ココナラで1ヶ月100万円稼ぐにはどうしたら良いのか考えてみる。
スポンサーリンク

こんにちは、ジョグです。

皆さんココナラってサービスはご存知でしょうか?

ココナラとは、簡単に言うと、

個人のスキルを売ることができるオンラインマーケットです。

 

個人のスキルというのはどういったものを指すのか?

例えば!

  • 絵が得意です。
  • プログラミングが出来ます。
  • 英語を訳せます。

などなど…そのジャンルはピンキリ。

なんでも売れるのがココナラの素晴らしいところであります\(^o^)/

 

では、そのココナラ…世間一般的には、使いやすい副業の場として親しまれていますが…。

 

僕は思いました。

ココナラで1ヶ月100万円稼げるのか?

 

もともとココナラでは少々販売歴があります。

まぁ、アフィリエイトや副業関連…SEO関連などで販売していましたが…

 

もしかしたら、頑張ったらココナラで月収100万円を達成できるんじゃないの?!

という疑問がウキウキに変わってしまいました。

 

ということで、備忘録…というか、メモに残す感じで…この記事に設計書を書いていきたいと思います。

 

皆さんも一緒に考えていただけたら嬉しいです!

分かりやすく目次が表示されていますので、好きなところからお読みになってください\(^o^)/

 

ココナラで100万円売るための基本

ココナラで販売開始するために、さらっとおさらいしておかなければいけません。

ココナラで販売するにあたって忘れてはならないことです。

では行きましょう。

出品から利益確定までの流れ

まずは、出品してから利益が出るまでどんな段階を踏まなければいけないのかを考えなければいけません。

ココナラでの場合、利益確定までの流れはこうなっています。

出品する

ココナラで新規登録、ログインして「出品する」をクリック。

出品したいジャンルを選び、商品についてのアピール文を書いて、値段を決めて出品します。

購入される

購入されると、購入者と自分との専用トークルームが開かれるので、そこでやり取りをします。

商品のやり取りは全てトークルームでのやり取りとなります。

クローズする

やり取りが完了したら、出品者がトークルームを「クローズ」する必要があります。

このクローズする段階を忘れると、いつまでも購入者が支払ったお金を受け取ることが出来ません。

購入者からの評価を受ける

購入者から商品について評価を受けることが出来ます。

同時に、評価を受けると出品者からも購入者を評価できます。

評価し合えば、やり取り完了。

大方はこの流れになります。

  1. 出品する
  2. 購入される
  3. やり取りする
  4. クローズする
  5. 評価し合う

この5つの段階を踏むことで、ココナラでのやり取りは全て完了という扱いになります。

まずはここまで、宜しいでしょうか?

※実際は「評価し合う」という段階がなくても入金されます。「クローズ」された3日後に、支払われたお金が自分の売上に加算される仕組みになっています。

 

販売手数料が高いこと

ココナラは、基本無料です。

登録も無料ですし、閲覧するのも無料です。

しかし、購入する際にはお金がかかります(当然ですね。)

では、販売する場合はどうなのか?

 

実は、この販売手数料が割りと高い。

出品するのは無料だけど…

【月間販売総額と手数料の割合】
50,000円未満・・・・・・・・・・30%
50,000円以上250,000円未満・・・25%
250,000円以上・・・・・・・・・・20%
全て税抜価格。

↑のような手数料となっています。

つまり…

50000円以下の売上だと、

10000円のものを買ってもらっても、7000円しか手元に入らない計算に。

 

この手数料のことを込で、月収100万円計画を立てなければいけません。

では、ここまでおさらいしたら、次は本編、月収100万円計画を練っていきます。

 

ココナラ月収100万円計画の概要

ココナラ月収100万円を達成するには、幾つかの手順を踏む必要があると考えました。

まずは順を追って解説していきます。

最上のコンテンツの用意

まずは売り出す商品を考えなければいけません。

顧客は何故それにお金を出すのか?

