ツールに頼らないとキーワード探せない人にはなってほしくないんです
742680 / Pixabay
スポンサーリンク

 

今日はちょっと、SEOちっくな話をします。

 

SEOで超重要と言われている「キーワード」がありますよね。

事実、本当に重要なんですけども。

 

皆さんは、キーワードを選ぶときに、ツール主体で考えてますか?

それとも、自分の思考主体で考えてますか???

 

僕は、コンサル生徒さんが複数いらっしゃいますが、コンサルでは最初、キーワードについて一切教えないんです。

つまり、最初はツールの使い方なんて一切教えない。

 

理由は、ただ1つ。

 

ツールに頼らないとキーワードを考えられない人になってほしくないから。

 

ちょっとだけ解説していきますね。

 

 

この記事を書いた人

ジョグ@札幌のWEBの人
札幌でメディアサイトを運営したり、ライターさんを育てたり。 5年前からWEB屋をやってます。
十数個のサイトを同時運営中。企業様のSEO,マーケティングコンサルもしてます。
/WEBデザイン/サイト制作/SEO,ブログコンサルタント/アフィリエイター/WEBライター 
Twitterのフォロワー数は1万人超。
Twitter     Twitter
InstagramInstagram

ツールを使って分析するのは大事だけど、基本的には”受け身”な分析しかできない

ツールを使って、数字を見て分析する力は、必要です。

 

でも、ツールで手に入る数字って、言ってしまえば過去のモノであって。

Googleのアップデートがあれば、ガラリと数値が変わったりするんですよね。

 

そして結局のところ、Googleは誰に最適化してアップデートを行っているかというと、検索ユーザー。

 

僕たちはツールを使ってGoogleに最適化している。

だけどその頃、Googleは検索ユーザーに合わせてシステムを最適化している。

っていう話なんです。

 

少し受け身というか、これじゃあいつまで経ってもGoogle先生に振り回されっぱなしですよね。

 

分析は上手くなるけど、それはユーザーの分析じゃなくて「Googleの分析」になってしまう。

 

一次的に検索では上にいけるかもですが、これでは…ねぇ。

 

本当にブルーオーシャンなキーワードは、ツールでは見つけられない

そしてもう1つ、本当にブルーオーシャンなキーワードは、ツールでは出てこないんですよね。

 

まだまだ、ツールに出てこないお宝キーワードは沢山あると思うんです。

 

それらは自分の思考主体で考えた時に見つけられたり、GoogleSearchConsoleで偶然見つけたり。

 

ツールだけを頼りにキーワードを探していては、いつまで経っても見つけられないものばかりなんですよね。

 

 

スポンサーリンク

相手に寄り添ってキーワードを考えられるから、応用が利くし、どこでも稼げる

思考主体で、ユーザーに寄り添ってキーワードを考えられるようになったら…どうなるのか。

 

皆さんが好きそうな、いつでもどこでも稼げるノマドワーカーになれますね。

 

だって、別にハイスペックPCが無くてもキーワード考えられるんですもの。

スマホ一台でライター業だって出来ますよ。

 

して、ユーザーのことを考えてキーワードを考えられるということは、ターゲット像をハッキリとイメージできているということ。

 

これは経験則なのですが、そういった人はWEBマーケティングも上手です。

 

「ここに入ったユーザーは、この分野に興味があるからこのタイミングで内部リンクを…」

「この言葉を入れることで、先にある〇〇を暗示させて、ここでキラーページに誘導しましょう」

 

こういった対策が自分で考えられるようになります。

 

そして、これにプラスして「ツールでの分析」も行えるようになったら…。

 

もう企業にコンサルできるレベルだと思いますよ(笑)!

 

まとめ

 

キーワードプランナーの使い方教えてください!

ジョグさんは、どんなツール使ってキーワード探してるんですか??

 

こんな質問が、後を絶ちません。

 

ライターさんとかには教えてますが、僕もツールは使います。

でも、頼らないんですよね。 まずは自分の思考や感性を信じてみる。

 

外れたら、ツールを使って検討すればいいんです。

 

皆さんも、思考主体のキーワード選定、やってみてはいかがですか^^?

スポンサーリンク
おすすめの記事