札幌から函館までレンタカーで一泊二日!インスタ映え温泉旅行してみた。
スポンサーリンク

 

こんにちは、ジョグです。

皆さん、函館には行ったことありますか?

もしくは…これから行こうか考えていませんか?

 

  • 札幌から函館にレンタカーで旅行しようと思っている人
  • 函館でインスタ映えする旅行を楽しみたい人
  • 安く、そして楽しく、1泊2日で函館旅行したい人

 

そんな人は、この記事を読むだけで…

 

  • 札幌から函館までのレンタカーを使った旅行の予算が立てられる
  • 函館でインスタ映えする観光スポットを知ることが出来る

 

こんな風になります。(笑)

今回の記事は、「旅行記事」です。

 

3月の中盤に、札幌から函館へ1泊2日旅行をしました。その時の実際の写真などを織り交ぜて、旅行プランを紹介したいと思います。

 

はじめに言っておきますが、僕が行った観光スポットしかこの記事には載せておりませんので、全て生の声をお伝えしておきます。

 

そして、地図やホームページリンクなども載せておりますので、この記事を読みながら函館旅行が楽しめるようにしておきました( ̄ー ̄)ニヤリ

 

ジョグ

3月中の旅行だったので、雪景色がなんとも綺麗でしたぁ!

そんじゃ行ってみようかぁ!

 

 

札幌から函館にレンタカーで行くための予算と時間

今回の旅行は、全てレンタカーを活用しました。

ぶっちゃけ言ってしまうと、JR等の公共移動手段を使えばもう少し安くなったかと思います。

しかし、函館でアクティブに観光スポットを回りたかったため、利便性を考えてレンタカーにしました。

 

24時間レンタルしてかかった料金(ガソリン代込み)

肝心の料金をここに示しておきます

レンタカー利用料金
24時間レンタル 約17,000円

レンタカー24時間分→17,000円

ガソリン代→6,000円

合計→23,000円

 

ですね。かなり安く収まったかと思います。

安く済んだ理由は、やはりコンパクトカー(フィット)をレンタルしたからでしょう。

 

同じコンパクトカーでも、ヴィッツよりもフィットの方が燃費が良いので安く済みます。

ジョグ
ちなみに免責補償などは全て加入しています。(だって…事故ったら困るやん?)

 

札幌から函館までドライブしてかかった時間

ルートは↑の画像の通りです。

僕は大の運転好きでして、高速道路を通らず下道を通っていきました。

往復+函館観光=走行距離は600km

のような結果になりました。

 

高速道路を使わなかった理由は、

 

  • 高速道路を利用しなくてもかかる時間はそんなに変わらない
  • 下道を通ればかなりガソリン代が浮く

 

以上の理由からですね。

ジョグ
中山峠を越えていくので、運転慣れしてない人は無難に高速道路を使って方が良いと思います。

 

オーシャンビューのついた「平成館 しおさい亭」へ予約

予約したのは温泉旅館です。

北海道の中でもかなり有名な温泉街「函館湯の川」にあります。

 

なんと部屋から見える景色は一面「海」です。

あとで詳しい情報を載せますが、以下に予算を記しておきます。

一泊 10,000円
夕飯
朝飯

という感じです。

ジョグ
ちなみに僕は楽天ユーザーでして…貯めていたポイントでかなりお安く…なっちゃいました。

楽天トラベルで見てみる
Google Mapsで見てみる

 

スポンサーリンク

札幌から函館の一泊二日旅行の流れを解説

今回の旅行の流れは、以下のような感じになりました。

 

  1. 中山峠を越えて国道沿いにドライブ
  2. 旅館到着後、熱帯植物園でサルを見てインスタ映え
  3. 五稜郭タワーで函館を一望
  4. 函館の有名スポット”八幡坂”を見る
  5. 金森へ立ち寄りお買い物
  6. 函館山ロープウェイに乗り、100万ドルの夜景を見る
  7. 飯はカニしゃぶを食べてお腹いっぱい
  8. 旅館に帰って温泉に入る
  9. 朝飯は海を見ながら海の幸バイキング
  10. 湯倉神社でお参り
  11. 朝市に車を止めて「ふれあいイカ広場」へ
  12. 朝市の「イカ釣り体験」で活イカを食べる
  13. 有名観光スポット「蔦屋書店」に立ち寄る
  14. ラッキーピエロ本店に寄り写真撮影
  15. 大沼公園によって景色撮影

 

こんな感じの旅程となりました。

ジョグ
それでは詳しく解説していくぞい!

