【検証】Instaplusの垢BANの危険性は?インスタから警告は受けない?

「Instagramのアカウントを守りながらもフォロワーを増やしたい」
「垢BANが怖くてツールの導入は躊躇してしまう」

そんな風に悩んでいる方のために、今回は垢BANにならないInstagram運用ツール「Instaplus」について紹介するで。

Instagramを効率的に運用しようと思えばツールは必須。でも垢BANされてしまったら本末転倒や。垢BANされないためにも、ちゃんとしたツールを導入しような。

この記事では、Instaplusがなぜ垢BANされないのかを解説していくで。

「効率的にアカウントを成長させたいけれど、垢BANが怖くておもいきった行動ができない…。」
「垢BANされる心配のないツールを見つけたい」

そう考えている方にはInstaplusがうってつけや。

ワン

上手にInstaplusを使って効率的にフォロワー数を増やし、ブランド力を高めていくべし!

目次

Instaplusでの垢BANは”ほぼ”ありえない

Instaplusを通常通り使っていれば、垢BANは”ほぼ”ありえない。

それは、Instaplusが細心の注意を払ってツールを動かしているからや。

ただし、公式HPでは「100%凍結を回避することはできない」と記載がある。
まぁこれは、どんなツールを使っても同じことやな。

Instaplusが実際に行っている垢BAN対策

じゃあInstaplusは、具体的にどのような垢BAN対策を取っているか?解説していくで。

Instagramの兆候を素早く検知、動作をストップ

まずひとつは、Instagramの兆候をシステムが素早く検知することや。
Instagram運営に怪しまれた場合、すぐにInstaplusの動作をストップさせる仕組みとなってるんやな。

一度垢BANされてしまうと、Instagramの運営に異議申し立てをしたり、最悪の場合アカウントの復活ができない可能性もあるから怖い。

ワン

そんな事態にならないため、Instaplusが慎重に働いてくれるから安心してや。

動作がゆっくりで無理なくタスクが実行される

もうひとつの特徴は、ゆっくりとタスクが実行されるということや。

例えば「一括フォロー」を実行したとしよう。
他のツールでありがちなのは、一瞬でシステムが働き、またたく間にフォロー数を増やすということやな。

でもこれなら、運営側のAIが「不正」とみなし、垢BANの対象になってしまう可能性が出てくるから怖い。

これを防ぐために、Instaplusの動作は非常にゆっくりや。

間隔を選ぶこともできる。

少し物足りないと感じるかもしれんが、これも垢BAN対策を行うためのひとつの方法や。
じっくりシステムに働いてもらったらええと思う。

それから、もしもタスクをたくさん入れて同時進行してしまった場合は、Instaplusのツール内で告知してくれるんや。
こんな感じで、人的ミスの対策についてもばっちりやからInstaplusに任せてしまおうな。

垢BANされないための注意点

Instaplusの方で垢BAN対策は行われてるけど、ユーザーの方でも垢BANされないように注意せなあかん。

タスク実行中は手動でアクションを行わない

Instaplusでタスクを実行中は、手動でアクションを行わないようにしような。

例えば「アンフォロー」のタスクをInstaplusで行っている時は、スマホとかで手動アンフォローをしたらあかん。垢BANされないために動いているInstaplusの邪魔をしないように、全部任せてたらええよ。

いくつものタスクを同時進行させない

Instaplusは、いくつかのタスクを同時進行で動かせるんや。めちゃくちゃ便利な機能やけど、やりすぎには注意。正常に動いてもらうためにも、タスクの数は絞ってあげよう。

例えば「アンフォロー」「フォロー」「いいね」「コメント」その他の機能などをフル稼働してると、タスク実行のしすぎと認識されてしまうかもしれんから、程々にな。

まとめ

今回は、Instaplusの垢BANについて解説したで。

Instaplusの垢BAN対策は、細かいところまで行き届いてる。とはいえ、少しの配慮は必要。注意点を守りながら、健全にツールを運用していってな!

今登録すれば、7日間は無料で試験運用させてもらえるで。
しかも、1アカウントなら月3,000円という、ひじょ~にお財布にやさしい料金設定や。

この記事を書いた人

目次
閉じる