記事 スタイルコピー セールスコピー
スポンサーリンク

この石鹸を使うと、肌はすべすべに。

使ったあともモチモチの肌があなたを包みます…。

 

こんな文章を書いたことはありませんか?

 

書き手
絶対にこの商品を買わせたい!

 

そんな風にオススメする記事の中で、このような文章を書いていたとしたら、それは本当にもったいないことです。

実は、「文章で人の行動を促すスキル」であるコピーライティングには2種類のライティング方法があります。

 

  • スタイルコピー
  • セールスコピー

 

この2種類ですね。

実はこの2種類のライティング方法を把握し、使い方を知っていれば…。

 

あなたの「記事で商品やサービスを売る能力」は飛躍的にUPします。

そして、そのライティング方法と使い方はとても簡単なこと。

 

「知っている」かどうかで収益が大きく左右します。

 

今回の記事では、その2種類のコピーライティングと使い方について説明していきます。

 

この記事を書いた人

ジョグ@札幌のWEBの人
札幌でメディアサイトを運営したり、ライターさんを育てたり。 5年前からWEB屋をやってます。
十数個のサイトを同時運営中。企業様のSEO,マーケティングコンサルもしてます。
/WEBデザイン/サイト制作/SEO,ブログコンサルタント/アフィリエイター/WEBライター 
Twitterのフォロワー数は1万人超。
Twitter     Twitter
InstagramInstagram

↓YouTubeで動画配信中(クリックしてチェック!)↓
ジョグチャンネル YouTube

記事で感情を揺さぶるスタイルコピーとは?

記事 スタイルコピー

 

冒頭文で書かれていたような、「華やかな言葉や形容詞で、読み手の感覚に訴えて書く文章」のことをスタイルコピーと言います。

このコピーライティングの特徴は、科学的な根拠や証拠を提示しないところです。

相手の感覚に直接訴え、

 

読み手
それは気持ちよさそうだなぁ。
読み手
モッチモチかぁ…。

 

といったように想像させることが出来るのもこのスタイルコピーです。

スタイルコピーももちろん大事で、相手が記事を読むきっかけになったりします。

 

しかし、相手が商品を買おうとする「きっかけ」にはなるものの、「購買行動」まで繋げられないのがこのコピーライティングの特徴です。

決定的に読み手に「購買行動」を起こさせるには、次に説明するセールスコピーが必要です。

 

記事で納得させるセールスコピーとは?

記事 納得 セールスコピー

 

セールスコピーとは、しっかりとした証拠や科学的根拠にもとづいて、相手に商品アピールをすることになります。

先程の文章をセールスコピー風に書き換えてみましょう。

 

石鹸のセールスコピー例

 

この石鹸を駅前で無償で10,000個お配りしたところ、なんと97.2%のお客様からお問い合わせをいただきました。

理由を聞いてみると、「肌がすべすべになる」「使ったあとも肌がモチモチ」等の感想をいただくことができました。

それもそのはず、この石鹸には◯◯という成分が入っており、その成分は…

 

 

のような感じですね。

スタイルコピーと決定的に違うのが、「証拠や根拠に基いているか」どうかですね。

 

このセールスコピーは、読み手を「納得」させるのに非常によく使えます。

 

読み手
なるほどな…。
読み手
そういうことか!

 

人は感情をきっかけに、その商品に興味を持ちます。

そして「納得」して始めて購入しようとします。

 

では、そのセールスコピーを書くにはどうしたら良いのか?

解説していきましょう

 

スポンサーリンク

数字で信ぴょう性を上げることが大事

記事 数字 信ぴょう性

 

数字というのは人に紛れもない事実を突きつけます。

会社の経営状況も数字を見れば一発で分かるように…数字を使って読み手に説明してあげれば、「納得」せざるを得ません。

 

  • 自分で検証して得た数字データ
  • ネットに載っていた数字データ
  • SNSで呟かれている回数。

 

全てが読み手を「納得」させる手段となります。

そしてポイントは、大雑把に伝えないこと。

数字は正確に伝えるからこそ、信ぴょう性が増します。

 

まとめ

記事 ライティング

 

セールスコピーとスタイルコピーについての要点をまとめていきます。

  • 最初に感情を揺さぶるのに適しているのはスタイルコピー。
  • 納得して理解度を深めるのにはセールスコピー。
  • 記事で買わせたいのならばセールスコピーで数字を使って信ぴょう性を上げること。

 

記事を読ませるためには感情を揺さぶることが大事です。

冒頭文の書き方にもあった通り、冒頭文で心を掴まなければ人は読んでくれません。

 

そして、何かを購入させたかったり、行動を起こさせたい場合は「納得」させなければいけません。

スタイルコピーを中心に記事を書かれている方が沢山いらっしゃいますが、セールスコピーを書けるようになれば、記事の可能性を最大限に上げることが出来ますよ。

 

↓YouTubeで動画配信中(クリックしてチェック!)↓
ジョグチャンネル YouTube

スポンサーリンク
おすすめの記事