stux / Pixabay
スポンサーリンク

 

SEO対策について学んでいる方が必ず目にする言葉である、外部対策。

SEO対策には内部対策と外部対策があり、現在は内部対策が非常になってくる…。

 

しかし、外部対策はなくてはならない施策です。

実際に、内部対策だけしていてもアクセスがどんどん増え続けるなんてことはありません。

 

外部対策も、同じようにしていかなければいけません。

 

僕達が作ったサイトや記事を、ランキング付けして検索結果に反映させているのはGoogleの人工知能です。

 

もしも、内部対策だけしていたらどうだろう?
「そのサイトの作りの良さ」しか、Googleから見た判断材料はないわけですね。

 

外部対策とは、簡単にいうと「被リンク」をもらうための施策。

他サイトからの、自サイトへの人気投票…という風に捉えてもらって構いません。

 

では、外部対策と内部対策を一緒にしたらどうなるだろうか?
サイトの作りの良さ」「周りからどう見られているのかがGoogleから見た判断材料になるわけです。

この、外部対策により得られる判断材料「周りからどう見られているのか」は非常に大事になってきます。

何故かと言うと、Googleは「WEB上の民主主義は実現する」と公言しているからですね。

 

 

内部リンクをしっかりと行っているサイトであれば、外部対策をしっかりと行うことで、検索順位は圏外→トップ10入りにすることも可能です。

今回はそのような、貴方のサイトの検索順位を確実に上げていくための外部対策の知識とノウハウをこの記事では教えていきます。

 

外部対策とは?基礎を理解しておこう。

SEO 外部対策 基礎

 

冒頭でも少し言いましたが、外部対策についての基礎知識を理解しておきましょう。

 

外部対策=質の高い被リンクを数多くもらうための対策

この認識でまずは間違いありません。

 

そしてその外部対策はなぜ行うのかと言いますと、「サイト自体の検索順位を上げて収益を上げること」が目的です。

 

サイト自体の検索順位を上げるためには、Googleから高い評価を得ることが必要不可欠。

 

内部対策と外部対策の役割としては、

  • 内部対策→Googleクローラーを回遊させるサイト作り
  • 外部対策→Googleクローラーへサイトの存在を知らせる

 

このような役割分担があります。

 

外部対策で他サイトから自サイトへ、Googleクローラーを呼び寄せる。

内部対策でGoogleクローラーが回遊しやすく、評価が高くなるようなサイト作りを行う。

 

このように、全く別物と思うような2つのSEO対策ですが、2つで1つ、表裏一体ということが理解できるかと思います。

 

外部対策という人気投票を得るための施策で順位を上げに行く

SEO 外部対策 人気投票

しかし、思いませんでしょうか?

外部対策しなくても、内部対策さえしていれば、サイトの評価はどんどん上がっていくから問題ないのでは…?と。

 

実はそうでもありません。

Googleが掲げる10の真実にも書かれていますが、Googleは「WEB上の民主主義は実現する」と公言しています。

このことから、何がわかるかというと、

 

「どんなに良いサイトを作っても、ユーザーから評価を受けていなければコンテンツとしての価値は低い」

 

このような判断を下していることが分かるかと思います。

 

被リンク時代とブラックハットSEO

下のグラフを見てみてください。

被リンク 70%
内部コンテンツ 30%

 

2017年までの、Googleがサイトを評価する比重をグラフで示しました。

 

2017年までは、外部対策によりサイト順位が決定するような仕組みでした。

わかりやすく言えば、「被リンクを多くもらっているサイトが良いサイトである。」というような判断基準でした。

 

そこを上手くつき、被リンクを人為的に発生させて検索順位を強制的に上げるブラックハットSEOと言われるものが蔓延しました。

 

自作自演の被リンクで上位表示が可能になれば、ユーザーが本当に求めている情報が得られない検索エンジンになる。

この事を危惧したGoogleは、検索アルゴリズムを変更しました。

 

 

スポンサーリンク

外部対策が必要である本当の理由、2019年のSEO

2019年 SEO 外部対策

 

では、現在はどうなのでしょうか?

