geralt / Pixabay
スポンサーリンク

Googleレンズというものをご存知でしょうか?

Googleレンズは、カメラで写したものを認識し、それに関連する情報を表示する機能です。 ランドマークであればその情報、メガネや服などのファッションアイテムであれば類似製品の購入情報を表示。 ほかにも動植物を特定したり、文字を認識してテキストとして取り込むなども可能です。

Googleレンズとは、自分が持っているスマホ端末のカメラで気になるものを映し出すと、それに関しての情報を取得することが出来るというものです。


  • 気になる商品の情報を知りたい
  • 偶然見かけた動植物の種類を知りたい
  • 憧れのあの人が付けているアクセサリーを知りたい

このような、ユーザーによる検索意欲が生まれる瞬間(マイクロモーメント)をターゲットにしているサービスです。

 

このGoogleレンズですが、公開当初は認識できる製品数が2.5億ほどしかありませんでした。

ですが、最近は10億を突破しているとの情報が手に入りましたので、ここで情報をシェアさせていただきます。

 

参照Googleレンズが認識する製品の数が10億以上に増加。GoogleレンズのSEOは可能なのか?

参照The era of the camera: Google Lens, one year in

 

Googleレンズの認識製品数が10億を突破したことによる今後の動向

Googleレンズ 認識 10億

今後、Googleレンズの成長により下記のようなことが考えられそうです。

僕個人の見解になりますので、それはご了承ください。

  • YouTubeでのGoogleレンズサービス使用により、YouTuberがアップロードした動画からモノが購入できるようになる
  • Tik Tokなどの動画配信アプリやInstagramとの提携により、画像からモノが購入できる(現在も可能)
  • キーワードでの画像検索SEO対策が生み出される

以上のようなことが起こるのかなと僕は思っています。

 

GoogleレンズへのSEO対策はどのようにしていけばいいのか?

Googleレンズ SEO対策

高画質画像がより求められるようになってきますが、下記のようなSEO対策が必要だと思われます。

  • 画像自体の代替テキストをしっかりと設定する
  • 商品画像は輪郭や商品名が分かるように、鮮明なものを選ぶ
  • 高画質かつサイズが小さな画像が求められるので、画像圧縮プラグインの強化
  • 構造化データのマークアップにより、検索エンジンに「画像」と正しく認識させる

以上のSEO対策が必要になってくるかと思われます。

 

画像自体の代替テキストをしっかりと設定する

画像を挿入する際は、代替テキストを設定しましょう。

WordPressであれば、画像を挿入した後でも、画像をクリックして編集マーク→代替テキストを設定できます。

 

商品画像はより鮮明で認識しやすいように

商品画像に関しましては、しっかりと鮮明な画像を選ぶことが大事になってきます。

Googleレンズにより検出されるようになると、その画像から自分のサイトへユーザーが流入することが多くなることが予想されます。

 

高画質でサイズが少ない画像を実現する

画像圧縮プラグインは、Ewww image optimizerを推奨しています。

使い方は下記の記事にて解説している項目がありますので、そちらをご覧ください。

 

構造化マークアップにてしっかりとGoogleにアピール

構造化データマークアップに関しましては、初心者には少しハードルが高いかと思います。

しかし、Googleが提供している「データハイライター」というツールを使えば初心者でも直感的に構造化データのマークアップをすることが出来ます。

下記の記事で詳しく解説していますので、参考にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ:Googleレンズの急成長はこれからのメディアの価値を高めていく

Googleレンズ 急成長

Googleレンズが成長していくと、スマホに写し出されたすべてのものが購入可能になってくるかと思います。

人工知能の成長は恐ろしいなと実感しますが、新しいビジネスチャンスを無駄にしないために、こういった最新情報は常に取り入れておきましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事