スポンサーリンク

 

 

  • SEO対策の基礎知識を学ぼうとしたけど…何やら難しくて手が出せない。
  • 具体的に何をすればいいのかもわからないし、そもそも何なのかわからん…!

 

SEO対策ってとても複雑で、基礎の知識だけでも初心者にとっては、もう右も左もわからない状態だと思います。

 

ジョグ

僕は現在札幌を中心に、下記のような活動をしています。

  • アフィリエイトで月収100万円を突破したノウハウを活かして個人や企業にコンサルティング。
  • SEOコンサルタントとして集客やマーケティングについて企業へコンサル(現在6社)

 

 

しかし、当サイト運営者である僕も、5年前にアフィリエイトやSEO業界に足を踏み入れて、最初は全く分からない状態でした。

  • ブログを毎日更新してもアクセスが全然増えない。
  • 広告を貼り付けていても、毎月稼げても”うまい棒1本”くらい。

 

今のあなたも、もしかしたら同じような状況ではないでしょうか?

 

そんな右も左も分からない、迷走している貴方へ”SEO対策の基礎知識が5分で理解できるように”この記事を書きました。

過去の自分が抱えていたような”SEO対策への苦手意識”はこの記事を読むことで軽減されます。

 

この記事を読むメリット

  • SEO対策とは何なのか”概念”を理解できる
  • 何故SEO対策が必要なのかを理解できる。
  • 内部対策と外部対策の違いが理解できる。
  • SEO対策をする前にやっておきたいことが理解できる。
  • 初心者が最初にするべきSEO対策が分かる。
  • 初心者が参考にするべきサイトや本が分かる。

 

SEO対策の基礎知識をまずは知ろう

SEO対策 基本 知識

 

SEO対策とは、「Search Engine Optimization」の略です。

Googleの検索エンジンにおいて、自身のサイトを検索結果上位を獲得するための対策のことを言います。

 

ジョグ

Googleの検索エンジンというのは、非常に賢いロボットが管理しています。

そのロボットと戦うための策…とでも言っておきましょう。

 

SEO対策には、大きく分けて2つあり、

 

  • 内部対策
  • 外部対策

 

の2つがあります。

この2つを総称して「SEO対策」というのですが、まずは基本知識から身に付けていきましょう。

 

SEO対策の必要性とは

まず何故皆さんがSEO対策が必要だ」というのか…分かりますか?

それは、ズバリ「売り上げ」に直結するからです。

 

SEO対策を施し、検索順位で1位を取れば、たくさんの人がそのサイトに訪れることになります。

SEO対策により自身のサイトへの流入を増やし、自社商品やサービスの利用者を増やします。

そして、その結果として「売り上げ」が増えていくんですね。

 

なぜSEO対策を施したサイトが集客に適切なのか

集客すればいいなら、SNSや広告費払って上位表示させればいいじゃないか…。

と思う方も少なくないはず。

 

そこで、SEO対策を施したサイトのメリットを簡単に説明いたします。

 

現在メディアというのは、3つに分類されています。

Owned Media 自身のサイト
Paid Media 広告費がかかるPPC広告など
Earned Media SNSなどの消費者と繋がれるメディア

     

    さて、この中でSEO対策を施すサイトは、①の「Owned Media」に当たります。

    実は、このOwned Mediaというのは、他の➁や③よりも「流入ユーザーの質が高い」ということが分かっています。

     

    それは何故か?説明します。

     

    プル型メディア

    SEO対策を施したサイト…Owned Mediaとは、「プル型」のメディアだからですね。

    イメージで言うと、ユーザーを待つメディア。

     

    る特定の場所にコンテンツを用意しておき、検索意欲を持ったユーザーを引き寄せるメディアです。

    「その情報」や「そのサービス」を求めたユーザーが集まるので、成約率が非常に高いのが特徴です。

     

    皆さんがSEO対策するのは、

    検索結果」というユーザーが集まる場所に「自分の記事」を設置しておきたいからです。

     

    プッシュ型メディア

    対して「プッシュ型」メディアとは、その他の2つが分類されます。

    広告費を払うPPC広告やSNSでの集客が当てはまります。

     

