スポンサーリンク

 

Google Analyticsって、導入したは良いけど眺めるだけなんだよなぁ…。

 

ブログやサイトを運営している初心者さんにありがちなのが、アクセス解析ツールを「ただ眺めて一喜一憂するもの」にしているケースです。

 

「あっアクセス上がったやん!やった!」

「わぁ〜アクセス今日も来てねぇ〜…いつ来るんやろ…。」

 

こんな風に、少しドキドキした気持ちでGoogle Analyticsを覗いては、喜び、落ち込み、そしてウィンドウを閉じる。

 

僕は今でこそSEOコンサルをしていて、生徒さんのアナリティクス画面などを見て分析したりしますが、昔は皆さんと同じ「ただ眺めているだけ」の人間でした。

 

  • 専門用語多すぎてその都度検索するのがめんどくさい
  • 色々な機能がありすぎて、もはやホーム画面のグラフしか使わない

 

Google Analyticsに対してマイナスのイメージしか持っていませんでした。

しかしどうでしょうか?

 

しっかりと学んで見ると、僕のブログやサイト運営にこんな変化が出て来ました。

 

  • 毎日Google Analyticsを眺めて一喜一憂→落ち込むことがなくなり、楽しくなった
  • 自分のサイトの長所と短所がわからない→全てわかるので、長所を伸ばして短所を克服できた
  • 記事数を増やすだけがアクセスを増やす方法→記事数を増やさなくてもPV数を確実に増やすことができた

 

こんなように変化していきました。

アクセス解析とは、長所を伸ばして短所を克服する方法を見つけられるツールです。

 

小さな成功から、大きな成功へと変えるツール

小さな失敗から、大きな失敗になるのを防ぐツール

 

これがGoogle Analyticsです。

この記事では、現在SEOコンサルタントの僕の視点から見た

  1. Google Analyticsの必要性
  2. 使いこなすための専門用語

を解説します。

使いこなし方全てをこの記事1つで解説しているわけではありませんが、この記事を読むだけであなたのアクセス解析力は格段に上がるはずです。

 

ジョグ
それでは解説していきます!

 

 

Google Analyticsとは?アナリティクスで出来ること

Googleアナリティクス 出来ること

Google Analyticsとは、Googleが提供しているアクセス解析ツールです。

このアクセス解析ツールを使いことにより、以下のことが出来るようになります。

 

  • 長所を限りなく伸ばしていける
  • 短所を限りなく減らしていける
  • ユーザーがどうサイト内を動いているのかわかる
  • ユーザーがどこから来てどれだけ滞在していることがわかる
  • 集客において足りない部分がわかる
  • 成約率やクリック率がわかる

 

などなど、出来ることは無限大と言ってもいいでしょう。

Google Analyticsはパズルのような使い方ができ、様々な要素と要素をかけ合わせて、知りたいデータを抽出することができます。

 

ジョグ

例えば…

新規ユーザーを多く獲得しているのはSNS?検索流入?

自分のサイトの滞在時間はPCとスマホで違いがあるのか?

等を知ることができます。

 

 

Google Analyticsの必要性をSEOコンサルが解説

Googleアナリティクス 出来ること

このアクセス解析ツールの必要性を、SEOコンサルの僕から言わせていただきますと…。

…というより、SEOコンサルタントはみんな口を揃えて言うと思います。

 

プロジェクトをより良くするためのPDCAが回せる

 

これが大きいです。

PDCAとはご存知のとおり、「プロジェクトを成功に導くための段取り」のことです。

  • P→PLAN(計画)
  • D→DO(実行)
  • C→CHECK(評価)
  • A→ACTION(改善)

この4つを順番に、繰り返しこなすことでプロジェクトは成功に向かっていき、目的を達成することが出来ます。

 

PサイトをSEOに強くするにはこうしたら良いんじゃないか?

Dじゃあ1ヶ月間この対策方法を実行してみよう!

Cこの対策方法は、○○は改善されるけど△△は変わらないな…もっとこうした方が良いんじゃないかな…?

Aよし、じゃあ、プラスで□□の対策方法を実行してみましょう!

