【垢BANの恐れ?】インスタツールを使って運用するリスクを紹介

Instagramを運営するときにインスタツールを使って手間を減らしたいなぁと思うよな。

けれども、「インスタツールを使うと垢BANされるんじゃないか」と心配になると思う。

このような心配があると、インスタツールを使うことに躊躇してしまうわな。

そこで今回は、インスタツールを使うことによる垢BANのリスクについて見ていこうと思うで。

垢BANのリスクはゼロじゃないけど、この記事で詳細を知ることで回避できるんよ。

ワン

垢BANが怖くてインスタツールを使えていないなら、絶対読んでな。

目次

インスタツールを使うと垢BANされるのか

結論からいうと、インスタツールを使うことで垢BANになる可能性はあるんよ。

けどな、必ず垢BANになるわけじゃなくて、使い方次第で変わってくるんや。

アクション数の上限を超えるとアカウント停止となる

なぜ垢BANされるかというと、Instagramではアクション数の上限を超えると制限がかかるんや。

アクションというのは、いいねやフォロー、コメントなどのことを言うで。

一定時間に上限を超えるいいねやフォローした場合になるから、自動ツールは注意が必要や。

アクション数を押さえることで、垢BANを回避できる

自動アクションによる垢BANを回避するには、アクション数を抑える必要があるんよ。

インスタツールによっては、一定時間に行う自動アクションの回数を設定できるものがあるで。

アクション数を抑えることで、垢BANを回避できるから、インスタツールを使うなら設定必須やな。

垢BANされた場合の見え方

垢BANされるリスクを見てきたけど、実際に垢BANされた場合はどうなるんやろか。

垢BANは種類があるんやけど、最悪の場合、アカウントが凍結されて利用ができなくなるんや。

凍結されても申請すれば、解除される場合もあるけど、手間がかかってしまうので面倒やな。

また、垢BANの種類のひとつにシャドウバンというものがあるんよ。

シャドウバンになった場合はハッシュタグ検索結果に自身の投稿が反映されなくなってしまうんや。

利用自体はできるけど、ハッシュタグ検索からのフォローがされなくなるので、回避したいわな。

まとめ

インスタツールで垢BANされる可能性について紹介してきたで。

Instagramには使用するための利用規約が存在していて、規約に違反していたら垢BANされるんよ。

インスタツールを使っても利用規約に違反していなければ、垢BANとなるリスクは少ないねん。

ワン

インスタツールを使うときは、利用規約をしっかり見て、安全に使っていこうな。

この記事を書いた人

目次
閉じる