Free-Photos / Pixabay

Twitterやインスタグラム…YouTube、Facebook…。

実名で登録してる人はいますか?

おそらくかなりの数が実名登録しているはず。

 

あと、それらのSNSに自分の顔写真をまんま乗っけちゃう人…いますよね。

よくあるのが高校生カップルとか、もうチュープリとかTwitterに載っけちゃってるもんね。

 

…恥ずかしくないのかな?笑

 

とそんなことはどうでもよくて。

今回思ったのが、

 

「それ、全世界発信だからね!?」

ということ。

 

今回は実名でSNSを楽しんでいる若者さんに、実名でSNSを使うことの危険性について話していこうと思う。

 

僕が実名でTwitterをやっていた頃。

Photo-Mix / Pixabay

僕だって全てを否定から入るわけではない。

そして、僕も若かりし頃は実名でTwitterをやっていた人間だからだ。

 

高校に入学して、何故かみんなとワイワイ話すのがひたすら楽しくて。

Twitterで実名登録して、プロフィール欄に「○○高校○年○組」とか書いてね。

 

しかもその最後に座右の銘とか付けちゃう。

本当に恥ずかしかったなぁ。

その時の座右の銘は、弱肉強食。

 

ギラギラシてましたからねぇ、男の子って、若い時は元気ですから!笑

 

実名登録していて良かったこと。

StockSnap / Pixabay

じゃあここいらで実名登録していて良かったことを思い出してみようか。

まず、第一にあげられるのが、SNSの友達が増えること。

 

これは、ネット上の友達ではなくて、現実世界の友達が自分のことを検索して見つけてくれるということ。

ちなみにいうと、Twitterには電話番号登録やメアドから探し出す機能があるので、プライバシーの設定をきちんと知っていないと、会社の上司やら色んな人にバレることになります。笑

 

実名登録するとまもないころ、知っている友達からフォローが来て、「Twitter始めたんだ!」みたいなことを言われます。

Twitter恐ろしい。

 

あとは、人脈を作ることが出来ること。

TwitterやFacebookをビジネスで活用している人は、このことが目的でやっているんじゃないかな?

 

気になる人を気軽にフォローして情報を得ることが出来る。

気になる情報があればすぐにメッセージを送ることが出来る。

違う学校の人とも知り合いになれる。

 

実名でSNSを使っていくと、とりあえずはこんなメリットがある。

 

匿名でSNSを使うメリットとは?

MabelAmber / Pixabay

そんな僕は、高校こそ実名登録していたものの、その一回きりで実名登録には飽きてしまった。

後ほど説明するが、実名登録は「疲れる」のだ。

 

では、現在「ジョグ」という戸籍上には存在しないものの名前を語ってTwitterを利用しているが、匿名でSNSを登録するとどんなメリットがあるのだろうか?

 

これも2つ程度に絞れるのではないだろうか。

 

僕はこの匿名登録でのSNSのメリットを極端に分けると、

  • 疲れない
  • 個人情報の保護

この2つに分類されると思う。

 

疲れないというメリット

これはもう、気が楽としか言いようがない。

自分がこのアカウントで好きなことをどれだけ呟こうが、誰もなんにも言わないのだ。

 

例えば、僕が「ゴミ捨て場の臭い」が非常に好きだったとしよう。

※実際には嗚咽感を覚えるほど嫌いである。

 

匿名のアカウントであれば、その臭いの魅力について、365日延々と語っていても誰も文句言わない。

むしろ同じような人たちが集まってしまいそうだ。

 

では実名登録したアカウントではどうだろう?

ゴミ捨て場の臭いの魅力を365日延々と授業中も呟いているクラスメートのことを、みんなは不思議に思わないだろうか?

