記事 デメリット 買わせる
スポンサーリンク

記事で読み手に商品を買わせたい時は、読み手が得ることが出来る「変化」を考えることが大事です。

 

例えば、

 

電気ケトル

わざわざガスコンロを使う必要がなく、ボタン1つでお湯が沸かせるので時間が有効活用できる。

 

防水性のタブレット

防水なのでお風呂に持ち込んで映画鑑賞や読書などを出来るようになる。雨天時に気兼ねなく情報収集が出来るようになる。

 

 

こういったように、商品のアピールポイントと、それを購入した人に訪れる「変化(メリット)」を明記することが大事です。

 

しかし、実は「デメリット」を考えることも大事なんです。

 

買わせたい時に大事になってくる「デメリット」とは、「商品を購入しなかったときのデメリット」ですね。

サービスの無料体験などをオススメしたいときは、「そのサービスを利用しなかったときのデメリット」を考えることです。

 

少し詳しく解説しましょう。

 

この記事を書いた人

ジョグ@札幌のWEBの人
札幌でメディアサイトを運営したり、ライターさんを育てたり。 5年前からWEB屋をやってます。
十数個のサイトを同時運営中。企業様のSEO,マーケティングコンサルもしてます。
/WEBデザイン/サイト制作/SEO,ブログコンサルタント/アフィリエイター/WEBライター 
Twitterのフォロワー数は1万人超。
Twitter     Twitter
InstagramInstagram

↓YouTubeで動画配信中(クリックしてチェック!)↓
ジョグチャンネル YouTube

記事に記載するデメリットの使い方

記事 デメリット

 

読み手が購入しなかったときのデメリットは、どこで使うのか?

簡単です。

 

記事の最後の「後押し」ポイントで説明しましょう。

商品説明、口コミの紹介をし終わったところで明記します。

 

伝え方のコツは、柔らかく、脅しにならないように。

 

例)人工知能が搭載されたスマートスピーカーを売りたい記事

このスマートスピーカーの最大のメリットは、「時間短縮」ですね。

あなたがわざわざスマホを使って調べるようなことも、スマートスピーカーに話しかけることにより、一瞬で情報が手に入ります。

この時間短縮で助かるなぁ…と痛感したのは、朝の準備時間です。

今まではバタバタしながら準備をして、朝食をとりながらスマホを片手に”天気”や”バス時間”を検索していました。

それがスマートスピーカーに話しかけるだけで情報が手に入るようになってので、ゆったりと朝食をとることができ、準備にバタつくこともなくなりました。

あなたもこのスマートスピーカーを生活の一部に取り入れてみたらいかがでしょうか?

私は今思い返すと、スマートスピーカーで時間短縮していなかった”あの時”の生活にゾッとします。

朝は非常に生産的な時間だと有名ですよね…

 

 

というように、自身の体験談&メリットを紹介しながら、購入しなかったときのデメリットも”さりげなく”伝えています。

 

過度にデメリットを伝える必要は全くありません。

そっと、さりげなく伝えてあげることが効果的です。

 

まとめ

記事 デメリット 記載

 

記事に記載するデメリットについて、要点をまとめていきます。

  • 読み手が購入しなかったときのデメリットを考えてみるのが大事。
  • メリットに交えて、さりげなく伝えることを意識する。
  • 決して過度に伝えて、脅すようなことはしてはいけない。

 

人の生活が便利になる商品というのは、裏を返せば「ないと不便に感じる」ということです。

 

「この商品がなかったらどうなるのだろう?」

 

と自分自身で考えてみることが大事です。

 

  • 時間という資産が減る一方です。
  • 電気代などの固定費が無駄に多くなるだけです。

 

等、考えられるデメリットを記載してみましょう。

↓YouTubeで動画配信中(クリックしてチェック!)↓
ジョグチャンネル YouTube

スポンサーリンク
おすすめの記事