    これは、ユーザーがコンテンツを受け取った際に受け身の状態になります。

    そのコンテンツを受け取ったユーザーが、その情報を欲しがっていたかどうかは保証されないため、成約率は劣ります。

     

    ジョグ

    つまり、SEO対策を施したサイトが1つあれば…

    • 運営コストも抑えられて
    • 質の高いユーザーが勝手に流入する

    っという仕組みを作れるわけです。

     

    SEO内部対策とSEO外部対策の違い

    SEO内部対策とは、主に

     

    • サイト内の構造
    • ユーザーニーズを満たしているか

     

    などの、コンテンツ全体のことを指します。

    具体的に言うと、「ユーザー第一」が実現しているサイトかどうかです。(これをユーザーファーストと言います。)

     

    SEO外部対策とは、一言でいうと「Googleのロボットを自身のサイトに呼び込むための対策」です。

    他サイトからリンクを貼ってもらい(被リンク)、自身のサイトに流入させる

    言ってしまえばこれくらいです。

     

    Googleは「WEB上の民主主義は機能する。」と公言していますので、他サイトからリンクをもらえば「投票」と解釈され、Googleから評価されます。

     

    被リンクを出来るだけ多くもらう。

    これが外部対策になるわけですが、デタラメに自作自演しても検索上位に表示されることはありません。

    むしろ人工的に作成した「質の悪いサイト」から被リンクを多数貰うことは、Googleのガイドライン違反となりペナルティをくらうことが考えられます。

     

    テレビに例えるSEO対策

    SEO対策を身近なもので例えると、テレビが分かりやすいかと思います。

     

    内部対策
    • 番組構成は視聴者を飽きさせないか?
    • アングルは見やすいか?
    外部対策
    • テレビ番組→自身のサイト
    • 視聴者さん→Googleロボット

     

    その番組自体を「視聴者第一」に質を高めていく作業が、SEO対策で言う”内部対策”にあたります。

    その番組の視聴者を増やすために、存在を知らせる宣伝行為が”外部対策”にあたります。

     

    Googleの検索結果に自身のサイトが載るまで

     

    Googleの検索エンジンに自身のサイトが載るには、Googleロボットが以下の順でプロセスを経る必要があります。

     

    1. WEBページをリンクを辿って徘徊する(クロール)
    2. クロールして得た情報を処理し、データベースに保存する(インデックス)
    3. 検索ニーズに合わせてランキング付けする (検索アルゴリズムの処理)

     

    この、クロールインデックス検索アルゴリズムの処理 というプロセスを経て、僕たちのサイトは検索エンジンに表示されています。

     

    では、SEO対策を全くしなかったらどうなるのでしょうか?

     

    • 外部対策しないとクロールしてもらえない(GoogleのロボットはWEB上のリンクしか辿れないので)
    • 内部対策しないと検索アルゴリズムの処理で上位表示させてくれない

     

    という結果になります。

     

     

    初心者がSEO対策を行う前に知っておきたいこと

    初心者 SEO対策

    それでは、初心者に簡単なSEO対策を教えていく前に、自身に問いただしてほしいことがあります。

    この2項目は、僕がSEOコンサルティングをする上で大切にしていることであり、ブログやサイトの方向性がブレないようにするための対策でもあります。

     

    SEO対策を施す前に、しっかりと確認しておくことをオススメします。

     

    コンセプトがしっかりと設計されているか

    ブログやサイト、全てのメディアに当てはまることです。

    初心者にありがちなのが、

     

    • とりあえず日記みたいに記事を書いていこう!
    • 僕が使っているオススメ商品を、ひたすら紹介していこう!

     

    …というようなコンセプトでは、SEO対策を施したところでPVが伸びるわけもなく、期待する収益は出ません。

     

     

    1. 誰が(提供する人)
    2. 誰に(ターゲット)
    3. 何を(配信するコンテンツ)

     

    この3つはしっかりと定めておきましょう。

     

    また、コンセプトの決め方にもコツがあります。

    それは、あなたの「弱点」と「長所」を組み合わせることです。

     

     

    弱点や長所を組み合わせていくことで、あなたのサイトだけの”付加価値”を生み出すことが出来ます。

     

    この3つを細かく設計し、「誰が、誰に向けて、何を配信していくサイトなのか」をしっかりと設計しましょう。

     

