スポンサーリンク

皆様、ラップトップはお好きですか?

ノートPCのように画面とキーボードが一体化しているガジェット…僕は嫌いにはなれません。笑

 

ですが、家ではデスクトップのようなキーボードが叩きたい…。

そんな願望がある人、いますか?

もしくはノートパソコンのあの薄いキーボードが嫌いな人。

 

まぁ人はそれぞれですからね、色んな人がいてもいいと思います。

僕が何故サイレントワイヤレスキーボードを購入しようと思ったかは、スペースの有効活用にあります。

 

Chromebookをスタンド型にして、ワイヤレスキーボードを叩けば、かなりデスク上がすっきりするんじゃないのか…?と。

というわけで購入してきました…
 

 

SilentWirelessKeybord BLACK×RED

開封レビュー

はいこちら!!!

赤と黒の色がまたかっこいい、ワイヤレスキーボードになります。

サイレントキーキャップ内蔵で、なんだかとても静かなんだとか。

 

では開封していきましょう。

はい、パカっと。

中に入っているのは、キーボード本体と取扱説明書。

 

はっは〜なるほどなるほど…と、まぁ流し程度に読んで…ん???

何か見つけるジョグ。

 

電池が隠れておりました。

別売りとも書いてなかったから…わざわざ買ってきたけど…まぁいいや。

 

 

開封した感じはこんな感じ。

ではでは気になる薄さは??

 

スタンドもあるので、自由にキーボード角度を変えることが出来る。

ちなみにスタンドの向こう側の黒い丸いもの。これはすべり止め用のゴムで、かなり優秀。

もう全然滑らない。笑

 

うすさも、デスクトップのようなキーボードにしてはかなり薄いんじゃないかな??

まぁ許容範囲内。

 

さて接続してみようか???

 

接続してセットしてみた

まずはペアリングに必要なUSBと電池を用意する。

USBはUSBハブにでも付けておこう。

 

いざっ接続!!

Chromebookをスタンド型にセットして…

 

 

はいキターーーーーーーーーーーーーー!!

これこれ。キーボード必要ない時はしまえば机キレイになるしね。

 

なんでわざわざ大きなキーボードにしたのかっていうとね、やっぱりキーボードにテンキーがないのって不便なんだよ…笑

カフェとかなら全然ラップトップ状態で使っちゃうけどね。

 

ここで機能紹介

 

さぁセットし終わったところで少し機能を紹介したいと思います。

ちなみにパッケージの裏面はこんな感じ。

 

 

まぁこれを見てもらえば分かると思うけど…

このキーボードの大きな特徴は2つだね!!

 

排水仕様でドリンクをこぼしても平気

ほ、ほんとかぁ〜いつか試すぞぉ〜〜〜…。

 

はい、平気らしいです。

確かに中を見てみるとスッカスカで水が排水される仕組みでした。

どれくらい平気なのか…試してみたいものです。

 

サイレントキーで場所を選ばずタイピング

もしも後ろで誰かが寝ていても、気にせずバンバンキーボード打っちゃってくださいって仕様。

さぁ本当のところどうなのか…!

 

実際はかなり静かです。

タイピング音がまったくないわけではありません。

ですが、カチャカチャした音は全くなりません。

 

なんか…表現すると…

「ぽくぽくぽく…」って感じかな???

 

スポンサーリンク

まぁとりあえず購入してみたんだけども。

これを購入したことで、試してみたいことが色々増えたんだよね。

まず1つは

「本当に飲み物ぶっかけても平気なのか。」

これ。

そしてもう一つは、

「デスクの改良。」

 

ワイヤレスキーボードを自由にしまえるようなデスクにしたいなぁなんて願望を今抱いているジョグです。

ではでは、その願望が実現するかはおいといて…

 

そろそろおいとまします。

では!!!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事