Googleのアップデートに被弾した場合はどうすれば良いのか?
PhotoMIX-Company / Pixabay
スポンサーリンク

 

今回は、ちょっとタイムリーなGoogleアップデートに被弾した時の対処法について。

基本的なことが多いですが、これは知っておいて損はないでしょう。

この記事を書いた人

ジョグ@札幌のWEBの人
札幌でメディアサイトを運営したり、ライターさんを育てたり。 5年前からWEB屋をやってます。
十数個のサイトを同時運営中。企業様のSEO,マーケティングコンサルもしてます。
/WEBデザイン/サイト制作/SEO,ブログコンサルタント/アフィリエイター/WEBライター 
Twitterのフォロワー数は1万人超。
Twitter     Twitter
InstagramInstagram

↓YouTubeで動画配信中(クリックしてチェック!)↓
ジョグチャンネル YouTube

Googleアップデートでアクセスが激減したら、まずはGoogleSearchConsoleをチェック

基本的なことですが、まずはGoogleSearchConsoleをチェックしましょう。

  • カバレッジでエラーがないか
  • 怪しい被リンクは貰っていないか

これは勿論ですが、どの記事の検索順位が落ちたのかもしっかりとチェックするようにしましょう。

検索パフォーマンスでキーワードごとの順位をチェックすれば、だいたいアップデートの時に上がったか下がったか分かります。

 

Googleアップデートで順位が下がってしまったのは何故なのか

よく相談内容としてあるのが、ここからですね。

順位がガクンと下がってしまったということは、何か決定的なラインを越えてしまったということ。

そのラインを見極めなければいけません。

  • YMYL関連で信頼性のない情報を流していた
  • 化粧品や医療食品などで薬機法に触れる記述があった

ここら辺は、特に注意です。

信頼性のない情報…とありますが、厳しいことを言うと「本当の情報」でも、信頼できる情報源が分からなければ「信用の無い情報」扱いとなります。

あとは、プロフィール情報や、記事を書いた本人情報がないのもNGです。

これはアノニマスサイトという扱いになり、検索順位で上位に来る可能性は「本人情報がないだけで下がっていく」ということを覚えておいてください。

 

スポンサーリンク

これからどうすれば良いんですか…

はい、正直に申し上げます。

検索順位が下がった記事は、少し直して元の順位に戻らなければ、回復する見込みは薄いと考えて良いです。

じゃあもう捨てるしかないのか?

いいえ、記事の内容をガラリと書き換えて、「新記事」としてリリースしましょう。

(内部リンク先や外部リンク先も、変えた方が良い)

それでも一向に上がらない…ならば、ドメインを変えていくしかないです。

それだけ、Googleから見放されてしまうと大変なんです。

諦めずに記事を積む上げていく方法も、ありです。

全然ありですが、かなり長い道のりになると考えて良いでしょう。

まとめ

みんなはどうだった???

僕は今のところ、無傷です^^

投資家のウォーレンバフェットも言ってましたが、一番大事なのは、最悪の事態を避けること。

ドカンとアクセスがくるサイトも良いですが、細く長く生き続ければ、それだけトータルで得られる恩恵は大きくなります。

最悪のミスだけしないように、E-A-Tを意識したサイト作りを心がけていきましょう…!

↓YouTubeで動画配信中(クリックしてチェック!)↓
ジョグチャンネル YouTube

スポンサーリンク
おすすめの記事