 

というように、そのサイトがよりSEOに強くなるためにどうしたら良いのかというミッションを、PDCAをうまく回して達成できるようになります。

これは専門家しかできないこと…ではなく、あなたでも出来ることで、GoogleAnalyticsの知識を蓄えれば誰でも出来ることです。

 

 

ジョグ

しかし…まずはAnalytics画面で出て来る専門用語を教えておかなければなりませんね。

この専門用語の意味を知るだけでも、アクセス解析画面を見るのが楽しくなること間違いなしです。

 

 

スポンサーリンク

アクセス解析のための専門用語を解説します

Googleアナリティクス 専門用語

GoogleAnalyticsに出てくる専門用語は、マーケティングでは基本中の基本…ですが、わかりにくいですよね^^;

「ページビュー」…と言われても、何となくページを見てくれた回数なんだろうな〜くらいの認識かと思います。

ここでは、あなたがアクセス解析するために最低限必要な専門用語をわかりやすく解説していきます。

 

ここでは例として、A君を出してみます。

A君
どうも!A君で〜す!

 

ユーザー

ユーザーは、”来てくれた人数”を示します。

例えば、自分のサイトに今日、A君1人しかアクセスしなかったとしたら…。

→アナリティクス画面には「ユーザー数 1」と表示されます。

 

もしも今日、A君とB君の2人がアクセスしてくれていたら、ユーザー数は「2」となりますね。

A君
僕1人で、1ユーザーだよ!これはわかるよね?

 

セッション

セッション数は、”ユーザーがサイトに訪れた回数”を示しています。

 

例えば、今日の朝にA君が1回サイトにアクセスしてくれました。

そしてその日の夜、A君はもう1回サイトにアクセスしました。

 

→その日のセッション数は「2」になりますね。

しかし、その日に訪れてきてくれたユーザーがA君しかいなかったら…

  • ユーザー数「1」
  • セッション数「2」

となるわけです。

 

ユーザーとセッションを組み合わせると、「何人が何回サイトにアクセスしてくれたのか」が分かります。

A君
僕が友達の家に「お邪魔します!」って訪問する回数みたいなもんさ!

 

ページビュー(PV)

ページビュー数は、”表示されたページの数”を示します。

 

例えば、今日はサイトにA君1人が1回訪れてくれて3ページ見ていきました。

  • ユーザー数「1」
  • セッション数「1」
  • ページビュー数「3」

という結果になるわけです。

 

ユーザーとセッション、そしてページビュー数を組み合わせると、「何人が何回来て何ページ見ていったか」というのが分かります。

A君
僕が友達の家に行って、部屋を見て回った数みたいなもんよ!

 

 

コンバージョン(CV)

これは、簡単にいうと「成約達成」のことを示します。

最終成果地点とも言いますね。

”何を成約とするのか”で、コンバージョンは変わってきます。

 

アフィリエイトなどでは、「広告をクリックされて商品を購入してくれた」でコンバージョンです。

 

よくある企業のWEB担当者さんから見たコンバージョンは、「当社が開発した商品を販売すること」であり、そのためにはSEO対策を施して検索流入からの集客数を増やしていく…というように逆算で計画を立てていきます。

 

例えば、A君が訪れた友達の家には「A君に我が家のご飯を食べてほしい」という目標があったとします。

友達「なぁ…今日ご飯食ってかない?美味しんだよ…うちのご飯…。」

A君
う〜ん…今日は吉野家で牛丼食べる予定なんだよなぁ〜…。

 

友達「そう言わずにさ…だって今日、うち”すき焼き”なんだぜ?」

A君
ありがとうございます。食べていこうと思います。

 

…1時間後…。

 

A君
うっめぇ!美味しいよすき焼き…最高だぜぇ…!

 

はい、これでコンバージョン「1」ですね。

 

コンバージョン率(CVR)

コンバージョン率というのは、「WEBサイトに訪れた人が成約達成して顧客になる割合」を示します。

 

例えば、WEBサイトAのコンバージョンを、「商品を購入してもらう」だとしましょう。

 

WEBサイトAの”ページB”に訪れたユーザー100人のうち、商品を購入したユーザーが5名いたとします。

そのページBのコンバージョン率は「5÷100=0.05」で5%ということが分かります。

 

基本的に、コンバージョン数÷該当ページのユーザー数=コンバージョン率で出すことが出来ます。

 

例えば…こんなのはどうでしょう?

A君の友達の家のコンバージョンは「我が家のご飯を食べてもらうこと」

A君
今日は僕含め10人で”友達の家”に行って、5人がご飯を食べて帰ってきたよ!

