BuddyPressを使ったSNS作成の課題点を洗い出してみる。
Photo-Mix / Pixabay
スポンサーリンク

今僕は、BuddyPressを使ったSNSを作成している。

そして、かなり困っている。

僕のPHPの知識が足りないのもあり、かなりシステムの作成に躓いている状態だ。

 

では、何につまづいているのか、僕はここに洗い出して頭を整理してみたいと思う。

 

作成できた機能の整理

Alexas_Fotos / Pixabay

では今何が出来たのか?

少し整理してみる。

 

  1. テンプレートの決定
  2. マイページ機能
  3. ユーザーページの追加
  4. 知り合いかも?を表示する機能
  5. ホームページのCSS編集
  6. ユーザー個人のBLOG投稿機能

 

1つ1つ見てみる。

 

テンプレートの決定

テンプレートを決定した。

というより、購入した。

Twitterに似たテンプレートを、海外サイトより購入しました。

3カラム構成のテンプレートだが、とりあえずは安価で購入することが出来たので、まだ迷っている。

仮決定状態。

 

マイページ機能

BuddyPressには既存のマイページ機能があるが…

何故か初期の段階ではこれがなかった。

僕はこれを解決するために、一回WordPress自体をアンインストールして再インストールした。

これにより解決。万々歳。いえーい。

 

ユーザーページの追加

これはかなり苦労したが…。

IT母さんというブログを参考にしてクリアすることが出来た。

http://www.kaasan.info/archives/2452

IT母さん感謝。

かなり良い感じだ。

あとはマイページの日本語化だろう。

 

知り合いかも?を表示する機能

FaceBookや、Twitterなどでもある。

LINEでもあるね。

「知り合いかも?」を表示する機能。

これは、「FOAF」というウィジェットで解決することが出来た。

このウィジェットではアカウントを1つしか表示できないが、出来れば複数表示したい。

これは会員数が増えてからの課題点だろう。

 

ホームページのCSS編集

ホームページのCSSをかなり編集した。

ピンクとターコイズカラーを織り交ぜたサイトデザインにした。

CSSの編集方法は、やはりChromeの検証機能との併用が一番だと深く思う。

 

ユーザー個人のBLOG投稿機能

これも割りと苦労したが、IT母さんを参考に成功。

個人のマイページに記事投稿画面を用意して、そこから投稿できるようにした。

アイキャッチ画像も表示できるようにしたが、これにかなり時間を取られたことは確かだ。

 

今後の課題点

Morgan888 / Pixabay

では、これだけ機能を追加しても、どれだけの課題が残っているのか整理しようと思う。

個人的には、快適なSNSの完成にはまだまだ課題を洗い出せていない感じもするが、今の現状を見直して、課題点を列挙してみる。

 

ユーザーの記事一覧機能

ユーザーが投稿した記事を、ユーザーページで一覧出来るようにしたいと思っている。

これについては挑戦していたが、なかなか上手くいかない。

これもIT母さんにお世話になっていたが…何故だろう。

IT母さんによるユーザー投稿記事一覧方法

これを見てもなかなか上手くいかないので、少しシステムの変更を加えようかと思ったくらい。

まだまだ試行錯誤する必要がありそうだ。

 

アクティビティページをサイドバーに表示したい

アクティビティとは、タイムラインのようなものだが、このアクティビティはページ表示でしか機能しない

故に、なんとかホームページ設定で最初に来るようにしても、肝心の記事投稿がわかりにくい。

アクティビティページをフロントページにするか、記事投稿一覧をフロントページにするか…悩みどころだ。

 

アクティビティにつぶやき以外表示しない

アクティビティでは、誰々が友達になりました〜などという情報も出るが…

非常に無駄な情報まで入ってくる。

会員数が多くなってくると、かなり更新頻度が高くなり、とてもうるさいタイムラインになる。

 

スポンサーリンク

まとめ:誰でも使える良いものを。

FotografieLink / Pixabay

以前、リッチマン・プアウーマンというドラマを見たことがある。

僕がIT系で稼ぎたいと思った第一のきっかけでもあるが…

 

このリッチマン役、小栗旬が、会社の皆に行ったセリフ。

「”誰が”使うんだ?”皆”が使うんだ。」

 

そう、誰が使うか考えなければいけない。

僕達だけが使える、高機能なものより、皆が使える簡単な操作性のものを作らなければいけないと思う。

 

皆が使えるSNSを目指して、まだまだ頑張ろうと思う。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事