わると、変わったのは貴方の脳内だけなんです。

脳内お花畑で終わってしまうということなんですね。

 

だって、得た知識やノウハウを、現実世界に出していないから。

 

インプットして得た知識は、アウトプットすることで始めて自分の周りに影響を与え、現実世界を変えていきます。

 

これが、皆さんが本当に欲しがっているものなのではないでしょうか?

アクセサリーを購入するときは、それを身に着けた自分の変化を想像するように。

インプットするときは、何かしら現実世界での変化を望んでいると思うんです。

 

ジョグ
…でもぶっちゃけ…めんどくさいんですよねぇ〜!笑

 

僕も最初はそうでした。

一生懸命、本を読みました。本棚だけが埋まり、現実世界は何一つ変わりませんでした。

 

でも、少しだけインプットの時に工夫するだけで、その後のアウトプットがとても楽になったんです。

今からその、アウトプットが楽になったインプット方法を教えていきます\(^o^)/

 

この記事を読んでほしい人

自己啓発本を読むのが大好きだけれど、全然行動に移せない

現状に満足していなくて、自分をもっと変えたいと思っている

 

 

この記事を読むメリット

すぐに実践できるインプット方法により、アウトプットが楽になり周りに変化が起き始める

ただアウトプットするだけでなく効率よく周りに影響を与える方法がわかる

 

 

この記事を書いた人

ジョグ@札幌のWEBの人
札幌でメディアサイトを運営したり、ライターさんを育てたり。 5年前からWEB屋をやってます。
十数個のサイトを同時運営中。企業様のSEO,マーケティングコンサルもしてます。
/WEBデザイン/サイト制作/SEO,ブログコンサルタント/アフィリエイター/WEBライター 
Twitterのフォロワー数は1万人超。
Twitter     Twitter
InstagramInstagram

アウトプットには3段階ある

アウトプットとは、自分の外に自分の中のものを出していくこと。

そしてそれを利用して現実世界を変えていくには、3段階のステップを踏むことが大事だと僕は思っています。

 

  1. 世の中には出していない段階
  2. 世の中に出していく段階
  3. 効率的に拡散していく段階

 

それぞれ説明します。

 

世の中には出していない段階

具体的に言うと

 

  • ノートに書き起こしたり
  • スマホでメモを取ったり
  • レコーディングしたり

 

ですね。

本を読んでインプットしながら、これらを行うと効果的ですね。

しかし、まだ世の中には出ていない段階なので、自分の頭の中が整理させているというだけになります。

言ってしまえば、「準アウトプット」って感じですね。

 

世の中に出していく段階

具体的に言うと

 

  • SNSで呟いていく
  • ブログで公開する
  • YouTubeで配信する
  • メルマガを書く

 

などですね。

この段階を踏むことで、始めて自分の周りの現実世界に影響をもたらしていきます。

どんな変化が現れるかというと、僕で言うならば…

  • 企業さんからお仕事依頼が舞い込む
  • 読者さんから嬉しいコメントがもらえる
  • SNSでの反応も増えてくる

 

これらの変化がすぐに起き始めます。

ジョグ
なんとも嬉しいのは、結果として「お金」が増えていきます。

それだけこの段階を踏むということは大事になってきます。

 

効率的に拡散していく段階

まだ足りないの?と思うかもしれませんが、この段階を踏むことで現実世界が変わっていくスピードが速くなります。

言ってしまえば、全てを「連携」させる。ということ。

僕で言うならば、

ブログに投稿したSNSにも自動で投稿メルマガにも自動で配信

のような流れをよく作ります。

この流れを作ることで、ブログに投稿する「アウトプット」だけで、その他にも自動でアウトプットしてくれるので、アウトプットが何倍にもなります。

 

※ブログとSNSの連携方法については、IFTTTを使用するとわかりやすいと思います。

※今回の記事ではこの三段階目は解説していません。

 

インプット後のアウトプットを楽にするノートを利用した方法

では、そんなアウトプットを楽に行う効率の良い方法を教えていきます。

まずアウトプットの大前提として、得たものをそのまま発信しても意味がないということをわかってもらいたいです。

 

アウトプットとは、「その人が自分に中で理解して噛み砕いて、他人に伝えていく」から価値が出ていきます。

 

もっとも価値のあるアウトプットは何か?

と聞かれたら、僕は迷わず「難しいことを、その人のレベルに合わせて簡単に説明すること」だと答えます。

 

なので、本に書いて有ることを全て丸パクリしても、そのアウトプットは効果ありません。

ジョグ
(SEO的にも上位表示は難しいよね…。)

 

3つの疑問を持ちながらインプットしています。

 

  1. 何故?どうして?
  2. 関係する自分の体験は?
  3. どんなメリットがある?

 

そしてこの疑問を持ちながら、アウトプットのための文章を考えていきます。

説明していきますね。(本でのインプットを例に取ります)

 

インプット時は良いと思ったフレーズを書き出そう

本を読んでいて、「良いな」と思ったフレーズは全てノートに書き起こします。

僕はA5サイズのノートを常に持ち歩いているので、そちらに書くようにしてます。

 

フレーズ1つ1つに対して感想をぶつけていこう

書き出したフレーズ1つ1つに対して、感想をぶつけていきましょう。

 

「◯◯◯」→その通りだと思った。実際僕が◯◯した時もそうだったが…〜〜

のような感じで大丈夫です。

 

読み終わった瞬間に、本全体に対して3つの疑問をぶつけよう

 

  • 何故その本を手に取ろうと思ったのか?
  • その本を読むきっかけとなった体験談は?
  • その本を読むことによる自身の変化(メリット)は?

 

これら3つの疑問を、本の内容全体にぶつけていきます。

これら全てに対して、しっかりと答えることが出来れば、アウトプットの際に困ることはありません。

逆に、これらに全然答えられなかった時。

その本の内容は全然頭に響かなかったということで、正直にアウトプットしましょう。

 

ブログなどにアウトプットしていく

ぶつけてもらった3つの疑問と、フレーズのストックさえあれば、ブログ記事にするのはもう簡単です。

まずは冒頭分を完成させてしましましょう。

 

  1. どんな人にその本はオススメなのか
  2. 何故自分がその本を読もうと思ったのか
  3. その本の中で一番オススメのフレーズとその理由
  4. 本を読み終わった後の変化は?

 

これらを冒頭分で書いてしまいます。

記事が読まれるかどうかの8割は、冒頭分で決まってしまいますので、しっかりと記述していきたいですね。

 

本文はというと、お気に入りのフレーズを紹介していくのが無難でしょう。

ジョグ
冒頭分では、「ではここから、この本の中で私が気に入ったフレーズを紹介していきます!」と記述しておけば、いきなりフレーズ紹介になっても違和感はありませんよね。

 

スポンサーリンク

まとめ:疑問を持ち、ノートに書きながらインプットすればその後のアウトプットは楽になる

まとめです。疑問を持ちましょう。

僕の場合は、以下の3つの疑問でした。

 

  1. 何故?どうして?
  2. 関係する自分の体験は?
  3. どんなメリットがある?

 

そして、インプットする際の気に入ったフレーズを書いておくことで、その後のアウトプット労力を少なくしています。

 

自分を高めていったり、収入を増やしたり。

そのためにはアウトプットが大事です。

 

もちろん、アウトプットだけでは知識や経験,ノウハウの限界がありますから、インプットも同時に行っていきましょう。

 

皆さんのアウトプットが捗ることを期待しています!

 

気になった方はコチラ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事