記事 解決策 書き方 ポイント
スポンサーリンク

記事の冒頭文で、解決策(メリット)を提示してしまう。

書き手
…えっと、どんな風に解決策書けば良いんですか…?

 

初心者の方に、「ただ解決策を書け。」と言っても分からないですよね。

実は、記事における解決策(メリット)の書き方にはポイントがあります。

 

  1. ンプルに分かりやすく記述すること。
  2. メリットをハッキリと明確にすること。
  3. 数字を使って信ぴょう性を上げること。
  4. 箇条書きにして見やすく、注目させること。

 

この4つに注目して、記事で解決策(メリット)を書くと良いでしょう。

 

この4つを意識して記事を書くだけで…。

 

この記事を読むメリット

  • 記事で確実に伝えたい事が、読み手にしっかり伝わる。
  • 買わせたい商品について興味をもってくれる。
  • 読ませたい記事を、確実に読ませることが出来る。

 

 

これらの効果を発揮するでしょう。

冒頭文での解決策(メリット)の記述は、”記事をしっかり読ませるのに必要不可欠”です。

しっかりとこの記事を読んで学んでいきましょう。

 

この記事を書いた人

ジョグ@札幌のWEBの人
札幌でメディアサイトを運営したり、ライターさんを育てたり。 5年前からWEB屋をやってます。
十数個のサイトを同時運営中。企業様のSEO,マーケティングコンサルもしてます。
/WEBデザイン/サイト制作/SEO,ブログコンサルタント/アフィリエイター/WEBライター 
Twitterのフォロワー数は1万人超。
Twitter     Twitter
InstagramInstagram

↓YouTubeで動画配信中(クリックしてチェック!)↓
ジョグチャンネル YouTube

記事で書く解決策はシンプルに分かりやすく。

記事 解決策 書き方 シンプル

 

まず、冒頭文の段階で読み手はじっくりと読んでくれません。

”ほぼ流し読み”と思っても間違いないでしょう。

 

この時に意識してほしいのが、「シンプルに分かりやすく解決策を提示する」ということです。

 

考えてみれば分かることですが、流し読みしている最中に”専門用語ばかりの内容”は頭に入ってきません。

読み手が見てくれるのは”一瞬”です。

 

その一瞬で理解させるために、シンプルで分かりやすく洗練された文章で解決策を提示してあげましょう。

そして同時に、解決策を”実行した結果”も記述することを忘れずに。

 

〜〜を解決するには、◯◯だったんです。

私は、◯◯を実行することにより、□□となることが出来ました。

 

このような形が理想形でしょう。

下記の記事では、専門用語を使うことのデメリットや「知識レベルの差」を埋める方法について解説しています。

 

あわせて読みたい

 

記事を読むことによるメリットは明確に。

記事 解決策 メリット

 

そして、解決策を提示したら、「この記事を読むことによるメリット」も明記しておきます。

そこで大事なのが、この記事を読めば、読み手のあなたにどのような変化があるのか。を明記することです。

 

例えば…化粧品の記事を書くとしましょう。

 

この化粧品を使ったら肌荒れが改善しました!

この記事を読むと、何故この化粧水で肌荒れが改善したのかが理解でき、これからの化粧品選びに迷わなくなります!

 

と、このように明記してあげるだけでその後の記事の読了率には大きな違いが出ます。

 

それもそうですよね。

人間は損得で動く生き物です。

 

記事を読むメリットが無いなら、記事を読む理由がないのです。

ハッキリと明確に、記事を読むことによるメリットを読み手に提示してあげましょう。

 

 

スポンサーリンク

数字を使って信ぴょう性を上げてみる

記事 数字 信ぴょう性

 

 

  • この記事を読むと、読者全体の10.2%が商品購入を検討してくれるようになります。
  • この記事を読むと、読者の少しは、商品購入を検討するようになります。

 

 

上の2つの例文…どちらの方が信ぴょう性がありますか?

無論、前者だと思います。

数字には、信ぴょう性を高める効果があり、読み手を納得させる力があります。

 

それは、本文でも冒頭分でも同じことです。

 

記事を読むことによるメリットに、数字を使えるならば活用しましょう。

 

  • この記事を読むことで、歩行者の20.7%が立ち止まり注目した広告文章の書き方が分かります。
  • この記事を読んだ人は、スケジュール漏れを50%減らすことが出来るはずです。

 

このように数字を活用すると、文書の信ぴょう性が一気に増します。

スタイルコピーとセールスコピーという違いですが、それについては下記の記事で詳しく解説しております。

 

あわせて読みたい

 

箇条書き(リスト化)することで理解度を上げる。

記事 解決策 リスト

 

下記の文章を比べてみてください。

 

文章1

記事での解決策を提示する部分では、シンプルに分かりやすくすること、記事を読むメリットを明確にすること、数字を活用することなどがあります。

これらのことに気をつけて、記事を書いていきましょう。

 

文章2

記事での解決策を提示する部分では、

シンプルに分かりやすくすること
記事を読むメリットを明確にすること
数字を活用すること

などがあります。

これらのことに気をつけて、記事を書いてみましょう。

 

どうですか?

書いてある内容は同じですが、見え方や理解の仕方に違いが出てきますね。

 

解決策や、記事を読むメリットなど、リスト化できるものは箇条書きで表す。

これは、記事の理解度を高めるための基本中の基本です。

 

積極的に箇条書きを使って、読み手が読みやすい記事を目指していきましょう。

 

記事でアフィリエイトするならメリットを伝えた時に。

記事 アフィリエイト

 

冒頭部分で、解決策やメリットを記述。

その記事で扱いたいアフィリエイト案件があるならば、その時に貼りましょう。

 

アフィリエイトリンクを貼るタイミングは、下記の図の通り「最初」と「最後」の2回で十分です。

記事 アフィリエイト タイミング

 

冒頭部分の構成は、アフィリエイトをする記事であるならば…

 

  1. 問題提起
  2. 自身の体験談
  3. 解決策と、その実行した結果
  4. 記事を読むメリット
  5. アフィリエイトリンク

 

このような構成で良いでしょう。

詳しくは下記の記事で解説しています。

 

 

まとめ

記事 解決策 タスク

 

では、記事で解決策やメリットを記述する部分についての要点をまとめていきます。

  • 解決策はシンプルに分かりやすく、一瞬で理解できる文章で書くこと。
  • 解決策を実行した結果と合わせて、読み手にアピールすること。
  • 記事を読むメリットを明確に記述し、出来るなら数字を使って信ぴょう性を上げていこう。
  • アフィリエイトリンクがある場合は、解決策や記事を読むメリットを記述した後に貼ること。

 

 

以上になりますね。

この「解決策部分」は、読み手がこの記事を読むかどうか、最終判断を下す部分でもあります。

 

信ぴょう性を出し、明確でしっかりとした解決策を。

そして、記事を読むことによるメリットを記述してあげましょう。

↓YouTubeで動画配信中(クリックしてチェック!)↓
ジョグチャンネル YouTube

スポンサーリンク
おすすめの記事