と自分で考えてみれば、やはり

「"それ"を手に入れた人生を望んでいるから。」

だと僕は考えます。

 

つまり、僕が定義する最上のコンテンツとは、

 

「購入してくれた人の人生に変革をもたらすもの。」

 

ですね。

思考なり、モノなり、ツールだったり…なんでもいいです。

買ってくれた人の人生を変えるものでないと、爆発的に売れることは難しいです。

 

これは、ブログを書いているときにも思っていることです。

この記事を読んでくれた人の人生が、少しでも良くなるように。とブログを書いています。

 

ジョグ
とりあえず、読んだ人の人生がマイナスになることはないと思います…笑

 

…と、本編に戻りましょうか。

最上のコンテンツを作るために必要なこと…

下調べ

作成するコンテンツについて、下調べします。

これはインターネットで調べ倒すだけで良いかと思います。

文章一つ一つを整える

コンテンツの文章を、1つ1つ整えます。

購入してくれた人が、嫌な気分にならないように、そして、気持ちを興奮させるような文章にします。

付加価値をつける

メインコンテンツに加え、付加価値をつけることで、ユーザーの満足度を上げることが出来ます。

実際の価値は、メインコンテンツの値段×1/2…半分の値段ほどの商品を付け加えましょう。

付加価値というのはとても大切で、満足度をあげることはその後のユーザーとの関係性も挙げてくれます。

もしかしたら、その後またお世話になるかもしれないので、最上の持て成しが大事になってきます。

 

出品PR文を考える

販売するという点では、ここが一番大事になってきます。

ユーザーはこの文章を見て、商品を購入してくれるわけです。

 

かと言って、何万文字も書けるわけではありませんので、やはりここで大事になってくるのは「コピーライティング技術」でしょう。

僕は何冊もコピーライティングに関する本を読みました。

コピーライティングについて

コピーライティングとは、一言でいうと「人に行動を起こさせる文章」のことです。

購入者
「…ふ〜ん、そうなんだ。」

ではなく、

購入者
「え…まじか…よし…!」

と行動を促すことができるのが、適切なコピーライティングとなります。

これは本を読んで勉強するしかありません。

 

読む本も大事で、事例が載っている本が一番参考になり、勉強になります。

下にリンクを貼っておきますので、良かったら購入して読んでみてはいかがでしょうか?

 

 

Q&Aをしっかりと設定する

商品紹介ページでは、「よくある質問」のような、Q&Aコーナーを設置することができます。

このコーナーもしっかりと書き込んでいきましょう。

ユーザーがこの商品PR文を読んで、疑問に思うことを的確についていく必要があります。

ユーザーが思うことは、いくつもあると思います。

  1. 本当なのか?
  2. 初期費用はかかるのか?
  3. どれくらいで納品されるのか?
  4. それはズバリあれですか?

などなど…

全て正直に答えて上げることが大事です。

 

サムネイルは絶対にこだわる

何事もサムネイルは顔となります。

絶対にこだわってください。

画像編集ソフトは、スマートフォンのアプリが一番使いやすいかと思います。

Phonto

という画像に文字を入れることができるアプリが非常に使いやすいです。

 

 

備え付けの画像編集アプリで加工したあと、ひと目で分かるように文字を入れていきます。

 

その際、文字は大きく表示します。(ひと目で分かるように。)

 

サムネイルの数は、3つとも設定します。

僕が計画しているサムネイルは、

  1. 商品の名前入りサムネイル
  2. 実際の商品の画像
  3. 結果や実績が分かる画像

これらをサムネイルにしていく計画です。

 

実際に売り出していく

これで、商品が完成し、実際に売り出していくことになります。

え?値段はどうするの?となりますが…まぁ待ってください。

これが大事です。

 

最初は500円で無料お試しをどんどん使っていく。

最初は値段を500円に設定して、無料お試しキャンペーンを利用していきます。

この無料お試しキャンペーンを使えるのは、500円に設定した時のみです。

 

そしてこのお試しキャンペーンの強み…

 

それは、評価コメントがどんどん増えていくこと。

そして、「イイネ」数が増えていくことにあります。

 

このお試しキャンペーンで、

  1. 評価コメント
  2. イイネ数

をどんどん稼いでいきます。

お試しキャンペーンでの購入は、3つ以上は評価しないと購入できない仕組みになっています。

 

それゆえ、仕方なく書いてくる人もいますが…

最上のコンテンツを提供できれば、お客さんは喜んで評価してくれるはずです。

 

購入者
こんな商品が無料なんて…ありがとうございます!

