文章打つのが嫌ならブログ書くのやめて外注化してもいいんじゃないの?
pixelcreatures / Pixabay
スポンサーリンク

 

「ブログで収入得たいけど、タイピング苦手だ…。」

「そもそもジッとしてられないし、記事書くのも苦手なんだよな…。」

 

ブログで副収入目指すぞ!頑張るぞ!

と思いつつも、こんな悩みを抱えている人は少なくないです。

 

…と、ここで僕はある解決策を提示したいと思います。

 

それは、無理しなくてもいいんじゃないの?って話。

 

無理して書かなくてもブログで収益得る方法はあるんだよ。

諦めて外注ライターさんに頼む方向性に絞った方が上手くいくこともあるよ。

 

こんなことを伝えたいです。

人ってやっぱり、適材適所だと思うんですよね。

 

どうしてもだめ!って思ったら、諦めていい。

ただ、目標を達成するための道は1つだけじゃないってこと。

 

ちなみに、「よし!外注でいくで!」と方向性を絞った場合、得られるメリットは以下の通り。

 

 

  • やるべきことが明確になり迷いがなくなるので、時間という資源の無駄遣いが無くなる。
  • 外注費にお金を使わなければいけないので、お金の無駄遣いも減っていく。

 

 

ちょっと解説していきますね。

 

この記事を書いた人

ジョグ@札幌のWEBの人
札幌でメディアサイトを運営したり、ライターさんを育てたり。 5年前からWEB屋をやってます。
十数個のサイトを同時運営中。企業様のSEO,マーケティングコンサルもしてます。
/WEBデザイン/サイト制作/SEO,ブログコンサルタント/アフィリエイター/WEBライター 
Twitterのフォロワー数は1万人超。
Twitter     Twitter
InstagramInstagram

↓YouTubeで動画配信中(クリックしてチェック!)↓
ジョグチャンネル YouTube

ブログ記事書くのが精神的にキツイなら方向修正しよう

冒頭でも言いましたが、人は適材適所。

自分が出来る範囲外のことで、頑張って成績を伸ばそうとしても、結果が出ないことが多いです。

ジョグ
その自分の範囲をまずは知るってことが、すごく大事なんだけどね(^^;!

 

出来ないものは出来ない。

それが目標達成に必要不可欠なら、他人に任せるというのも賢い選択です。

 

Twitterなどでは、ブログ記事について「記事書けないなんてあり得ないだろ!」なんていう流れがありますが…。

そういった不満は、恐らく「その人も記事書くの嫌だけど我慢している」から起こるんですよね。

 

残業を強要する上司と同じように、やっぱり人が嫌なことを我慢し続けると、いじめが発生するもんなんですよ。

ちなみに僕は、「書く!」と覚悟を決めたら書こうねってスタンスです。

 

 

ジョグ

僕自信、1日3~5記事くらいコンスタントに生み出してますが、それはアフィリエイター5年目というキャリアもあり「特殊」であると自覚しているので(^^;

特殊なスキルを、人に強要しても…意味ないですからね(笑)

 

 

ブログ記事書きたくないから外注する!って人はまず何すれば良いのか

さぁここで、ブログ記事書きたくない勢に対して、「外注ライターさんを雇ってブログ収益化を実現するには何をすれば良いのか」を書いていこうかと思います。

正直言います。頭使います。

ジョグ
僕は現在、15名ほどのライターさんを雇っておりますが、なかなか頭がパンクしそうになります。(笑)

 

まずは目標から逆算して計画を立てること

自分が立ち上げたいブログやサイトで、どんなコンテンツをユーザーに提供したいのか。

それを提供したうえで、どこで利益を獲得していくのか?

 

まずは全体像をハッキリさせましょう。

 

そこから、下記のような基本的なことも逆算してハッキリさせていきます。

 

 

  • だいたいどれくらいの記事数が必要なのか?
  • どの時期までにどれだけの記事を投入するのか?
  • ライターさんはどこから雇うのか?
  • 外注費として使える資金はどれだけあるのか?

 

 

そして大事なのが、ライターさんを雇った時の「指示」はどうするのか。

 

 

  • 連絡は何でとるのか?
  • 書いてほしい記事の内容はどうやって伝えるのか?
  • 記事の納品方法はどうするのか?

 

 

記事を書かない代わりに、雇う側は頭を使います。

断言します。

外注でブログ収益化狙うんなら、「計画」が命です。

 

文章についての知識を深めること

記事は書きませんが、記事を点検する作業が待っています。

雇う側が、文章についての知識がなくてどうするんですか!(笑)

 

しっかりと、コピーライティング等のスキルは勉強しておきましょう。

ライターさんに質の高い記事を書いてもらうためにも、指示を出す側はしっかりと知識を付けておくこと。

 

「この記事は、~~のように書いてください。」

「この記事は、~~~~のような文章構成でお願いします。」

 

そのように伝えてあげることが出来れば、ライターさんも安心して取り組めますよね。

ジョグ
記事構成のテンプレを自身で作成出来れば、ライターさんとのトラブルも少なくて済みますよ^^!

 

SEOやマーケティングについて知識を付けること

SEOはオワコンだ!

なんて言われつつありますが、やっぱり何だかんだ、SEOからの流入は超絶大きいです。

記事を検索で上位表示させることが出来れば、それだけで広告費無料で集客できるわけですから。

 

アフィリエイトをするにも、アドセンスで収益化するにも、自身のコンテンツを販売するにも。

SEO対策の知識は必要不可欠です。

 

ジョグ
ライターさんに対して、SEO対策を教えられるくらいの知識があればバッチリですね^^!

 

スポンサーリンク

まとめ

ブログ書くのが嫌なら、外注を雇ってしまえばいい。

でも、外注さんを雇うにも”それなりのスキル”が必要です。

 

身体を酷使しない代わりに、頭を酷使する。

無駄なく洗練された計画と、文書についての知識、SEOの知識があれば、外注さんを雇う方向もありだと思います。

 

ですが、もう1つだけ大切なスキルがあります。

 

それは、「人に伝えるスキル」ですね!(笑)

連絡がメールだろうと、電話だろうと。

「人に伝えるスキル」がないと、思うように事を運べません。

 

自分の熱意や計画をしっかりと伝えられるように、コミュニケーション能力なども磨いておくと良いと思います^^!

↓YouTubeで動画配信中(クリックしてチェック!)↓
ジョグチャンネル YouTube

スポンサーリンク
おすすめの記事