    検索順位で上位を獲得しているサイトを確認したか

    これも大事な確認事項です。

    自分が参入する市場のライバルをしっかりと確認します。

     

    勝負に勝てるかどうかは、「どれだけ情報をもっていて準備しているか」です。

     

    自分が立ち上げるサイトのジャンルやキーワードで、上位表示を獲得しているサイトをブックマークしておきましょう。

     

    • キーワードの出現回数は?
    • どのような情報を載せているか?
    • 内部リンクや外部リンクはいくつあるのか?
    • 文字数や見出しの数はどれくらいか?
    • 読者の悩みに寄り添って共感させる記事か?
    • それとも結果を先に提示して解決策を淡々と書いていく記事か?

     

    これらをしっかりと確認しておきましょう。

     

    Googleが掲げる10の事実を確認しているか

    「Googleが掲げる10の事実」というものはご存知でしょうか?

    簡単に言うならば「Googleの理念」です。

     

    SEO対策というのはGoogle検索において上位表示を獲得するための対策ですが、そのためにはまず「相手(Google)を知ること」から始めなければいけません。

     

    Googleが掲げる10の事実を見てみると、Googleはどういったコンテンツを求めているのかが分かります。

    10の理念は以下のものです。

     

    1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
    2. 1つのことをとことん極めて上手くやるのが一番。
    3. 広く浅い情報よりも、狭く深い情報をコンテンツにしよう。
    4. 遅いより速い方がいい。
    5. ウェブ上の民主主義は機能する。
    6. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
    7. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
    8. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
    9. 情報のニーズは全ての国境を超える。
    10. スーツがなくても真剣に仕事はできる。

     

     

    各項目についての詳細は、下記の記事で詳しくまとめています。

     

     

    スポンサーリンク

    初心者がまず最初に取り組んでほしいSEO対策

    初心者 SEO対策 チェックリスト

    では、実際に初心者にまず取り組んでほしいSEO対策を説明します。

    全てを説明することはできませんが、たったの4項目でも出来ていない人は多いものです。

     

    難しいSEO対策から始めずに、まずは簡単なSEO対策から始めてみましょう。

     

    ジョグ

    SEO対策の中でも、”内部対策”になります。

    外部対策を頑張るより、初心者は内部対策をしっかりと徹底していきましょう。

     

    キーワードはしっかりと定めているか

     

    • 自身のコンテンツページには、しっかりキーワードを設定していますか?
    • そして、その設定したキーワードをコンテンツ内に散りばめていますか?

     

    このキーワードについて、初心者さんに守ってほしいのが以下の点。

     

    1. 1~3個のキーワードを決めること
    2. タイトル、見出しタグにそのキーワードを入れること

     

    まずはこの2点をしっかりと確認しながらコンテンツページ(記事)を作成していきましょう。

     

    ジョグ

    先ほども言った通り、検索順位を決めているのはGoogleのロボット(クローラー)です。

    クローラーに対して、「これはどんなページですよ」と伝える役目を果たすのが、このキーワードになります。

     

    1ページで1つの疑問を解決しているか

    貴方が作成したその1ページの中で、いくつものテーマを扱っていませんか?

    SEO対策において、「1ページ1テーマ」は基本中の基本です。

     

    そして、Googleが評価してくれるのは「ユーザーの疑問を解決してくれるコンテンツ」です。

    結果、「1ページで1つの疑問を解決する記事」を作成することがコンテンツ作成におけるSEO対策になります。

     

    内部リンクは貼られているか

    記事の中で、「この話題についてはこの記事もオススメ!」といった感じで同じサイト内の記事リンクが貼られていることがあるかと思います。

    これを「内部リンク」と呼ぶのですが、これも非常に大事なSEO対策です。

     

    ユーザーが記事を見ていて、内部リンクに飛んでくれて…サイト内を回遊することによりPVも増加します。

    Googleクローラーはリンクしか辿らないので、内部リンクを上手く設置することでサイト全体にGoogleクローラーを辿らせることが出来ます。

     

    コンテンツを作成して量が増えてくると、この内部リンクを貼る作業はとても大事なものになってきます。

     

