スポンサーリンク

 

 

iPhoneのパスワード間違えすぎて凍結しやがった…!!

「iTunesに接続してください」って出てるけど何なのコレ?

皆ふざけてパスワード入れまくるから、ロック解除できなくなっちゃったよ〜(泣)

 

↓↓↓↓

 

…はい、皆オワコンです。笑

本当で言えば、この状態でiTunesに接続しても、iPhone自体のロックは解除されます。

ですが、工場出荷状態になります。

 

工場出荷状態Σ(゚Д゚)?

 

つまり!

データ全部消えちゃうよ〜ってことです。

 

そこで活きてくるのがバックアップですよね。

iPhoneには、iCloudなどにデータをバックアップしておく手段があります。

 

ですがねぇ〜どうでしょう。

皆やってますか?笑

 

そもそも、僕がこのiPhone復旧作業をしてみたのには理由があります。

僕は本来Androidユーザーなのですが…僕の彼女さんのiPhoneが上のような状態になっちゃったわけです。

 

まぁまぁ、どうせなんで、教えちゃいますよ!

 

正規の方法じゃないけれど、

バックアップを取っていないデータも消さずにiPhoneを復旧させる方法。

では行きましょう!

 

iPhoneをデータを消去せずに復活させる方法

Dr.Fone for iOSをダウンロードする

「iTunesに接続」問題、iPhoneに「iTunesに接続してください」画面が出てくる場合の対処法

とまぁ得意げに言ったわけですがね。

僕もAndroidユーザーなので、人に頼りました(笑)

上のサイトを開いてみてください。

 

 

このようなサイトに飛ぶはずです。

そのまま下にスクロールして…

 

おそらく多くの方がWindowsであろう、「ダウンロード(Windows版)」をクリックします。

 

そこで出てきたファイルをクリックしましょう。

流れに沿ってインストールします。

 

インストールしたら

こんな画面になると思います。

「今すぐ開始」をクリックします。

 

データ復元をクリック

一番左上の、「データ復元」をクリックします。

しかし、そこでAndroidユーザーの僕はiTunesをインストールしていなかったので、多少問題が生じました。

 

iTunesをインストールしていなかった場合

さっさとiTunesをインストールすればいいわけです。

さぁ、流れにそってApple社のホームページをクリック。

 

 

 

この際、あんまりiTunes使わないなぁと思ったら、32bitでも構いません。

インストールしたら、さぁ次へ進みましょう。

 

リカバリーモードを確認

iTunesをインストールしたら、上記のような画面になるはずです。

そそくさと「開始」をクリックします。

 

iPhoneをデバイスと繋ぐ

ここで、iPhoneとPCをちゃんと繋げ!なんて言われるので、USBで繋ぎましょう。

繋いだら、PC側に何らかの表示が出ると思います。

僕の時は、

  • 「ファイルエクスプローラー」で接続しますか?
  • それとも「カメラモード」ですか?

と聞かれたので、とりあえず「ファイルエクスプローラー」で行きました。

接続さえ出来ればなんでも良いようです。

 

バージョンを確認してダウンロード

さて、接続すると、このような画面になります。

ここで、自分の復旧したいiPhoneの型番と合わせていくわけです。

型番、バージョンと色々ありますが、対して難しい動作ではないのでご安心を!

 

iPhoneのバージョンが分からない場合

 

自分の型番なんてわからないよ!なんて人がいると思います。

そんな時は、自分のiPhoneを裸にして、後ろのこの小さな番号を見つけましょう。

Model □ ◯◯◯◯

と書かれていれば、それを選びます。

 

そのままダウンロードをクリックすると、このファームウェアのダウンロードが始まります。

 

修復して完了

 

はい、ファームウェアがダウンロードしおわりました。

やっと終わりますね!

「いますぐ修復」をクリックすれば、それであとは待つだけです。

お疲れ様でした!

 

もしも製品登録が済んでいなかった場合

もしも製品登録が済んでいない場合は、このように製品登録しないと出来ませんと注意を受けます。

5000円と少し高値ではありますが、バックアップを取っていなかった自分の戒めに…。

まぁ5000円でデータを救い出せるなら、安いものでしょう。

 

まとめ:バックアップはこまめに。

ポケモンゲームでさんざん教わったように。

レポートは書ける時に書いとけ。

 

そんなふうに、バックアップはこまめにとっておくものです。

 

いま僕はプログラミングについても書いていますが、プログラムを組む人なんかしょっちゅう上書き保存しますよ…!

iPhoneでも、Androidでも、バックアップは絶対に、ね!

スポンサーリンク
おすすめの記事