rawpixel / Pixabay
スポンサーリンク

こんにちは、ジョグです。

いきなりですけど、『インターネットビジネス』って最近凄く胡散臭い感じがしませんか?

 

恐らくTwitterなどのSNSで「ネットビジネスしませんか~?」的なアカウントが増えてきているからでしょうね。

ジョグ
本当に滅亡して欲しいなと思います。

 

そして今回は、そのビジネスについての話です。

僕は現在、アフィリエイトで月収100万円以上、その他コンサルティングやWEBデザイナー、WEBプロデューサーとして活動しています。

 

率直に言うと、インターネットを使って個人で稼いでいます。(SNSでよくある、皆で稼ごう!とかでは絶対ないです。)

 

でも僕は最初から稼げた訳ではなくて、最初は失敗の連続だったり。

個人で稼ぐのに必要なスキルは、恐らくこのインターネットビジネスの世界に飛び込んでから無理やり覚えたものでしょう。(マジで完全独学なので)

 

そこで今回は、稼げるようになった僕が思う、ビジネスに必要な「逆算思考」を解説したいと思います。

 

恐らくこれはビジネスに限らず、どの場面でも必要とされるスキルなので、3分ほど立ち止まって記事を読んでおく価値はあると思います。

 

この記事を読んでほしい人
    • インターネットでブログ等の副業をしようと思っている人,またはしている人
    • 副業しているのに稼げなくて、新しい思考法などを学びたいと思っている人
    • 就職しているが全く結果が出せず行き詰まっている人

 

この記事を読むメリット

  • 副業で思った通りの収益を出すための道筋が見える
  • 会社で成績を伸ばし上司の評価を得ることが出来る

 

 

逆算思考で結果を出すための導線を考えよう

逆算思考は、プログラミングを学習すると非常に効率よく身につけることが出来ます。

 

逆算思考とは?

逆算思考って何?と思うかもしれませんが、簡単に言えば「ゴールから考える順序立て」のことをいいます。

例)貯金をテーマに逆算思考すると…

通常の思考法
貯金を始めるとして、月何円貯金しよう?

月2万円貯金すれば、一年で24万円だ!

 

逆算思考の場合
一年で24万円貯めたい…そのためには?

月2万円ずつ貯金すれば無理なく貯められる。

月2万円貯めるためには、今の生活スタイルを変える必要がある

 

と、先にゴールを決めて、”そのためには”を突き詰めていくのが逆算思考です。

通常思考との違いは、思考を止めるまで綿密な計画を立てられることです。

通常思考では、”月2万円貯めよう”で終わってしまい、そこから先は実際に行動してみるまで分からないという状況になります。

 

逆算思考とは、立てた計画の再現性を高める最も効率の良い思考方法です。

 

これは会社員だろうがフリーランスだろうが社長さんでも同じです。

ジョグ
皆さんは問題を解決するためや、何かを成功させるために計画を立てますが、その計画を達成させる能力はどこにいても必要とされます。

 

逆算思考を身に付けるための3つの方法

この逆算思考を身につける方法としては、以下のような方法が挙げられます。

  1. プログラミングを学習する
  2. フローチャートを書く癖をつける
  3. 自問自答で考える癖をつける

 

プログラミングを学習する

これは2番にもつながりますが、一番逆算思考を身につけるのに適しています。

プログラムとは、「スタートとゴールが明確に決まっている」状態でないと書けません。

故に、プログラムを組むために必然的に逆算思考が身につきます。

 

プログラマーになれとは言っていません。学習するだけでいいと思います。

自分でコードを書けなくても、コードが読めて理解できるほどになれば十分でしょう。

※ちなみにプログラミングを学習すると、あらゆる単純作業を自動化出来るので大変便利です。

 

フローチャートを書く癖をつける

 

プログラミングでも使うフローチャートですね。

このフローチャートも、スタートとゴールが決められており、このフローチャートを使うことで視覚的にもわかりやすく計画を立てることが出来ます。

計画をしっかりと立てるには、考えられるトラブルやイレギュラーな出来事に備えておく必要があります。

 

このようにフローチャートを書く癖を付けておくと、いざ上司に「◯◯のプロジェクトを成功させるのに必要となることをまとめてくれないか。」と言われた時も、上司が想像する以上の資料を作成することが可能です。

 

ジョグ
プログラミングと少し似ていますが、コチラの方が簡単で再現性が高いかもしれませんね。

 

自問自答で考える癖をつける

 

これは、起きてしまった「結果」から逆算していく思考法になります。

本来逆算思考は、未来の目標を立てて、それを達成するためのプロセスを考えていくものです。

しかしこの「自問自答の方法」は違いますね。

既に起きてしまった結果から、”なぜ”そうなったのかを逆算していく思考法です。

 

言ってしまえばもう1つの逆算思考です。

名付けて「過去逆算思考」ですね。

 

この思考方法は、「未来を想定して目標を達成させる逆算思考」よりも、かなり簡単に考えることができると思います。

 

遅刻を例にすると
私は遅刻してしまった。…なぜ?

バスに乗り遅れたから…なぜ?

家を出るのが遅かった…なぜ?

朝ごはんを食べるのが遅かった…なぜ?

起きるのが遅すぎた…なぜ?

夜寝るのが遅くなってしまったから…なぜ?

上司に飲みに付き合わされていたから…。

 

このように過去逆算思考を使うと、「遅刻を繰り返さないためにはどうしたらいいのか」が見えてくると思いませんか?

 

早く起きれなかった→早く寝よう

と多くの人はなりがちですが、↑の人の場合は、「その上司との飲みは必要だったのか?」をまずは考えるべきですね。

必要であれば、早く解散するためにはどうしたら良いのかを考える。または、途中で抜ける言い訳を考える。

必要なければ、次からは断ればいいだけの話です。

 

この思考法を繰り返していけば、↑の人の場合はおのずと逆算思考を使いこなすことができるでしょう。

 

飲み会があれば、「次の日遅刻しない」という目標を設定し、そのためのプロセスを考えるために瞬時に逆算思考することが出来るはずです。

 

人は失敗を繰り返す生き物です。僕もそうです。

しかし、その失敗というチャンスをどう活かすかはアナタ次第。

失敗が起きるたび、「これは逆算思考の練習だ。なぜそうなったのか逆算しよう。」と思うようにしましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ:逆算思考は問題解決能力を向上させ、失敗を繰り返さないようにする万能スキル

これらが、僕が最も個人で稼ぐために必要なスキルだと思う「逆算思考の身につけ方」です。

ものすごく無責任な言い方をすると、こればっかりはノートに書いたりひたすら考えたりしていくしかないです。

 

身につけるのは大変ですが、一度身につけてしまえば、人生のあらゆる場面の選択が変わってきます。

僕がこうしてインターネットを使ってお金を稼ぐことが出来たのも逆算思考のおかげです。

 

社会から必要とされる問題解決能力を向上させるだけでなく、失敗を繰り返さないようにする思考法。

そんな万能な思考法が、「逆算思考」かなと思います。

 

失敗は過去逆算思考のチャンスです。

どんどん失敗して、どんどん過去逆算思考を試していきましょう。

 

過去逆算思考に慣れれば、目標達成のための「逆算思考」も容易になってきますよ\(^o^)/

気になった方はコチラ
スポンサーリンク
おすすめの記事