下にグラフで表してみました。

被リンク 40%
内部コンテンツ 60%

 

2018年からは、コンテンツ重視のサイト判断基準となっています。

検索エンジンの人工知能の発達により、自作自演の被リンクは全て見抜かれ、そしてサイト自体の有益性を重視するようになりました。

 

しかし、判断材料全てがサイト内部だけ…ということではないことが分かるかと思います。

 

そのサイトだけを見ても、Googleは以下のことしか分かりません。

 

  • コンテンツが充実しているか
  • サイトデザインは洗練されているか
  • 関連するキーワードをどれだけ使っているか

 

 

これらの判断材料で、検索順位を全て決定していては、WEB上の民主主義は実現しませんよね。

「Googleが良いと判断したものしか表示されない検索エンジン」

となってしまいます。

 

「他サイトからはどういった評価を受けているのか」

これは立派な判断材料となり、他サイトから高い評価を得ていれば”Googleはサイト評価を高くせざるを得ない”ということが分かるかと思います。

 

Googleは何故そこまでユーザーに拘るのか

サイトの価値というのは、Googleが独断で決めるものではなく、ユーザーが決めるものです。

 

「検索結果」はGoogleが世に出している”商品”です。

 

その商品は、ユーザーニーズにマッチしたものでなくてはなりません。

「ユーザーが求めている答え」をすぐに提供できない検索エンジンになっては、誰も利用しなくなり、Googleの利益は無くなっていきます。

 

Googleの利益は、企業からの広告費です。

世界中の皆が利用する検索エンジンだからこそ、企業が広告を出したいと思うのです。

 

これにより、内部対策の重要性が高まった今でも、外部対策により得た「被リンク」という人気投票は、検索順位を決めるための重要な要素であると断言できます。

 

外部対策でどんな被リンクを貰えば良いのか

SEO 外部対策 被リンク

 

質の高い被リンクの数を多くする。

言うのは簡単ですが、初心者からすれば「質の高い被リンク」の意味が分からないかと思います。

 

この「質の良い被リンク」を定義付けると、以下のようになります。

 

  • 自然に発生した被リンク
  • 関連する内容のサイトからの被リンク
  • コンテンツが良質なサイトからの被リンク

 

この3つの定義をまとめると、「Googleから高い評価を受け、関連する内容を記述しているサイトからの被リンク」が質の良い被リンクということが出来ます。

 

この質の良い被リンクをGETするための外部対策をこの記事では教えていきますが、その前に、「質の悪い被リンク」とは何かも学んでおく必要があります。

 

ペナルティを受けるような被リンクの特徴とは

被リンクはGoogleにサイトの存在を知らせ、検索順位を上げるために必要なものです。

しかし、質の悪い被リンクばかり獲得していると、逆にサイトの評価を下げ、ペナルティを食らう危険性すらあります。

 

以下が、そのような質の悪い被リンクの特徴です。

 

  • リンク集サイトからの被リンク
  • コピーコンテンツサイトからの被リンク

 

この2つのサイトから被リンクを貰うような外部対策は、逆にサイトの検索順位を落とすことになります。

 

リンク集サイトというのは、2017年以降はどんどん減っていきましたが、まだ探せばいくらでもあります。

コピーコンテンツサイトは、複数のサイトの文章をコピーして組み合わせただけのサイトのことを示します。

 

そのようなサイトから被リンクを受けても、全くプラスには働きません。

100の質の悪い被リンクよりも、1つの質の良い被リンクを獲得することを目指しましょう。

 

SEO外部対策の具体的な方法を解説

SEO 外部対策 方法

 

ではここまで基礎を学んだところで、SEO対策の”外部対策”の具体的な手法を解説したいと思います。

実際にコチラ側が出来る外部対策は4つあり、

 

  1. SNS運用による拡散
  2. トレンド記事の作成
  3. ツール型サイトの作成
  4. サテライトサイト運営

 

この4つになります。

どれも聞いたことあるようなものですね。

しかし、具体的に方法を記載されている記事は少ないと思いますので、この記事では詳しく解説していきたいと思います。

 

SNS運用による外部対策の方法

SEO SNS 外部対策

SNS等での反応はあまりSEO効果は見込めないと言われていましたが、現在は違います。

下記の記事で詳しく解説していますが、SNSでの反応もしっかりとGoogleは見ています。

 

 

 

  • Twitterであれば、イイネやリツイート。
  • Instagramであれば、イイネ。
  • Facebookであればシェアやイイネ。

 

 

これらの反応を貰うために、SNSを運用していくこと。

これが外部対策の第一歩となります。

 

一見、簡単そうに見えるSNSでの外部対策ですが、実はただ運用しても反応は得られるものではありません。

ただSNSで記事を投稿していても、「イイネ」や「リツイート」といった反応は貰えないんです。

 

SNSを上手く活用するには、「ブランディング」が非常に重要になってきます。

ブランディング込みのSNSでの外部対策方法としては、以下の手順で行うと良いでしょう。

 