 

中山峠を越えて国道沿いドライブ

まずは札幌駅から石山通を走り、そのまま中山峠を越えます。

峠を超えて豊浦方面についたら、あとはそのままほぼ直線です。

海沿いをただひたすらドライブします。

 

熱帯植物園で温泉に浸かるサルを見て植物と戯れる

 

函館市内についたら、まずは旅館へ向かい…かと思いきや。

函館湯の川の近くには、「熱帯植物園」なるものがあります。

 

そこではなんと、お猿さん観察が出来てしまうわけです。

温泉に浸かって気持ちよさそうなサルを見たら、そのまま植物園へ。

 

植物園は、インスタ映えな写真を撮りたい方には絶好の場所ですね。

鯉やら亀もいて、色々な植物が見れます。

ジョグ
トトロが傘にしてそうな葉っぱもあったので、思わず入ってしまいんした。
Google Mapsで見てみる

 

五稜郭タワーで函館を一望してみる

ジョグ
函館五稜郭タワーは、やっぱり外せないっすわ!

わりと空は曇ってましたが、それでも綺麗です。

雲間から日が差して暁が見えたりしました↓

 

まるでパイレーツオブカリビアンのワンシーンのようなものが撮れました。
Google Mapsで見てみる

この時点で時刻は17時半。

函館を一望したところで、函館の有名観光スポット「八幡坂」に向かうとします。

 

函館の有名坂「八幡坂」で写真撮ってみる

この坂は、完全に真っ暗な夜になる前が綺麗なんですよね。

ちょっと青っぽい夜の空が、坂のイルミネーションを際立たせてます。
Google Mapsで見てみる

そして八幡坂の近くといえば…

 

金森へちょっくら寄ってお買い物してみる

そうです、金森倉庫ですね。

ここもイルミネーションが綺麗なんですよね。

倉庫の中は、ライブハウスだったり、ショッピングモールだったり。

ジョグ
函館名物をお買い物〜なんて時には寄ってもらいたいところですね。

 

Google Mapsで見てみる

金森でお買い物をしたあとは、完全に空が暗くなってきたので函館山に向かうことにしました。

 

ロープウェイにのり函館山の100万ドルの夜景を見る

来ました絶景。

函館山をロープウェイで登ると綺麗な夜景が見れます。

100万ドルの夜景…なんて言われているそうですが、確かに相当綺麗です。

 

空気が澄んでいる冬場は特にオススメです。

ジョグ
超絶暖かい格好をしていくことをオススメいたします。まじ寒かったっす。

 

Google Mapsで見てみる

 

ちょっくら夜景に浸って、その後は夜ご飯。

何を食べようかな〜なんて思いながら、函館湯の川方面に車を走らせます。

 

夕飯はカニしゃぶ!じゅるっと美味しくて安いぞ

 

函館湯の川近くにある、「海鮮料理 はこだて亭」です。

宴会料理等を提供している、なんとも高級そうなお店です。

頼むものにも寄りますが、3,600円程度で食べられる「カニしゃぶ御膳」を注文。

 

 

ずっしりと身の大きなカニと、美味しいお刺身。

カニをしゃぶしゃぶして、ゴマダレに付け、ちゅるりと吸い上げると、口の中でぶわっと旨味が…!

 

ジョグ
いや〜これは美味かった。うん、美味かった…!

 

茶碗蒸しも美味しいし、お腹いっぱいです。

Google Mapsで見てみる

 

平成館 しおさい亭へ帰って温泉で疲れを癒そう

平成館 しおさい亭 プラン詳細より

 

夜ご飯を食べたあとは、旅館に直行しました。

ここの温泉は、海を見ながら湯船に浸かることが出来ます。

広すぎる!!という程ではありませんが、海が見えるので開放感抜群です。

 

旅館の内装もめちゃくちゃ綺麗でして、どこを撮ってもインスタ映えしそうです。

そのまま温泉に入って寝たのですが、せっかくのオーシャンビューだったので、日の出の時間に起きることにしました。

 

5時54分。日の出〜〜〜!…かと思いきや、あんまり太陽さんは出ていないようです。

朝ごはんでも食べに行きましょう。

 

朝ごはんは海を見ながらバイキング!イクラが美味すぎる

正直言って、朝ごはんのバイキングを舐めてました。

めっちゃくちゃ美味しいです(笑)

 

 

海鮮系は、イカ刺しイクラかけ放題などがこの旅館の特徴かと思います。

他の旅館にあまりないものとしては、”とろろ”もかけ放題だったのが良いですね。

あとは、とろろ昆布醤油というとろみを帯びた醤油が、食材に絡みついて美味しかったですね。

 

ジョグ
ただの食レポ記事になってしまいそうだ…

 

そして朝ごはんを終えてから部屋に戻ると…

先程は出ていなかった太陽さんが顔を出してました。

 

これだ!オーシャンビューに求めていたものはこれなんだ!