 

この場合のコンバージョン率は、「5÷10=0.5」なので、50%だと言うことが分かります。

 

ランディングページ(LP)

ランディングページとは、”ユーザーが訪れた時に最初に表示されたページ”のことを言います。

  • A君=ユーザー
  • 友達の家=WEBサイト
  • 友達の家の玄関=WEBページ

だとしましょう。

A君
お邪魔しまーす!…家で最初に入ったのは”玄関”か…当然か!

 

この場合は、友達の家の”玄関”が、WEBサイトで言うランディングページのわけですね。

ちなみにそのページがランディングページになった回数を、閲覧開始数といいます。

 

直帰率

「ユーザーがサイトを訪れて、1ページだけ見て離脱する」ことを直帰といい、直帰率とはユーザーが直帰する割合を示します。

計算式にすると…

 

 ページBの直帰率

LPがページBで直帰したセッション回数÷ページBの閲覧開始数=直帰率

※LP=ランディングページ

となります。

 

A君
今日さ、”友達の家”に2回行ってきたんだけど、1回は玄関入ってすぐ帰ってきたわ!(笑)

 

はい、 上の例にしたがっていくと、

  • ”玄関”から直帰した訪問数=1
  • 最初に玄関に入った回数=2

「1÷2=0.5」…直帰率は50%と言えますね。

 

 

ジョグ

この直帰率を下げることは非常に大事で、SEO対策により限りなく下げることが可能です。

ちなみに僕のJOSALOGの直帰率は1%を切っています。

 

 

離脱率

これは、”そのページがセッションの最後になった割合”を示します。

計算式にすると…

 

 ページBの離脱率

ページBで閲覧終了した数÷ページBのページビュー数=離脱率

 

で割り出すことが出来ます。

 

例えば、A君が友達の家の”裏口”の存在を知ったとします。

A君は今日だけで裏口に3回行き、3回目で裏口から帰りました。

  • 裏口を見た回数(ページビュー数)は「3」
  • 裏口から帰った回数(閲覧終了回数)は「1」

「1÷3=0.333...」という計算式で、”裏口”からの離脱率は約30%ということになります。

 

ジョグ

A君は、ただ単に裏口から帰ってみたかっただけなのかもしれませんね。

アクセス解析で離脱率の高いページを見つければ、そのページの最後に関連記事などのCTAを設置しましょう。

離脱率が低くなり、ページビュー数が増えていきます!

 

参照元

自分のサイトに”どこから”来ているかを示すものです。

これについては、各名称と意味を解説しますね。

Organic

自然な検索流入のことを示します。

僕らはSEO対策することで、このOrganicの割合を増やしたいわけですね。

 

Cpc

広告からユーザーが訪れてきているということです。

Googleアドワーズなどのリスティング広告サービスを扱っていると、この数値が出てきます。

Referral

これは「他サイトからリンクをクリックして訪れた」という意味です。

ブログやニュースサイト等から来るパターンが多いですね。

Social

SNSからの流入を示します。

主に「Twitter」「Facebook」「はてなブックマーク」が表示されます。

現代ではSNSからの流入も、貴重なドメインパワー強化材料です。

 

Direct

  • ブックマークでサイトを訪れた
  • メールマガジンのリンクから訪れた
  • 直接URLを打ち込んで訪れた
  • QRコードから訪れた

等がすべてDirect表示となります。

 

 参照元があるかどうか

参照元があるアクセス=リファラー

参照元のないアクセス=ノーリファラー

といいます。

まとめ:専門用語を知ることから、アクセス解析は始まる

専門用語 アクセス解析

どうでしたか?

専門用語を学ぶだけで、Googleアナリティクスの見方がだいぶ変わったかと思います。

 

ユーザー
  • 何人のユーザーが

 

セッション

  • 何回訪問して

 

ページビュー(PV)

  • 何ページ見ていったか

 

コンバージョン(CV)
  • 何回成果目標が達成されて

 

コンバージョン率(CVR)

  • アクセス数のうち何%が成果達成目標に達しているのか

 

ランディングページ(LP)
  • 一番最初にユーザーがたどり着くページはどこか

 

直帰率
  • そのページがユーザーに見限られる割合は何%なのか

 

離脱率

  • そのページでユーザーがそのサイトから抜け出す割合は何%なのか

 

 

 

ジョグ

まずはこれだけ覚えてください。

応用テクニックは、これらを覚えてからになります。

 

 

今回の記事はこれにて終了になります。

Googleアナリティクスの必要性や出来ること、最低限の専門知識をインプットしてくれればいいなと思います(^▽^)/

 

スポンサーリンク
おすすめの記事