記事 想像 買わせる 巻き込み
スポンサーリンク

マーケティング戦略を活用したライティング方法で、「巻き込み」というものがあります。

 

あなたは、記事を構成する「文章」の強みは何だと思いますか?

文章の強みというのは、読み手に「想像」させることが出来るという点です。

 

画像でも動画でも、相手に想像させることはできません。

文章だからこそ、勝手に相手の脳がイメージを作りだして、想像してしまいます。

 

マーケティング戦略における「巻き込み」とは、その文章の”想像させる力”を使ってモノを売っていくスキルになります。

 

使い方は簡単です。

相手がその商品を使っている風景を、そのまま文章にするだけ。

これだけで、記事で相手に商品を買ってもらえる確率がグンと上がります。

 

今回はその巻き込みスキルの使い方を説明していきます。

 

この記事を書いた人

ジョグ@札幌のWEBの人
札幌でメディアサイトを運営したり、ライターさんを育てたり。 5年前からWEB屋をやってます。
十数個のサイトを同時運営中。企業様のSEO,マーケティングコンサルもしてます。
/WEBデザイン/サイト制作/SEO,ブログコンサルタント/アフィリエイター/WEBライター 
Twitterのフォロワー数は1万人超。
Twitter     Twitter
InstagramInstagram

↓YouTubeで動画配信中(クリックしてチェック!)↓
ジョグチャンネル YouTube

記事で想像させる巻き込みスキルの使い方

記事 想像 巻き込み

 

巻き込みスキルの使い方はとても簡単で、先ほど説明した通り、「相手がその商品を使っている風景を文章にする」ですね。

あたかも相手がその商品を持っているかのように、文章を書くことです。

 

例えば、人工知能が搭載されたスマートスピーカーを売りたいとしましょう。

あなたは朝、スマートスピーカーのアラームで目が覚めます。

「アラーム止めて、音楽かけて。」

布団の中から、話しかけるだけで、アラームは一瞬でリズミカルな音楽に変わります。

朝の出勤前も、「今日の天気は?」そう話しかけてみます。

スマートスピーカーが、「今日は雨が降るでしょう。」と教えてくれました。

おかげで、その日は濡れずに済むことでしょう。

 

 

このような感じで、

その商品やサービスが、相手の生活に溶け込んでいるような様子を文章にしています。

 

巻き込みスキルを使えば、相手は「その商品を使っている気」になってくれます。

相手が想像すればするほど、購入してくれる確率は上がっていきます。

 

巻き込みスキルで伝えることとは、「変化」

記事 伝える 変化

 

ここで注意して欲しいのが、巻き込みスキルで伝える内容です。

相手がその商品を手にすることで得られるメリット、変化を伝えることに徹してください。

 

商品を売りたい記事なのに、「相手のいつも通りの生活」を文章に書いてしまっても…何も起きないですよね。

 

相手、買い手が求めているのは、その商品を購入することによる「変化」です。

 

通販でアクセサリーを購入する時のことを思い出してください。

あなたは、”そのアクセサリーを付けた自分”を想像してはいませんか?

 

人は、自分に対する「変化」にお金を支払います。

 

もしも、通販で届いたアクセサリーが満足いくものではなかったら…。

読み手
想像と違ったな…。

となるはずです。

 

相手は購入する時に必ず、「自分に訪れる変化」を想像していることを念頭に置いておきましょう。

そして、その変化を巻き込みスキルで伝えてあげれば、購買率は上がっていきます。

 

スポンサーリンク

まとめ

記事 巻き込み 変化

 

巻き込みスキルについての要点をまとめてみます。

  • 「巻き込み」とは、相手がその商品を既に持っているような状況を文章で伝えること
  • 相手がその商品を買うことにより得られるメリットや変化を伝えて想像させることが大事
  • 買い手が求めているのは、自分に対しての変化であることを忘れない

 

この3点ですね。

マーケティングにおいて、この買い手の「変化」は非常に重要になってくる部分です。

相手が求めている変化を、相手がイメージしやすい文章にして記事にできるのが優秀なライターさんです。

 

覚えておきましょう。

↓YouTubeで動画配信中(クリックしてチェック!)↓
ジョグチャンネル YouTube

スポンサーリンク
おすすめの記事