最高ですね、オーシャンビュー。

ジョグ
しかも一泊10,000円。価格崩壊もいいところだ。

 

湯倉神社でとりあえずお参り

さぁさぁ函館観光2日目ですね。

太陽さんも顔を出して晴天です。

まずは湯の川近くの神社、湯倉神社でお参りです。

Google Mapsで見てみる

 

ふれあいイカ広場は午前中なら写真撮影スポット

そして朝市方面に車を走らせます。

上の写真は、朝市をそのまま突っ切ったところにある「ふれあいイカ広場」ですね。

函館はなんでも「イカ」を付ければとりあえず良いと思ってるそうです。

ジョグ
僕は「イカ」大好きなので、そんな函館が大好きです。

 

そして、あまり知られていないですが、

 

  • 午前中
  • 晴天

 

この2つの条件が合えば、陽が射す方向も考えると、ふれあいイカ公園は絶好の写真撮影スポットとなります。

今話題の、ポートレート撮影をしてみますと…

 

顔隠してますが、こんな感じでインスタ映え〜な写真を撮ることが出来ます。

背景が海なので、何を撮ってもインスタ映えするかと!

Google Mapsで見てみる

 

イカ釣り体験して釣ったイカをその場で食します

次はそのまま朝市です。

えきに市場にある、イカ釣り堀にやってきました。

ここでは↑の写真のように、実際に釣り堀でイカを釣って、その釣ったイカをお刺身で食べることが出来ます。

 

 

イカを釣ったら…↓↓↓

 

 

こうなります。

刺し身になった状態でも、イカは動いております(笑)

 

普段食べているイカ刺しよりも、コリッコリと張りがあり、透き通った身からは考えられないほどの美味しさが…!

イカ刺しといえば生姜醤油ですが、このイカ刺しだけは生でも美味しかったです。

Google Mapsで見てみる

朝市で美味しいイカを食したあとは、札幌に帰りながら各地を回っていきます。

 

函館新道沿いの「蔦屋書店」は何でもそろってます

 

函館新道沿いにある、蔦屋書店ですね。でっかいやつです。

この中は、本屋というよりも…書籍中心のオシャレなショッピングモールって感じですね。

 

安心してください、インスタグラマーの皆様、本屋でもインスタ映えしますから↓

 

ジョグ
モデルが僕だからそんなに映えないだけですわ!
Google Mapsで見てみる

 

ラッキーピエロ峠下総本店にて定番の写真撮影

函館と言ったらラッキーピエロですよね。

峠下総本店は国道沿いにあります。

 

あのでっかい椅子はもちろん、店の外の身長を測れる撮影スポットもお気に入りです。

 

 

ジョグ

写真では170センチ超えているように見えますが、僕の身長は167センチでございます。

一年に1センチ、順調に縮んでいます。

 

 

Google Mapsで見てみる

 

冬の大沼は一面真っ白の絶景だった

函館から帰るときは、ぜひ大沼公園を通ってほしいですね。

特に春先なんかは、↑の写真のように沼が雪で真っ白に…。

 

一面真っ白な、レアな大沼が見れたりします。
Google Mapsで見てみる

大沼公園を抜けたらあとは…ひたすらドライブです。

ジョグ
音楽をかけて、寝ないように歌いながら運転しましょう。

 

まとめ:函館って意外と楽しめる。インスタ映えな旅行を是非。

 

いかがだったでしょうか?

一泊二日と短いながらも、レンタカーを借りて計画的に行動してみると、なかなか濃くて楽しい旅行を楽しめるものです。

 

ちなみに僕がここに載せている写真…どれも綺麗に撮れているものばかりですが…(自分で言うな)

使用したデジカメは↓のものを使用。

 

買った当初の記事はコチラ↓

 

光学ズームで手ぶれ補正も内蔵されていて、誰でも使える操作性。

そして何より、お値段は13,000円程度とかなりお安い。

ジョグ
カメラ機能のためにスマホを買うなら、こちらのデジカメを買うほうがオススメかと。

 

そしてたまーに出てきた、スマートウォッチ。

それはこちらですね↓

 

スマートウォッチにピントを合わせて写真を撮ることで、ポートレートのようなインスタ映えな写真を撮ることも出来ます。

その時の日付や時間もわかるので、僕はこの写真の撮り方を気に入っています。

 

この札幌→函館の旅行は、楽天トラベルを利用することでかなりお得に楽しめたと思います。

クーポンを利用して宿代を安くして、溜まっている楽天ポイントを使うことで、レンタカー代も宿代もかなり安くすることが出来ました。

 

 

ジョグ

家族を連れて、どこか温泉旅行したいお父さん!

彼女を楽しませてあげたいけどお金がないそこの彼氏さん!

函館旅行…こんな感じで楽しんでみたらいかがでしょうか?

 

 

楽天トラベルで安く泊まってみる

旅行記事もなんだかんだ楽しいですね。

これからも書き続けていきたいと思います。

それでは!

スポンサーリンク
おすすめの記事