記事 体験談 書き方
スポンサーリンク
書き手
記事に自分の体験談って必要なの?
書き手
記事に体験談書く時はどんな風にかけばいいの?

 

断言します。必要です。

 

そして、記事のターゲットによって全然書き方が変わります。

 

あなたの記事のターゲットは女性ですか?

女性ならば、あなた自身の体験談は非常に強い「武器」になります。

 

記事のターゲットが男性ですか?

シンプルに、分かりやすく、あなたの体験談と結果を伝えましょう。

 

そして、記事で伝えたいことや、あなたの体験談には”専門用語”は出てきますか?

あるならば、マーケティングスキルの「リンキング」を活用しましょう。

 

いま伝えたことを意識して自身の体験談を書くことで…

 

この記事を読むメリット

  • あなたが書いた記事に、相手が信頼を寄せるようになる
  • あなたの体験談について、相手の理解度が高まる
  • 相手があなたのファンとなる

これらのメリットを得られます。

それでは説明していきましょう。

 

この記事を書いた人

ジョグ@札幌のWEBの人
札幌でメディアサイトを運営したり、ライターさんを育てたり。 5年前からWEB屋をやってます。
十数個のサイトを同時運営中。企業様のSEO,マーケティングコンサルもしてます。
/WEBデザイン/サイト制作/SEO,ブログコンサルタント/アフィリエイター/WEBライター 
Twitterのフォロワー数は1万人超。
Twitter     Twitter
InstagramInstagram

↓YouTubeで動画配信中(クリックしてチェック!)↓
ジョグチャンネル YouTube

記事での自身の体験談についての書き方。

記事 体験談 書き方

 

ターゲットが女性の場合。

記事で伝えたいことを伝えるターゲットが女性の場合、自身の体験談の部分はより細かく詳しく記述するようにしましょう。

 

女性の脳は共感を求めるようにできています。

 

例えば

私も旦那のトイレについて悩んだことがありました。何度言っても理解してくれないし。飛び散る小便の処理に追われ、洗濯や食器洗いなどの時間がなくなることが多々ありました。お願いだからと旦那に頼んでみても、「分かったよ」というものの…。

やっぱり次の日には飛び散った小便。

もう耐えられない!!そんな日々でした。

 

 

ターゲットが男性の場合。

記事のターゲットが男性の場合自身の体験談の部分はシンプルにわかりやすく結果を伝えるようにしましょう。

 

男性脳というのは結果を早く求めるようになっています。

例えば

僕も妻に小便を座ってするように言われたことがありました。どうやら気づかないうちに小便が飛び散っているみたいでしたが…。ついつい忘れてしまっていました。

 

このような感じで、男性と女性では「共感」のさせ方に差が出てきます。

 

リンキングを活用する方法

記事 リンキング 活用 方法

リンキングとは一言で言うと「売りたい商品の特徴を買わせたい人が知っているものに例えて説明してあげること」です。

 

記事のターゲットによって、認識している単語やフレーズには違いが出てきます。

自身の体験談を記述する時は「ターゲットが分かるような単語、フレーズ」を使わないと、ターゲットはあなたの体験談を理解してはくれません。

 

リンキングは、以下のような場面で活用することが出来ます。

 

  • 記事でターゲットに商品を買わせたい時
  • 体験談をターゲットに効果的に理解させたい時

 

詳しくは、下記の記事をご覧になっていただけると良くわかるかと思います。

 

あわせて読みたい

 

スポンサーリンク

自身の体験談を書く時のポイント

体験談 記事 書き方

記事に体験談を書く時のポイントは、「成功体験」だけに拘らなくて良い。ということです。

実は、「失敗経験」の方が、ターゲットの感情を揺さぶりファンを獲得するキッカケになったりします。

 

テレビで流行った「しくじり先生」も、失敗経験を赤裸々に話す番組で話題になりました。

そこに出演した”失敗体験を話したタレント”の人気が上がっていったことも有名です。

 

誰しもが黒歴史を持っているかと思いますが、その黒歴史こそ、記事においては非常に強力な「武器」になります。

あわせて読みたい

 

まとめ

記事 体験談 まとめ

記事で自身の体験談を書く時の要点をまとめます。

  • ターゲットが女性か男性かで、書き方を変えていく。
  • 記事のターゲットを研究し、相手がよく知っているものと例えたりして理解度を深める。
  • 成功体験よりも失敗体験を赤裸々に告白していこう。

 

記事で自身の体験談や感情を綴ることは、読ませたり、買わせたりするのに欠かせません。

 

もしもターゲットに記事を読んでほしいなら。

もしもターゲットに、記事から商品やサービスを購入して欲しいなら。

 

自分の体験談をしっかりと記述しておくことをオススメします。

↓YouTubeで動画配信中(クリックしてチェック!)↓
ジョグチャンネル YouTube

スポンサーリンク
おすすめの記事