 

というコメントを狙っていきましょう。

評価コメントを促すコンテンツ

コンテンツの最後には、必ず評価を促す言葉を添えておきましょう。

 

 

 

〜コンテンツ向上の為のご協力〜

このコンテンツは、本来◯◯◯円で提供しようと思っています。

そこで、この商品を購入してくださったあなたに、この商品は◯◯◯円でも購入するにふさわしいか、評価をいただけると幸いです。

 

 

などと言葉を添えておけば、きっとそれなりのコメントが返ってくるはずです。

まずは正直な感想をいただき、あまり評価が良くなかった場合は、無料期間中に改善しましょう。

スポンサーリンク

ココナラ100万円達成までの逆算

geralt / Pixabay

さぁここで、どれだけ売り上げればココナラ100万円を達成できるのか考えましょう。

何事も計画には逆算が大事です。

 

手数料を30%と仮定する

100万円も売り上げていればもう少し手数料は安くなりますが、それは考慮しません。

一律として手数料30%と仮定します。

それゆえ、100万円を手元に置くためには、130万円を売り上げる必要があることがわかりますね。

凄く単純な話で、わかりやすいため、30%という数値は固定でいきます。

 

1ヶ月30日と仮定する

1ヶ月30日と仮定します。

うるう年?知らんそんなん。笑

では、ここから計算が始まります。

 

商品単価2000円の場合

商品単価2000円の場合、

1300000÷2000円なので、650回売らなければいけません。

 

となると…

650÷30=21.666…

一日に21回以上売り上げなければいけません。

 

まぁ〜現実的ではないですね。

次。

 

商品単価4000円の場合

先ほどの計算通りに行くと…

325回売り上げれば目標達成。

30日で割ると…10.83333…。

 

一日に11回は売らないと目標を達成出来ません。

あれ?

少し現実的な数字になってきました。

 

では、5000円だとどうでしょう?

 

商品単価5000円の場合

先程の計算を…省きます。

一日に売らなければいけない個数は…

 

8.666…回。

約9回ですね。

うん、なんとか様になってきました。

 

複数の商品を扱った場合の計画

Alexas_Fotos / Pixabay

では?複数の商品を扱った場合の計画を立ててみましょう。

どれも最上のコンテンツであると仮定します。

 

2000円のコンテンツが2つ

これは、先程の計算式をそのまま使えるかと思います。

合計4000円ですからね。

 

一日に合計11回売らなければいけません。

割っても、1つのコンテンツで6回売りたいところですね。

 

1000円のコンテンツと、4000円のコンテンツ

こうなると、合計値は5000円になります。

なので、一日に9回売らなければいけませんが、商品単価が違うので…

1000円のコンテンツが5回売れた。

4000円のコンテンツが1回売れた。

 

では、合計9000円となってしまいます。

 

目標達成130万円です。

30日で割ると、一日に45000円は売りたい計算になります。

とてもじゃないですけど、届きそうにありませんね?

 

1つのコンテンツが3000円、1つのコンテンツが3000円

これで合計6000円のコンテンツになります。

では、先程の計算式に入れてみましょう。

 

一日に7.2回売らないと目標達成には及びません。

ですが、コンテンツがどれも同じ値段なので、こちらの方が可能性は高いです。

 

1つの商品を4000円と高くするよりも、3000円のコンテンツを2つ用意する方が良いかもしれませんね。

 

1000円、2000円、3000円×2の商品を扱う。

では、この考え方ではどうでしょう。

どれも最上のコンテンツと仮定します。

 

3つなので、流石に割合を考えます。

まぁそう難しく考えず、130万円を100分割して%で出せるようにします。

 

合計で9000円ですが…1万円と仮定します。(だいたいでいいので。)

すると、

1000円で1割

2000円で2割

3000円と3000円の2つで7割を叩き出せば良い計算になります。

この7割は、どれほどの売上なのか?

 

130万円の7割は、91万円です。

先程の計算式のようにいくと…

 

一日に、2つとも5個ずつ売り上げる必要性があると計算が出来ます。

 

まとめ:副業で成功するには計画が一番大事

JeongGuHyeok / Pixabay

こう考えてみると、商品単価の設定はかなり奥の深いものと気付かされますね。

商品単価の設定集客が一番大事で、それをクリアするためには計画性が一番大事なのです。

 

ココナラでは、集客部分は勝手に行ってくれるので大変便利です。

あとは商品単価の設定です。

 

この計画書を見ながら僕はとりあえず本気で動き出してみようと思います。

もちろん、進めている

  • SNS事業
  • wiki事業

も平行してね!

 

ではでは、長ーい文章、お付き合い頂き、ありがとうございました(^o^)!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事