ブログ更新止まる人はSNSで小出しにアウトプットすれば非常に簡単になる話
Pitsch / Pixabay
スポンサーリンク

現在、朝の7時過ぎ。

昨日から一泊二日の温泉旅行に来ており、これからチェックアウトです。

 

今日は既に、ブログ記事を1記事書き上げています。

ジョグ
朝起きて旅館の客室で書いてます^^

 

こんなことを報告すると、こんなことを思う人、いるかもしれないですね。

 

「さすがです…!」

「ジョグさんだからできるんですよ…!」

 

これは、半分本当で半分ウソかなと。

確かに効率よくインプットして、その情報を頭の中で整理してアウトプットする能力は、だいぶ上がってきた気がします。

 

ただ、僕しか出来ないなんて、ありえないでしょ^^?

 

このコラムは、ブログ更新続けたいけど、ついつい更新途絶えがち!な人に「ブログ更新が嫌でも続けられるようになる方法」を提案します。

 

方法は単純。

 

  1. SNSで発信しまくる。
  2. SNSでの発信情報を整理して、即刻記事書く。

 

これだけです。

 

この記事を書いた人

ジョグ@札幌のWEBの人
札幌でメディアサイトを運営したり、ライターさんを育てたり。 5年前からWEB屋をやってます。
十数個のサイトを同時運営中。企業様のSEO,マーケティングコンサルもしてます。
/WEBデザイン/サイト制作/SEO,ブログコンサルタント/アフィリエイター/WEBライター 
Twitterのフォロワー数は1万人超。
Twitter     Twitter
InstagramInstagram

↓YouTubeで動画配信中(クリックしてチェック!)↓
ジョグチャンネル YouTube

ブログ記事を継続更新したいならSNSを上手く連携させよう。

まずはSNS。

TwitterでもInstagramdもFacebookでも、なんでも良いです。

とにかく、どこか外出したり、誰かと話したりした時はSNSにアウトプットすることを心がけます。

 

ジョグ
僕はA5サイズのノートをいつも持ち歩いていて、ノートとSNSをダブルで使ってます。

 

今回僕は温泉旅行に行ってる最中ですので、Instagramに写真を投稿してました。

それでいいんです。

 

最初からガッツリ記事を書くのではなく、まずは小出しにしてアウトプットしていく。

 

SNSの情報発信を整理して、すぐに記事コンテンツにしてみる

ポイントは以下の2つ。

 

  • ちょっと有益な学びや気付きを書けているか。
  • イベント後に「すぐに」記事を書けているか。

 

ただ単に、起こった出来事を書いていっても「日記」にしかなりませんからね。

しっかりと記事コンテンツとして、相手に有益な情報を与えられるようにしなければなりません。

 

そのためには、SNSへ投稿する際も少し意識する必要がありますよね。

「これイイなぁ。」

「これは人の役に立つよなぁ。」

 

絶えず「これはみんなの役に立つかも?」「もしかしたらこうかも?」という疑問をもち、SNSで小出しにアウトプットしていきましょう。

 

そして小出しにアウトプットした情報は、整理して記事にします。

Instagramへの投稿も、複数回に分けて投稿しています。

 

僕はいつも見出し2の後にイメージ画像を差し込むのですが、代わりにInstagramの投稿を埋め込んでみるのもおすすめです。

 

SNSで複数回投稿していれば、まとめてみると簡単に記事コンテンツとして出来上がります。

 

そして一番大事な部分。

「すぐに」記事コンテンツ作成に取り掛かること。

 

文章というのは、書いた本人の熱量が、読み手に伝わります。

SNSでもそうですよね?

 

ロボット見たいなツイートしている人は、あんまり人気ない気がしませんか?

 

何か起こったら、SNSに投稿し、翌日記事にする。

 

これを習慣付けると、毎日の記事作成が億劫ではなくなりますよ^^

 

スポンサーリンク

まとめ

どうでしたか?

「すぐに書け!」

と提唱しているブログは少なくないです。

僕が今回提案した方法も、「すぐに書く」という方法。

 

でも、その前にSNSで小出しにアウトプットすること。

これを挟むと、とても記事にしやすく毎日更新が継続できるかと思いますよ^^

 

↓YouTubeで動画配信中(クリックしてチェック!)↓
ジョグチャンネル YouTube

スポンサーリンク
おすすめの記事