    見出しタグは最適化されているか

    見出しというのは「hx」タグで付けることが出来ます。

    先ほど「見出しタグにキーワードを入れているか?」と言いましたが、見出しタグというのはとてもSEO効果が高いからです。

    しかし、効果は高いけれど使い方を間違えると評価を落とすことにもなります。

     

    h1タグはタイトルなので記事内に1つ。

    その次からは、h2タグh3タグh4タグ…というように順番に使っていくのが正しいです。

    使い方の例としては…

     

     良い例

    h1→タイトル

    h2→見出し2

    h3→見出し3

    h2→見出し2

    h3→見出し3

    h4→見出し4

     

    というように入れ子式に順序正しく使っていきましょう。

    逆に悪い例というのが…。

     

     悪い例

    h1→タイトル

    h2→見出し2

    h4→見出し4

    h3→見出し3

    h4→見出し4

     

    のような見出しタグの付け方です。

    通常は見出し2を基準として入れ子にしますが、これはh2→h4…というように、順番を無視していますね。

    これだとGoogleは「このサイト、何かおかしいぞ。」といった感じで評価してくれません。

     

    初心者がSEO対策で参考にしたいサイトや本

    初心者 SEO対策 参考

    ここでは、実際に僕も参考にしている、初心者さんにオススメしたいSEO対策についてのメディアを紹介します。

     

    • WEBサイト
    • 書籍

     

    この2つを紹介していきます。

     

    おすすめSEO対策情報サイト

    SEO Japan

    SEO対策についての基礎知識も、技術的な知識も知ることが出来るサイトです。

    サイトリンク活用方法などの具体策も書かれているので、大変勉強になります。

    暇なときにSEOの知識を蓄えたい人向けです。

    参照SEO Japan

     

    ferret -Webマーケティングに強くなるメディア-

    スマートニュース等のメディアにも頻出しているメディアサイトです。

    SEO対策のことだけでなく、インターネットを使って収益を得ていくために必要な知識も書かれています。

    大変面白い記事がたくさんあるので、読んでいると時間を忘れるほどです。

    参照ferret-WEBマーケティングに強くなるメディア-

     

    海外SEO情報ブログ

    このブログは少し上級者向けでしょうか。

    SEO対策の情報は、海外に出回ってから日本に来ます。

    SEO対策というのはGoogleの検索アルゴリズムが完璧に完成されるまで変わっていくものです。

     

    いち早く最先端のSEO対策情報を知りたいという人にはこのブログをお勧めします。

    参照海外SEO情報ブログ

     

    おすすめSEO対策関連の書籍

    現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル

    SEO対策の書籍の中でも、僕が認識してる中で一番最新のものです。

    SEO対策というのはGoogleの頻繁なアップデートがある度に変わっていきますから、最新の情報を取り入れることをお勧めします。

     

    ジョグ

    実際に僕も持っていて、常に読んでいます。

    なので、僕のSEOの知識の半分くらいはこの本から蓄えています(^▽^)/

     

    沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

    この本は、漫画形式でコピーライティングを学ぶことが出来る本です。

    SEO対策について学びたいし、文章も上手くなりたい…けど、活字を読むのは苦手…。

    という人にもってこいの書籍です。

    実際に書いてあることはとても勉強になることですし、Googleも重要視している「ユニーク性」の部分を深く勉強することが出来ます。

    まとめ:SEO対策はユーザーファーストを第一に考えよう

    SEO対策 ユーザーファースト

    どうでしたでしょうか?

     

    SEO対策が全く分からない初心者さんは、ある程度どんなものか理解は出来ましたでしょうか?

     

    一応おさらいしておくと…

     

    1. SEO対策とは”検索結果で上位を獲得するための対策”
    2. 内部対策は中身の質を高めること
    3. 外部対策は他サイトからリンクをもらうこと
    4. コンセプトとライバルチェックを怠らないこと
    5. 初心者はまず簡単な4項目を徹底すること

     

     

    この5項目をこの記事では解説しました。

    そして何より理解してほしいのが、

    Googleはユーザーファーストを突き詰めて運営しているサイトを検索上位に表示させているということです。

     

    以下の記事では、内部対策について詳しく解説しています。

    もしよろしければ、ご覧ください。

     

     

     

     

    スポンサーリンク
    おすすめの記事