400-MA029。激安の高機能ワイヤレスマウスをレビューしてみる。
スポンサーリンク

皆さんは自分のマウスにいくらお金をかけていますか?

3000円?それとも980円?

有線マウスなら500円でもありますよね。

無線のワイヤレスマウスでも今は1000円で買えるものが増えています。

 

しかしその無線マウス…使い勝手はどうでしょう。

右クリック、左クリック、スクロール…それ以外の機能は付いていますか??

 

そんな低機能低価格ワイヤレスマウスとはおさらばしたいと思い、通販サイトを見てみました。

そして僕が今回買ってみたマウスはこちら。

 

今回はびっくり仰天なその多機能高機能ワイヤレスマウスを紹介しますよ…!

 

400-MA029

多機能なワイヤレスマウスの全貌

このマウスの凄いところをまずは紹介する。

一番最初に列挙してみると…

  • ブルーLED仕様
  • 戻る・進むボタン付き
  • ズームイン・ズームアウト付き
  • かなり小さいサイズ
  • カウント切り替え機能
  • 激安の激安価格

 

 

これくらいだろう。

ではさらっと1つ1つ紹介していく。

ブルーLED使用

むしろ今はブルーLED以外あるのか?

と思えるほどブルーLED時代。

マウスパッドがなくても、膝の上でも、どこでもマウスを正確に操ることが出来るブルーLEDはマウスに欠かせないものとなっている。

 

戻る・進むボタン付き

格安でこの機能がついている事自体かなり珍しいのでは?

わざわざブラウザ上の戻る・進むボタンを押すことはない。

マウスを握った手で、親指で直感的にネットサーフィンが楽しめる。

これも今やマウスにかかせないものとなっているが、付いているマウスは割りと値段が弾むことが多い。

 

ズームイン・ズームアウト付き

なんとCtrlキーとマウスのホイールを組み合わせて、ズームイン・ズームアウト機能が使える。

メガネをかけるのを忘れてネットサーフィンしていても安心の高機能。

これでも激安価格というから驚きだ。

 

コンパクトサイズなマウス

 

そして驚きの小ささ。

前に安価なワイヤレスマウスを購入したが…

Chromebookの有線マウスとの相性の悪さに耐えられなかった。

 

なんと同じくらいだ。

Chromebookと併用できればかなりコンパクトに高機能なガジェットとなるに違いない!

 

カウント切り替え機能

カウント切り替え機能とは、マウスを動かすと動くポインターの速さを切り替え出来る機能のこと。

これもなかなか安価なマウスには付いていない。

かなり高機能を盛り込んだなぁと思わんばかり。

 

激安価格、その驚きの値段は…

geralt / Pixabay

その驚きの値段。

なんと…

1000円

 

野口英世たった一人で買えてしまう。

野口英世たった一人で高機能なWEBブラウジングが楽しめる。

野口英世たった一人で…

…やめとこう。

この流れのまま行くと、

野口英世たった一人で世界を救える。

まで言ってしまいそうだ。

 

とにかく、そのくらい安い。

 

開封、そして購入レビュー

高級感溢れるパッケージ

 

見てこの存在感。

1000円で購入したガジェットとは思えないほど。

 

では開けてみる。

 

 

やっぱちゃっちいな…

箱の中身はこんなもんか。まぁいい。続けよう。

 

そう言えば裏面はこんな感じ。

 

何故か薄く擦り傷のようなものが付いていた。

野口英世たった一人だったから許す。

野口英世たった一人で大変だったんだろうな…。

 

スポンサーリンク

内容物

内容物は以下の通り。

  • マウス本体
  • 電池2本
  • 取扱説明書

 

取扱説明書は、本来あまり見ない正確だが、今回はサラッと見てみる。

 

マウスの操作方法

 

見ていくのはこの部分。

ボタンが普通のマウスより多いからね、少し目を通しておかないと。

 

 

はっはぁ…こうなっているのか。

うん、了解したよ、野口くん。

 

他のマウスと比べてみる。

 

やはりそんなに大きさは変わらなかった。

薄さも、少しお尻が大きいかなくらい。

 

ホイールを触った感じが、この商品は少し安い感じが出ている。

まぁ野口英世たった一人だから許すけど。

 

裏面のお尻の部分にペアリング用のUSBが付いている。

いちいち電池の蓋を開けなければいけない従来のマウスと比べると、少し便利。

 

 

ここに電池を入れる。

と思ったら、なんと縦に挿入する形になってるのか。

 

ここはかなり電池をセットしにくいので要注意。

野口英世たった一人だから許してあげて。

 

まとめ

実際の機能性は抜群。

 

実際に機能性、実用性についてだが、少し試した感想を言ってみる。

 

うん、かなり便利。

カウント切り替え機能も使ってみたけど、本当に操作感、スピード感がまるっと変わる。

戻る、進む機能も馬鹿にできない。

 

複数のページ数戻りたいときなんてマウスを持っているだけで勝手にページが変わっていくので驚き。

 

弱点はホイール部分

クリックした感じも悪くない。

しいて弱点をいうなら、ホイール部分

 

ここがどうしてもチープな感じがしてやるせない。

野口英世たった一人でもどうにもならなかったっぽい。

 

しばらくはこのマウスを使い倒して行きたいと思う。

それで壊れたらまたレビューするのでよろしく(^o^)

 

では!

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事