スポンサーリンク

はいこんにちは、ジョグです。

新世紀エヴァンゲリオンといえば…日本を代表するロボットアニメですね。

アニメ放送当時はそこまで人気なかったのに、その奥深いストーリー構成から、放送終了後からメラメラと人気になっていったアニメです。

その人気は日本だけにとどまらず、世界中で人気の国際的アニメになってしまいました。

 

エヴァンゲリオンで一番印象深いのは、やっぱりこのシーンでは?

  • 綾波レイに対しての「笑えば…いいと思うよ。」
  • シンジの自問自答「逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ…僕乗ります!」

ん〜思い出すとまた見たくなりますね!

 

いやいや、今回はそんな話ではありません。

皆さん、エヴァンゲリオン初号機ってご存知ですよね?

あれです、紫ベースの、主人公が乗ってたロボットです。

 

あれ、もう現実化しそうなの知ってました?

 

まぁ現実化って言ったら大げさなのかな…?

でもでも、僕はそんなロボットがここ10年ほどで出てくると思っています。

 

巨大外骨格アーマー「スケルトニクス」

巨大外骨格アーマースケルトニクス

コチラは何なんだ…!と思うかもしれないので…

八王子市に拠点を置く日本の企業が開発した、人が乗って操縦できる動作拡大型スーツ「スケルトニクス」。巨大な外骨格アーマーのようなデザインで、実際に乗り込んで自分の手足のように直感的に操縦できる未来感溢れるスーツだ。

https://bouncy.news/7684

より抜粋

だそうです。

なんと、人間が乗り込んで細かい動きまで全てこなせるアーマーだそうです。

こんなの…絶対エヴァンゲリオン夢見て作ったでしょ…?

 

特徴はというと…

 

電気は使わない

電気を使わずに、装着者の手足の動きに追従する独自のリンク機構による駆動方式を採用した「スケルトニクス」。

装着者の手足の動きをダイレクトに反映する仕組みで、四肢の動作すべてを拡大し、通常の人体では表現できないダイナミックな動きを実現可能だ。

だそうです。

電気も使わないって、え、なに?シンクロするの?と思いきや…

リンク機能による駆動方式…すげぇ…

機械すげぇ…!

 

作成はロボットコンテスト優勝メンバー

こちらのスケルトニクスを作成し始めたのは、なんでもロボットコンテスト優勝メンバーなんだとか。

しかもそのロボコン優勝メンバー…その当時は高専生だったとか。

 

僕達とほぼ同じような年齢の人が作ってんのか…すげぇな。

 

まとめ:これからの将来

ロボットに人間が乗り、人間の限界を遥かに超えたことが出来るようになる。

ということは…考えられるのはやっぱり…

  • 操縦者の需要が高まる
  • クレーンなどの重機の需要が少なくなる
  • 戦争に使われる

この3つかなぁと。

 

特に戦争などには使われてほしくないですね…

絶対強いもん…こんなん…

せめてコンセントつなぎだったらなぁ…

 

コンセント引っ張れば勝てたかもだけど…

 

んなこたどうでも良くてね。笑

このロボット、良い形で利用されれば良いなぁと心から思っています。

それでは、ばいばい。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事