今のLINEなどが発達した世の中なら、絶対にイジメにあう自信がある!笑

 

「○年○組の○○君の呟きヤバくない?!」

 

こんなフレーズが流行語大賞に選ばれるのも時間の問題だろう。

 

あと疲れるというのは、実名で登録すれば現実世界でもTwitterの話題が出るからである。

これがまた非常に面倒くさくてだるいのだ。

 

「○○、なんで昨日俺のリプライ無視した?」

「○○、昨日の呟き見たけど、あれ誰に言ってんの?」

 

こんな会話があとを絶たない。

Twitterの世界と現実世界をリンクさせてしまうと、Twitterの世界でも現実の対人関係が持ち込まれるので非常にやっかいだ。

精神的にも病みたくないのであれば、匿名登録をオススメする。

 

匿名だと個人情報が漏れにくい。

これについては、本人が公開しない限り、である。

もちろん名前も匿名なので、個人情報に関わってくるものは一切ない。

 

しかし、本人が

「今地元の○○街にいます。」

なんて呟けば、その分の個人情報が抜かれる。

 

呟く内容などを考えれば、かなり安全なSNSライフが送れるというのが一番メリットとして大きい気がする。

 

実際にSNSから個人情報を割り出されて事件に発展したケースも少なくないのはみんな知っているはず。

 

ネットの情報というのは案外漏れやすく、そして意外と事件は多数起きている。

今現在2017年12月1日だが、今年の11月だけでも個人情報漏えい事件は20件以上起きている。

 

SNSに気軽にアップロードした写真からでも、位置を特定できる能力を持っている人たちがネット上にはたくさんいる。

その写真に位置情報などが入っていたらもう完璧に番地まで住所が漏れてしまうことだってありえる。

 

こんなリスクを犯してまで、TwitterなどのSNSで「友達を増やしたり」「人脈を増やしたり」する必要はないんじゃないかなと、僕は思う。

 

実名SNSでの悲惨な後遺症

klimkin / Pixabay

消えない黒歴史

実名でSNSを利用する際は、気をつけたほうがいい。

写真などをアップロードしてしまった場合は、それが一生、インターネットが消えてなくなるまで残っているという自覚を持ったほうが良い。

 

実際問題、僕も実名でGoogle検索するといくらか黒歴史が出てきて心理的に病んでしまう。笑

 

何故アップロードしたものが消えないのか?

SNSのアカウントを消したら大丈夫なのではないか?

 

と思うかもしれないが、今ではポータルサイトというのも流行っており、SNSやブログ上の情報をかき集めて再配信しているサイトも多数ある。

 

これに一回集められればもうその写真は完全に消えることはほぼないと考えていい。

 

見知らぬ女子高校生さん

考えてもみよう。

そこのお若い女子高校生さん。今の彼氏とのプリクラ、実名で載せてないかい?

 

ネットにはね、そういうリアルが充実しているやつなんて死ねば良いんだと思っている輩がたくさんいるんだ。

 

そういう輩はそんなJKのプリクラを集めて2ちゃんねるで拡散するのが人生の楽しみだったりする。

 

そうなると…どうなると思う?

 

その彼氏と別れた後も、しっかりとネットに画像が残るんだよ…!

 

 

まとめ

geralt / Pixabay

若い人も、そこそこ年いってる人も、個人情報がどれだけ大事なものか、再確認してほしいですね。

自分の身だけじゃなくて、周りの人も巻き込みかねない。

 

Twitterとかでも友達との写真を乗っける人がたくさんいるけど、もう少し考えたほうが良いのでは?

と毎回思ってしまう、そんなジョグでした。

スポンサードリンク

⇩〜〜お知らせ〜〜⇩

読者さん
JOSALOGが、無料のメールセミナーを始めたって…?
 
じょさなん
そうなんすよ。 【JOSALOGのブログで稼ぐ★メールセミナー】をはじめました…。 無料で、「僕がブログを始めた時に知りたかった情報」を毎日配信し続けるっちゅうものですね。
   

副業としてブログを始めてみたい。

ブログの集客や収益化がうまくいかない。

稼いでいる人は何を考えているのか知りたい。

てか、まず何から始めればいいかわからない。

 

そんな人は、迷わず登録や!

 

 

【動画あり】未経験でもブログで月収10万円
  • PDF60ページ分の分かりやすい教材
  • 教材に沿って僕が解説している講義動画

この2つの教材で、貴方の理解度を限りなく高め、月収10万円を達成するためのブログ構築収益化術を教えます。

初心者を200人超コンサルしてきて生み出した、貴方の努力を最大化する計画的ブログ収益化術。

ひたすら記事を書いても収益は望み通りに出ません。正しい方向性でなければ、努力は人を裏切ります。

このノウハウに書いてあることを実践し、安定した土台を整えてブログ運営していけば、月収10万円というハードルは誰にでも超えられます。

おすすめの記事