wilhei / Pixabay
スポンサーリンク

PC業務にエラーはつきものです。

ネットサーフィンしていて、「404 Not found」というのは目にしたことがありませんか?

これはエラーを示しており、

  • 404エラーページ
  • HTTPステータスコード404

と呼ばれることもあります。

 

実はこのエラーの番号にはそれぞれ意味があり、

  • 100番台
  • 200番台
  • 300番台
  • 400番台
  • 500番台

とエラーコードは分けられています。

何番台かでエラー内容は大きく分けられています。

 

301リダイレクトという機能はご存知でしょうか?

実は、300番台のエラーはリダイレクトなどの移行処理を必要とする場合に発生します。

 

そして今回解決したいのが「エラーコード404」。

これは、「リクエストが正しく処理できないとき」に発生します。かなり発生条件が多いので、皆さんよく見かけるかと思います。

 

では、自身のサイトで404エラーが起こってしまった時はどのような原因が考えられるでしょうか?

今回はそれを解説していきたいと思います。

 

この記事を書いた人

ジョグ@札幌のWEBの人
札幌でメディアサイトを運営したり、ライターさんを育てたり。 5年前からWEB屋をやってます。
十数個のサイトを同時運営中。企業様のSEO,マーケティングコンサルもしてます。
/WEBデザイン/サイト制作/SEO,ブログコンサルタント/アフィリエイター/WEBライター 
Twitterのフォロワー数は1万人超。
Twitter     Twitter
InstagramInstagram

404エラーが起こる原因4つを紹介

404エラー 原因

一般的に404エラーが起こると言われているのは、サーバー側が受け取ったリクエストを処理できない状態にあるとき。

では、それは一体どんな時に発生するのでしょうか?解説します。

 

ページ自体が存在しない、削除されている場合

ページ自体が存在しなかったり、削除されてしまっている場合は404エラーが起きます。

存在しないページのHTMLを返すことは、サーバーには不可能ですので、当たり前ですね。

 

アドレスバーに入力したURLに間違いがあった場合

アドレスバーにURLを入力する時に、誰しも間違って入力してしまったことはあるかと思います。

その間違ったURLを入力して検索をかけた場合も、存在しないページをリクエストしているのと同じなので、404エラーを起こします。

 

クリックしたリンクが切れていた場合

これも↑の2パターンとほとんど同じですね。

コンテンツ中の外部リンク、内部リンクが切れていた場合には404エラーが起きます。

 

リダイレクト設定に不備があった場合

サイトをリニューアルしたり、ページのリライトなどを行った場合は301リダイレクトという機能を使うことによってSEO効果をほとんど引き継ぐことが出来ます。

301リダイレクトというのは、AのURLにアクセスがあった場合、BのURLにユーザーを自動誘導するという機能です。

うまく使いこなせば非常に素晴らしい機能ですが、この設定に不備があった場合も404エラーが起きます。

 

まとめ:404エラーの原因はページがないことにあるので、専用の404ページを作成してあげよう

404ページ 作成

どうでしたか?

昔から見ることのあった404エラーはそういう意味だったのか!と思う方もいらっしゃるかと思います。

 

僕は、PC作業にエラーは付き物だと思っています。

そのため、コンサルしている生徒さんにも言っていますが、まずはエラーコードでGoogle検索しましょう。

  1. 出てきたエラーコードを検索する
  2. 原因と対処法を調べる
  3. 対処する

この3つで完璧にエラーと戦えます。

ジョグ

パソコン系は疎いので…

と言っていては、それで成長は止まってしまいます。

 

今回の404エラーは、こちらで防ぐ対策はあまりありません。

そして、404エラーが起きることに関して検索順位に影響することもありません。

 

404エラーが起きた時は、「こんなコンテンツも、このサイトにはありますよ。」と明記してあげるのが大事です。

WordPressでは404エラーが起きた時の専用のエラーページ「404.php」が用意されているかと思いますので安心ですね。

 

今回の記事はこれにて終了となります。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事