Mediamodifier / Pixabay
スポンサーリンク

 

ホワイトハットSEOという言葉は、聞いたことはありますか?

 

ないという方も、ブラックSEOという単語は聞いたことがあると思います。

ブラックSEOとは、ブラックハットSEOのことを示し、Googleを欺いて外部対策などで意図的に上位表示を狙うことを言います。

 

このブラックハットSEOですが、2017年のGoogle検索アルゴリズムのアップデートにより、あまり効果が出なくなりました。

被リンクという人気投票システムにおいて反則的な手段をとる人が多くなってきたため、コンテンツ重視で検索順位を決めるアルゴリズムへ変更されたというわけです。

 

現在もブラックハットSEOが通用するキーワードなどは探せばありますが、その探す手間を考えるととても気の遠くなる作業です。

 

対してホワイトハットSEOとは何なのか?

それはブラックハットSEOとは反対的に、Googleのアルゴリズムに忠実なサイトを作成して検索上位を狙う手法になります。

 

ジョグ
今回はそのホワイトハットSEOの戦略を、初心者でも回しやすいようにPDCA形式にして紹介していきたいと思います。

 

ホワイトハットSEOを使えば収益がなくなる心配が減る

ホワイトハット SEO

まずはホワイトハットSEOの利点から話していきたいと思います。

ホワイトハットSEOにて上位表示を獲得すれば、いきなりGoogleのアップデートが入っても順位が急落するようなことはなくなります。

(厳密にいうと、順位が急落する可能性が格段に減ります。)

 

Googleが求めるサイトというのは、ユーザーが求めるサイトとイコールの関係にあります。

 

どれだけユーザーファーストのサイトを作成できるか。

ユーザーの悩みを解決できるコンテンツを作成するか。

 

それを突き詰めていったサイトの順位を急落させることは、Googleのビジネスとは背いています。

 

対してブラックハットSEOで上位表示されたサイトが、低品質なコンテンツであった場合。

この場合は、ユーザーの悩みを解決できない低品質なコンテンツを上位表示させる検索エンジンというレッテルは貼られてしまうので、見つかり次第順位は下げられます。

 

ブラックハットSEOは、お金をつぎ込めばかなり早い段階で検索上位を獲得することが出来ます。

しかし、ペナルティを受けて検索順位が急落すれば、収益は見込めないでしょう。

 

対してホワイトハットSEOは、お金をあまり必要としませんが時間はかかります。

しかし、ゆっくりと確実に検索上位を獲得することが出来るので、収益は右肩上がりの安定したサイトを運営することが出来ます。

 

ホワイトハットSEOで上位表示を狙うPDCA戦略とは

ホワイトハットSEO PDCA

ではさっそく、ホワイトハットSEOで上位表示を狙うためのPDCA戦略を紹介していきます。

これは実際にSEO対策コンサルタントである僕が企業様をコンサルする際に提示しているPDCAプランを簡略化したものになります。

 

ジョグ
初心者の方にもわかるように書いていきますので、参考にしていただければ幸いです。

 

P・コンセプト設計やキーワードのプランニング

  • 上位表示を獲得したいサイトのコンセプトに独創性があるのか?
  • どのキーワードの組み合わせで上位表示したいのか?

 

ホワイトハットSEOで伸ばしていきたいサイトを見ながら、そのような疑問、課題を解決していきます。

主に、コンセプトを設計して、そのコンセプトに合ったキーワードをプランニングしていきます。

この時のキーワードプランニングに関しましては、下記の記事が非常に参考になると思います。

 

D・コンテンツを生産していき内部対策を施す

作成したキーワードプランニングに沿って、コンテンツを作成して追加していきます。

この時作成するコンテンツで気を付けるべきことは、

  • キーワードの重複がないか
  • 見出し等にはしっかりとキーワードを入れているか

 

等です。

コンテンツを追加する作業と同時に、内部対策も軽く施していきます。

この時にガッツリと内部対策はしません。

それは何故かというと、内部対策はGoogleからの評価を上げるため、サイト内をGoogleクローラーに回遊してもらうためであるからです。

一度コンテンツを追加し、GoogleアナリティクスやGoogleSearchConsoleにてデータが取れるのを待ちます。

下記にはコンテンツ作成に役立つ関連記事を貼っておきます。

 

C・アクセス解析ツールでの効果分析と改善案の作成

あらかたコンテンツを追加したら、次はアクセス解析ツールで効果分析します。

主にGoogleアナリティクスとGoogleSearchConsoleでの分析となります。

  • どの記事が読まれているのか?
  • どの記事で離脱しているのか?
  • 検索順位は現在何位なのか?

 

アクセス解析ツールを使えば、そのサイトの現状のほとんどを観測できます。

その効果分析の結果から、リライトするコンテンツや追加するコンテンツ、新たに施す内部対策などの改善案を抽出します。

このPDCA戦略では、このチェック段階がもっとも重要です。

 

A・改善案の実行

チェック段階でまとめた改善案を実行していきます。

ここで改善案の実行が完了したら、またプラン段階に戻り、キーワードプランニングを施します。

 

キーワードプランニングは、1回目より2回目の方が細かく、2回目より3回目の方が細かく、ユーザーニーズに合わせて細分化していくのが基本です。

 

ジョグ
以上が、ホワイトハットSEOで上位表示を狙うために覚えておくべきPDCA戦略になります。

 

スポンサーリンク

まとめ:PDCAサイクルは愚直に継続することがカギとなります。

SEO対策 ホワイト

PDCA戦略は、一定期間でサイクルを回していくからこそ価値が生まれます。

一回PDCAをやってみたから成果が出る…ということはあり得ません。

 

継続は力なりです。

 

  1. キーワードプランニング
  2. コンテンツ生産、追加
  3. アクセス解析で効果分析
  4. 改善案の実行

 

このPDCA戦略はサイト運営の基本中の基本です。

初心者でも回すことのできる戦略だと思います。

 

 

ジョグ

もしも分からない点や相談してほしい点がございましたら、気軽にお問い合わせください。

無料相談も受け付けておりますので、全力で相談に乗らせていただきます。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事