  1. SNSアカウントを立ち上げる
  2. 有益な発信を継続して行う
  3. フォロー等で発信力を強化していく
  4. 頃合いを見て記事情報を発信する

 

TwitterというSNSを運用するという前提で、詳しく説明していきます。

 

SNSアカウントを立ち上げる

アカウントを作らなければ、何も始まりません。

作成したブログやホームページと関連性のある名前でも良いですし、個人名(ニックネーム)でも構いません。

ブランディング化ということを視野に入れると、以下のことに気を付ける必要があります。

 

  • プロフィール文には「何についてツイートするのか」を明記する
  • アイコン画像は分かりやすく、そして目に留まりやすいコントラストの強いものを使用
  • プロフィールのURL欄にはまだブログやホームページのアドレスは載せない

 

最低限でもこれらのことは守っていきましょう。

 

何についてツイートしていくのかを明記しておけば、それについて気になっている人がフォローしてくれる可能性があります。

アイコン画像はイラスト等で大丈夫ですが、目に留まりやすい派手目の色を使用しましょう。(黄色+黒など)

 

プロフィールのURL欄にいきなりアドレスを設定するのはあまりオススメできません。

ただの誘導アカウントだと思われる可能性があるのでやめましょう。タイミングが重要です。

 

有益な発信を継続して行う

自分が作成したブログやホームページに関連のある、有益な発信を継続して行います。

有益な発信というのは、記事と同じく、「ユーザーの悩みを解決する」内容になります。

 

例)健康ジャンルのホームページを作成しSNSでブランディングする場合

【40歳から健康維持するために習慣づけたいこと】

〇青汁を毎日飲む
〇朝のウォーキング
〇天然水を飲む

 

↑のように、1ツイートで1つの悩みを解決する内容が良いでしょう。

箇条書きであれば、フォロワーも読みやすいので反応を貰いたいです。

 

まずはこういった発信を継続して行うことが大事です。

 

フォロー等で発信力を強化していく

有益な内容を発信していけば、おのずとフォロワーは増えていきます。

しかし、自然にフォロワーが増えるのをただ待つだけでは時間がかかりすぎます。

 

そこで、自分からフォロー等をして発信範囲を拡大していくことが必要になってきます。

 

Twitterであれば、1日にフォローできる人数は400人と決まっています。

 

フォロー数が、”フォロワー数”を大幅に上回りますが、目的はただの外部対策です。

どんどんフォローして発信力を高めていきましょう。

 

頃合いを見て記事情報を発信していく

フォロワー数も増え、”イイネ”等の反応が貰えるようになったら、記事をSNSへアップロードしていきましょう。

元々有益なツイートをしていれば、フォロワーは全く疑いもせずに記事へアクセスしてくれます。

 

いきなり記事情報をツイートしたりするのではなく、まずは有益な発信を継続して行うことが大事です。

 

 

トレンド記事を書いてみる

トレンド記事 外部対策

トレンド記事を書くのも非常に有効な手段です。

トレンド記事とは、世の中で話題になっている情報をまとめた記事ですね。

 

まだ誰も書いていないような記事を書くことで、多大なアクセスを生み出すことができます。

 

比較的、ブログ初心者でも”情報さえ”追っていればアクセスを取れるので、「トレンドサイトはおすすめだよ」なんて言われたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

しかし、当サイトCatch!Engineではそのように日々情報を追ってトレンド記事を書く「トレンドサイト」というものはおすすめしていません。

 

更新を止めたらアクセスがパタリと止まる。そのような現象が起こってしまうからですね。

止まることを許されないレースに参加するようなものです。

 

特化型ブログサイトには武器になるトレンド

しかし、ある程度ジャンルを特化していて記事数が整ってきたブログサイトには、「トレンド記事」は武器になります。

定期的にそのジャンルに関係するトレンド記事を書くことで、一時的にアクセスを集めることができるからですね。

 

一時的にアクセスを集めることのメリットは以下の通りです。

  • SNS拡散や他サイトでの紹介(被リンク)の獲得
  • 新規ユーザーの獲得

 

 

例えば、化粧品について扱っているブログサイトを運営していたとしましょう。

 

ある程度コンテンツが揃ってきた段階で、

今不倫で話題の◯◯を調査してみたらこの化粧水を使っていた!

