ブログの完読率を高めるためには、学生時代のツマラナイ講義を思い出せ。
スポンサーリンク

人は飽きる生き物だ。

…と、僕は思う。

 

あれだけ好きだった納豆も毎日食べてると、見事に飽きるし。

あれだけ読んでいたガッシュベルも、毎日読んでると飽きてくる。

…まぁ、ガッシュは定期的に読まなければいけない教科書だけども…!

 

さてさてこの記事のテーマである、完読率

完読率って何なの?って言うと、一言でいうと「記事を最後まで読み切っている人の割合」。

 

完読率が低いと、最後まで記事読まれてないよ〜って事。

逆に完読率が高いと、最後まで記事読んでくれてるって事。

 

最後まで記事を読んでくれてるってことは、サイト内滞在時間も上がってきて、関連記事とかも読んでくれる可能性が上がって、PV数も増加する。

SEO的にもかなり良い方向に働くし…。

 

ジョグ
何よりも嬉しい!嬉しいんだよ!(笑)

 

そこで、僕が実践している完読率を上げる方法をココにメモしておこうと思います。

何か参考になることがあれば、僕としても嬉しいです。

 

人はやっぱり飽きるものだ。

冒頭でも言っているとおり、人は飽きる生き物ですね。

きっと平和に飽き飽きしてきた人が、刺激を求めて争い事を始めてしまうんじゃないかな?と思うくらい。

 

人は本当に飽きる生き物。

 

だからこそ、皆がブログを書いている記事の中で、

「自分だけのブログ」にしていくことが大事になってくる。

自分だけのブログにするには、どうしたら良いのか?

 

簡単簡単。

具体的な僕が記事を書く時に意識していることは、以下のこと。

 

  1. 記事の構成
  2. 読者に問いかけること
  3. 自分のコメントを絶えず発信する
  4. 記事全体にアクセントを散りばめる

 

この3つですね。

ではでは、解説していきます。

 

記事の構成は主に2パターン

はい、僕の記事の構成は、主に2パターンあります。

 

 

1つ目の構成

  1. 読者への問いかけ
  2. 自分の結論
  3. その根拠達
  4. まとめ

 

 

2つ目の構成

  1. 読者への問いかけ
  2. この記事の内容
  3. 方法などやり方
  4. まとめ(結論)

主にこの2つですね。

大事なのは、最初の読者への問いかけ。

この部分で、読者に「あああΣ(゚Д゚)」って思わせれば、記事は絶対に最後まで読んでくれます。

 

スポンサーリンク

問いかける時は人間のリアルな心を刺激

例えば、女性用の化粧品について書くとしましょう。

 

ジョグ
安くて肌がプルプルになる、完璧な化粧品があるんですけど、知ってますか?

こんな問いかけよりも…

 

ジョグ
この記事を見てる人は、今の化粧水に満足してないから見てるんですよね…?

こんな問いかけのほうが良かったりする。

 

大事なのは、問いかけで生きた人間のリアルな心を刺激してあげること。

 

あとの構成は、書いてある通り。

結論を先にいうか、後に言うか。

 

最近は先に言う方がブログとしては流行ってるね!

 

学生時代のツマラナイ講義を思い出せ

うんうん、これも大事。

ブログを書いてる人の感情やコメントを、絶えず記事に織り交ぜること。

 

記事を読んでくれているってことは、時間軸はズレていても、自分の講義を聞いてくれているようなもの。

はい、皆、学生時代を思い出して!

 

淡々と数式を書いて解き方を教えていく先生の授業…

淡々と歴史を教えていく先生の授業…

はたまた、講義をしているにも関わらず、全く生徒の方を見ようとしない大学の教授…

 

ジョグ
どれも全然つまらないよな!!!!(笑)

 

こいつら何であんなにツマラナイんだろう…って考えると、やっぱり人間味がないんだよ。

ただ勉強を教えるロボットみたいな感じ。

 

ロボットの講義は聞く気がしないのと同じで、ロボットが書いたブログの記事なんて価値あるのかな?

 

ハッキリ言って、無いと思います。

人工知能にも、有名な小説家にも勝てる情報発信方法ブログであると僕は信じているので。

 

だから僕は、こうやって絶えず僕の感情、意見、コメントを発信していってます。

 

ブログにアクセントを加えてあげること

unclelkt / Pixabay

はい、ここでまた学生時代の講義のお話。

面白い先生の話を思い出してみて。

 

う〜ん、やっぱり生徒側からしたら、先生らしくない先生が一番人気だったんじゃないかな?

先生らしくない先生ってどんなのだろう?って思うと…。

 

授業中に何故か関係ない話で時間を潰したり…

「う〜ん…自習。」とか言っちゃったり…

 

 

何故かたまに、先生とは思えないようなことをするけど、やっぱり内面はしっかりしている人が人気だよね。

これと同じように、ブログでも少しアクセントを織り交ぜてあげよう。

 

書いてある内容がしっかりとしたものなら、アクセントを加えていっても、軽い記事にはならないからね。

どんなアクセントを加えるのか…ていうと…。

 

ジョグ
こんなんだったり。
 こんなんだったり。
 こんなんだったり。
LINE
はたまたこんなんだったり。

あとは、普段使っている赤文字黄色マーカーや、黒文字水色マーカーだったり。

 

ネット上には、文字と画像しか無いから、視覚的にアクセントを与えてあげることで、読者の飽きを減らしてあげるのがかなり効果的!

 

まとめ:ブロガーは皆講義している

これだね。

ブロガーは皆、ブログという場所を使って、24時間講義しているという認識が良いと思う。

 

そう考えたら凄くない?

24時間好きなだけ見れて、好きなだけ喋ってくれる講義やセミナー…。

有益なことを発信していたら、それはそれは人気なものに育っていくよね。

 

皆さんも、講義を聞いてくれている読者さんを飽きさせないように、色々工夫してみてはいかがでしょうか?

今日はこれで終わります。

 

では!ばいばい!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事