記事の文章が薄いって感じる人は、体験談を想像しやすくすると良いです
StockSnap / Pixabay
スポンサーリンク

「なんか書いてる記事が薄いような」

「え、突き刺さるような記事って、どうやって書けばいいの…?」

 

そんな風に思っている人、いませんか?

ジョグ
いると思うんですよ!(笑)

 

実はですね、今日コンサルした生徒さんも、同じ悩みを抱えていました。

その生徒さんに、僕がアドバイスしたことは、「エピソードを想像させる要素を充実させること」

 

 

これだけなんです。

 

これを意識するだけで、記事で共感を得られやすくなり、ターゲットに商品を買ってもらいやすくなります。

 

少し説明しますね。

 

 

この記事を書いた人

ジョグ@札幌のWEBの人
札幌でメディアサイトを運営したり、ライターさんを育てたり。 5年前からWEB屋をやってます。
十数個のサイトを同時運営中。企業様のSEO,マーケティングコンサルもしてます。
/WEBデザイン/サイト制作/SEO,ブログコンサルタント/アフィリエイター/WEBライター 
Twitterのフォロワー数は1万人超。
Twitter     Twitter
InstagramInstagram

記事が薄い=量産型みたいに感じる

記事が薄いって、どうして思うんだろう…?

ハッキリ言いますね、量産型みたいな記事を書いているからです。

 

量産型というのは、イメージして欲しいのが…

  • 校長先生のスピーチ
  • よくあるアフィリ記事の商品説明

 

こんなものが該当するかと思います。

 

そこらへんに転がってそうな記事を書いているから、なんか薄っぺらいなぁと思ってしまうわけです。

 

 

どこで差別化を図ればいいのか

これは、もう簡単です。

文章力で差別化を図れないのであれば、体験談で差別化を図るしかない。

 

自身の体験談を、より読者に想像しやすいように、シチュエーションも加えて記述してあげる。

 

 

その商品は、どのような場面でどう使っているのかを、明確に伝えてあげること。

 

その商品を使った先の、未来体験を想像させてあげることで、より共感も得やすく購買率の高い文章を書くことができます。

 

 

スポンサーリンク

例えば、楽天ポイントを利用した楽天トラベル利用についてだったら…

 

例えば僕なら

「楽天ポイントは、気づいたら溜まっているので、温泉旅行にも定期的に行けますよ!」

↑の文章があったとして、これだと「へぇ~」しか思いませんよね。

 

「温泉旅行に行きたいな~と思って楽天トラベルを除いていたら、この前使い切ったはずのポイントがもう1万ポイントになっていて…!

思わず、週末に温泉旅行予約してしまいました!

公共料金やその他の支払いを楽天カードで済ませている人は、楽天トラベルインストール必須ですよ!」

 

↑僕ならここまで書きます。

 

結構、アフィリエイトだとか広告収入だとかって単語が、ニュースに流れるようになってきましたよね。

するとどうなるかって言ったら、ユーザーはネット情報について、「本当にこの人、体験してるのかな…?」と探ってくるようになります。

 

そこで、量産型記事と差をつけるのが、「体験談」ですよね。

しっかりと、体験談を想像しやすいように、具体的に書いてあげることが大事です。

スポンサーリンク
おすすめの記事