記事を書く手が詰まる。ブログ初心者も気付いたら終わってる記事の書き方とは。
kaboompics / Pixabay
スポンサーリンク

皆さんは記事を書く時、どんな手順どんな記事を書いているのでしょうか?

記事というものは、個性がアレばあるだけいいですが…。

 

記事の書き方がわからない!

 

という人が多すぎて、その個性を発揮できないでいる人が多すぎると感じました。

  • 記事の書き方がわからなくて進みません。
  • コピーライティングを意識すると、記事が進みません。
  • どうしたら記事進むねん!!

 

という数々の質問が殺到しているので、今日の記事はですね…

 

ブログ初心者が、気付いたら書き終わっている記事の書き方

 

を紹介します!

これはほぼ僕流ですが…絶対に誰にでも通用すると思います。

必ずタメになる記事だと思うので、すこーしだけ時間を消費して読んでってくだされば光栄です\(^o^)/

 

記事で何を伝えたいのかを明確にする

geralt / Pixabay

まずは記事で何を伝えたいのかを明確にすることが大事です。

例にしてこの記事は、「読者さんが記事を書けるようになること。」

ということを目的として作られています。

大事なのは、自分が◯◯することを目的にするのではなく、この記事を読んでくれた人への良い影響を考えることです。

マインドマップを使ってみる

geralt / Pixabay

マインドマップというのはご存知でしょうか?

画像のように、実際に紙やパソコンなどで連想ゲームのようにアイデアを出していくことです。

結果として、頭の中の単語が1つの地図のようになっていくことから「マインドマップ」と呼ばれています。

このマインドマップを使えば、自分のアイデア、目的を確認することが出来ます。

 

今日あったことを考えてみる

それでも思いつかない人は、今日あったことを考えてみましょう。

今日、歩いている時に何を考えたのか?

もしもあなたが、「明日台風が来たらどうしようか?」なんて考えていたら、それを記事にしてしまえば良いわけです。

目的は、「記事を読んだ人が、明日台風にあっても助かること。」ですね。

 

記事の全体の流れを考える

Riedelmeier / Pixabay

では、その明確にした目的のもと、記事の流れを考えましょう。

記事の流れというのは、簡単に言うと「起承転結」。

もっと大雑把に言うと、100m走のようなものです。

 

スタートは何か?

まずはスタート地点を決めます。

このスタート地点は、自分がその記事を書こうと思ったきっかけでも大丈夫です。

書き出しを、先程の台風の記事でしてみると…

そういえば今日、散歩していてふと思いついたんですけどね…!明日台風が起きたらどうしよう?って。

なんて書き出しから始められますよね?

 

ゴールはどこなのか?

そしてゴールです。

ゴールは、「まとめ」にしても良いですね。

読者さんに、記事の中で目的を達成できるコンテンツを提供し終わった段階をゴールとしても良いでしょう。

よし、じゃあ、台風の対処法を書いて、私はこれで台風が来ても大丈夫です!で終わろう!

でも十分なのです。

 

スポンサーリンク

実際に記事を書き出す

Engin_Akyurt / Pixabay

そして、だいたい全体の流れが見えてきたら、実際に記事を書いていきます。

ですが、いきなり内容を書き出してしまうと、あとあと書こうと思ったことを忘れたりします。

なので…

タイトルは書かない

まず、タイトルは未定のまま書き出します。

すぐにタイトルを決めようとする人がたくさんいますが、あまりオススメできません。

なんてったって、いちばん大事な部分ですから。

記事が完成して、見直して、初めて付けるものでもいいのです。

 

最初は見出しだけ書く

最初はこのように、見出しだけ書いていきましょう。

この見出しから書いていく理由としては、

  • 全体の流れが確認できる
  • 記事を書く手を止めないで済む
  • あとが楽

になります。

あとが楽というのはどういうことなのか?

これは、見出しを全て作ってしまえば、あとは「穴埋め作業」だけになるからです。

 

穴を埋めていく

穴を埋めていく作業は、とても楽で、時間も早く感じます。

皆さんは、小学校中学校で穴埋め問題を見たことがありますね?

全て記述せよ。などという問題より、はるかに解くのが楽だったと思います。

記事もそんな感じです。

大まかな流れさえ作ってしまえば、もう穴埋め作業なんです。

 

画像を貼り付けていく

記事の内容が、全て穴埋め終わったら、今度は画像を貼り付けていきましょう。

画像は、必ず必要というわけではありませんが、あったほうが読者さんはわかりやすいですよね?

サイト滞在時間などにも関係してくるので、適度に挿入しておきましょう。

 

記事として整えていく

あとは、文字を赤くしたり…マーカーを塗ったり…太字にしたり…

自分の好きな記事にしていく作業です。

キーワードは、

  • 見やすく
  • 分かりやすく

です。

 

SEOに強い記事にするには

geralt / Pixabay

では、ついでにSEOに強い記事にしてしまいましょう!

どうせなら、ただ書いただけの記事ではなく、皆が見てくれる記事にしたいですよね?

ここでは、やってみるだけで全然違うSEO対策を2つほど教えます。

もっと詳しいSEO対策はこちら↓

圧倒的SEO内部対策で数千倍もPV数を上げた方法の全て

 

アンカーリンクを設置する

アンカーリンクとは、上にもあるような、

WordPressを使った副業を平均月収まで全て紹介します。

のような、リンクが貼られている記事のことを言います。

このアンカーリンクで、外部のサイトに繋げると、Googleは、そのサイトとこのブログは繋がりがあると認識してくれます。

このアンカーリンクのコツは、読者さんの役に立つアンカーリンクにすることです。

このキーワードは検索したがりそうだな…といったキーワードに、検索してHITしたサイトをアンカーリンク化してあげることは、とても有効なSEO対策になります。

専門用語の解説を入れる

専門用語があったら、できるだけ解説をしましょう。

これは、サイト滞在時間に大きく関係します。

だって、専門用語だらけのサイトで、それが全く理解できなかったら…

 

そっとウィンドウを閉じますよね…?

 

まとめ:席を立たないことが大事

PublicCo / Pixabay

では、初心者ブロガーが記事を書く方法を解説していきましたが、いかがだったでしょうか?

なんと、上記では伝えていなかったコツがもう一つありました。

 

それは…

席を立たないこと。

 

それだけです。

気が散ることは絶対にしない。

 

1記事書き終えるまで、絶対に席をたたないこと。

それだけで、貴方の記事投稿効率は爆発的に上がっていきますよ!

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事