記事 失敗 武器 物語
スポンサーリンク

人は幼い頃から物語と触れ合ってきました。

小さい頃に読んでもらった絵本から、小中学校の教科書まで。

 

それは、ストーリーには人の記憶力を高め、理解度を上げる効果があるからです。

 

記事に物語を活用することでどんなことが出来るのかというと…。

 

  • オススメの商品やサービスを魅力的に思わせる。
  • 記事を書いている本人や会社への信頼感を高める。

 

こんなことが可能になります。

中でも一番のメリットは、「読み手との信頼構築」でしょう。

 

相手に好かれたければ、まずは相手を好くこと。

相手に「知りたい」と思わせるには、まずは自分のことを話すこと。

 

このような言葉があるように。

自分の物語を記事に書くと、読み手との信頼構築にもつながります。

 

今回はそんな、記事にとっての「物語」の重要性の話です。

 

この記事を書いた人

ジョグ@札幌のWEBの人
札幌でメディアサイトを運営したり、ライターさんを育てたり。 5年前からWEB屋をやってます。
十数個のサイトを同時運営中。企業様のSEO,マーケティングコンサルもしてます。
/WEBデザイン/サイト制作/SEO,ブログコンサルタント/アフィリエイター/WEBライター 
Twitterのフォロワー数は1万人超。
Twitter     Twitter
InstagramInstagram

↓YouTubeで動画配信中(クリックしてチェック!)↓
ジョグチャンネル YouTube

記事に物語は武器になる?誰でも書ける物語

記事 物語 失敗

 

記事に物語が有効…といっても、色々なストーリーがありますよね。

成功体験が多い方は、記事に成功体験をウキウキと書けることでしょう。

 

でも、失敗ばかりの人もいますよね。

 

そんな方は大チャンスなんです。

 

「しくじり先生」という番組が流行ったのを思い出しましょう。

「人の失敗経験」というのは、人の目を引きつけて離しません。

 

誰でも失敗経験はあると思います。

その記事に関係する失敗物語を、読み手に伝えてあげることで、「読み手が心を開いてくれやすく」なります。

 

失敗経験というのは、2つとして同じものはない、貴方の武器になります。

 

物語は分かりやすく、そしてシンプルに

記事 シンプル

 

さて、記事にあなたの成功経験や失敗経験を書くとしましょう。

事細かに書きすぎるのも禁物です。

 

専門用語は控え、その記事のターゲットが分かるようにシンプルに記述するのが一番です。

 

書き手

私も以前、◯◯しようと思ったのですが、◯◯のような結果になってしまいました。

理由は、◯◯が原因でした。

 

このように、読み手が理解しやすいシンプルな文章で物語を伝えましょう。

 

スポンサーリンク

記事の最初と最後にストーリーを入れよう

記事 物語 タイミング

 

ストーリーを入れるタイミングはいつが良いの?

簡単です。

ストーリーを入れるタイミングは「最初」と「最後」です。

 

最初のストーリーは、読み手の心を掴み、記事の内容を気にならせる目的で使います。

最後のストーリーは、自分の思いや情報を開示して、読み手に安心感を伝えます。

 

最初の冒頭文で、自分の体験談などのストーリーを入れると…

読み手
うわ!この人、私と同じような体験してるじゃん…!

と引き込むことが出来ますね。

 

最後、商品紹介や伝えたい内容が終わってから、それ以外の自分の体験談を記述したとすれば…。

 

読み手

あーわかるわ…。

この人の言ってること共感できるなぁ。

 

と、読み手の感情をコントロールすることも可能になってきます。

 

最初のストーリーでは、読み手が興味を持ってくれそうな物語を。

最後のストーリーでは、読み手に語り掛けるように、自分の意見を体験談を交えて伝えましょう。

 

まとめ

記事 物語 効果

 

記事に入れる物語(ストーリー)について、要点をまとめていきます。

 

  • ストーリーは人の心を掴むのに最適なあなたの武器であること。
  • ストーリーを書く時は、シンプルに分かりやすく記述すること。
  • ストーリーは「最初」と「最後」で使い分けるように。

 

物語を記事で頻繁に伝えることが出来れば、ただの読み手→ファン(リピーター)に変えることも出来ます。

成功体験が少ない人こそ、強い武器になります。

どんどん使っていきましょう。

 

↓YouTubeで動画配信中(クリックしてチェック!)↓
ジョグチャンネル YouTube

スポンサーリンク
おすすめの記事