 

等のトレンド記事を書くことで、

「トレンドに興味があり、なおかつ化粧品に興味のあるユーザー」

を獲得することができます。

 

トレンド記事というのは、”特化されたブログサイト”に定期的に投入することにより、新規ユーザーと被リンクを獲得できる強力な武器になります。

 

ツール型コンテンツを作成する

外部対策 コンテンツ 被リンク

子供の頃、よく遊ぶゲームの攻略サイトをブックマークした覚えはありませんか?

そして、ゲームで遊ぶたびにそのサイトを開いて閲覧してはいませんでしたか?

 

何か目的を達成しようとした時、繰り返し開いて使えるページ

のことをツール型コンテンツと呼ぶことができます。

 

例で言うならば…

  • ゲームの攻略情報をまとめたサイト
  • 投資の専門用語をまとめたサイト
  • 魚釣りのやり方を釣りたい魚別にまとめたサイト

 

などがそうです。

 

複数の固定ページを作成し、カテゴリーごとにまとめてあげるだけで簡単に作成することができますね。

以下の図を見てみてください。

SEO 外部対策 ツール

 

このように、特別なプログラムを組まなくても「内部リンク」の使い方1つで、1つの便利なコンテンツが完成します。

 

このようなツール型コンテンツを作るメリットは、

 

  • ブックマークを獲得できる
  • ユーザーのコミュニケーション内で宣伝される
  • 他のまとめサイトからの被リンクを獲得できる

 

こういった点ですね。

一旦ツール型コンテンツを作成し、自身のブログサイトに設置するだけでブックマークされる確率は段違いに上がります。

 

時間と労力は消費しますが、一度挑戦してほしい対策です。

 

サテライトサイトの運営を使った外部対策

サテライトサイト 被リンク

このサテライトサイトを使った外部対策ですが、以前のブラックハットSEOでも使用されていました。

ブラックハットSEOは、内容の薄いペラペラのサテライトサイトを無数に作成し、メインサイトに被リンクを送るという手法です。

ここで紹介する方法は少し違います。

 

人為的に被リンクを送ることには変わりありませんが、ブラックハットSEOと違うのは「質の高いサテライトサイトを数個作成する」という点です。

つまり、Googleから高い評価を受けられるようなサテライトサイトを作成して、そこからメインサイトに被リンクを送るということです。

 

サテライトサイトを作成する手順は、違うIPアドレスでサイトを立ち上げるだけなので、簡単かと思います。

サイト作成は別に重要でも何でもなく、大事なのは戦略です。

 

サテライトサイトを使って外部対策する時は、「ターゲットを少しずつズラす」ことが大事になってきます。

詳しく説明します。

 

サテライトサイトで同じターゲットは狙わない

ブログやサイトで情報を発信するには、「ターゲット」を設定しているかと思います。

被リンクを送信するためのサテライトサイト(副サイト)が、メインサイト(主サイト)と同じターゲットを顧客にしてしまっては、結果的に見込み客数は分散されてしまいます。

 

例えば、セブンイレブンとローソンが隣り合わせで営業していては、それぞれの客数が少なくなってしまいますね。

 

これを、「セブンイレブン」と「高級料理店」を隣り合わせにすれば、話は変わりますよね。

 

 

  • 早く安く食事を済ませたい人
  • 高くてもいいからじっくり味わって食べたい人

これらのターゲット層を、それぞれ獲得できるかと思います。

 

ブログサイトでも同じです。

化粧品関係での外部対策
メインサイト:化粧品選びに困っている20代前半の女性がターゲット
サテライトサイト:お化粧に挑戦しようとして困っている女子高生がターゲット

 

このようにターゲットを「ズラす」ことを覚えておきましょう。

基本的にはサテライトサイトも、メインサイトと同じです。

ターゲットが満足する有益なコンテンツで満たせば、お互いに質の良い被リンクを送りあえます。

 

まとめ

SEO 外部対策 方法

 

それでは、SEO外部対策についてまとめていきます。

 

  • 現在も被リンクによる検索順位の向上を十分見込める。
  • ペラサイト等の質の悪いサイトからの被リンクは検索順位を落とす。
  • SNSやトレンド記事、ツール型コンテンツを作成することで自然な被リンクを獲得できる。
  • サテライトサイトはターゲットをずらして運営すること。

 

以上です。

外部対策というのは被リンクを獲得するための対策です。

「SNSでの拡散」や「トレンド記事」を利用することで、意外と簡単に自然な被リンクは獲得できます。

 

是非試してみてはいかがでしょうか?

内部対策も気になったという方は、下記の記事をご覧ください(^▽^)/

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事