質問:キーワード選定の次にするべきSEO対策は何をしたら良いのか?
dference / Pixabay
スポンサーリンク

キーワード選定ができたら、次に気をつけるのは何でしょうか?そのワードの記事内容を充実させるとして、他の記事やその他、順位を上げるためにした方がいいとこ教えてください。

こんな質問が来ました。

これについて僕はこんな回答をしたわけですね。

ジョグ
そのキーワードで上位表示してるライバルサイトのリサーチかな。 どの程度の情報があって、文字数はどれくらい? もしかしたら文字数少なくしてそれ以上の情報を盛り込めるかもしれない。 自分の記事にだけ出せるオリジナリティも何かを考えなくちゃいけない。 上位表示させたい記事があるから、内部リンクを確認して。 Googleは『少ないクリック数で辿り着けるコンテンツ』を重要コンテンツとして認識する傾向があるからね。 よくクリックされるところに上位表示させたい記事の内部リンクを設置したりしよう。 僕のサイトにも書いてるけど、被リンクがWEB上の人気投票なら。内部リンクはサイト内の人気投票だよ。

この回答についてもう少し詳細に話していくよ。

 

この記事を書いた人

ジョグ@札幌のWEBの人
札幌でメディアサイトを運営したり、ライターさんを育てたり。 5年前からWEB屋をやってます。
十数個のサイトを同時運営中。企業様のSEO,マーケティングコンサルもしてます。
/WEBデザイン/サイト制作/SEO,ブログコンサルタント/アフィリエイター/WEBライター 
Twitterのフォロワー数は1万人超。
Twitter     Twitter
InstagramInstagram

↓YouTubeで動画配信中(クリックしてチェック!)↓
ジョグチャンネル YouTube

ライバルサイトのリサーチについて

ライバルサイト 調査

キーワード選定を終えたという質問者、おめでとう。

でも、それからがまた勝負だよ。

 

キーワードが決まれば、次にライバルサイトのリサーチをしよう。

そのキーワードで上位表示しているライバルサイトを見つけたら、以下の点を見てみよう。

 

  • 情報の網羅性はどの程度のものか
  • 文字数は無駄に多く使っていないか
  • わかりにくい文章や言い回しはないか
  • 内部リンクはクリックしたくなるか
  • 内部リンク先のコンテンツの質はどうか
  • 外部リンクで使っているサイトの信頼性はどうか

 

これらをしっかりと観察しよう。

ここで大事なのが、必ずしも「テキスト量が多いことが情報量の多さを示しているわけではない。」ということ。

もしも相手が伝えている情報を、相手よりも少ない文字数でスパッと伝えられるなら、勝率あります。

 

その他の詳しいことについては下記の記事を見てくれるとわかるかと思います。

 

オリジナリティをいかに出せるか?

SEO対策 オリジナリティ

Googleは独自性を求めています。

  • どれだけ他のサイトとは違う記事がかけるのか?
  • そしてなおかつ有益な内容をユーザーに伝えられるか?

が鍵となります。

Googleが求めているコンテンツとは、「ユーザーの悩みを解決してくれるコンテンツ」です。

そしてそのユーザーの悩みというのは多種多様で、様々な意見を求めて検索する人が多いですよね。

  • あーこんな意見もあるんだ。
  • そうか、こう考えればいいんだ。

こんなユーザーニーズを満たすため、Googleは常に違う見解、その人オリジナルの有益だといえる内容を求めています。

 

あなたの経歴の中で、その意見に影響を与えていることはありませんか?

ジョグ
私は以前、このような経験をしました、その経験から言わせてもらいますと、その疑問にはこんな解決方法があります。

このようなコンテンツでも、十分戦えます。

 

スポンサーリンク

内部リンクの最適化について

内部リンク 最適化

内部リンクはただ貼ればいいというわけではありません。

クリックされない内部リンクはただの置物です。

  • 相手の興味をそそるタイトルの記事を
  • 相手がクリックしやすい位置に
  • 重要コンテンツを優先して内部リンクに貼る

このようなことを徹底しましょう。

内部リンクにおいて重要コンテンツを上位表示させることは可能であり、下記の記事を見ていただければ詳しくわかるかと思います。

 

まとめ:SEO対策して検索順位1位を獲得するということは、誰かを蹴落とすということ。

SEO対策 検索順位

検索順位内での戦いは、ゼロサム・ゲームです。

1位には1サイトしかなれません。

相手に勝つためには、まずは相手の情報を抑えること。

これはどのゲームでも同じだと思います。

 

ジョグ
それをしっかりわかっているかいないかで、今後のブログの伸びが違ってくると思いますよ(^o^)

↓YouTubeで動画配信中(クリックしてチェック!)↓
ジョグチャンネル YouTube

スポンサーリンク
おすすめの記事