LoboStudioHamburg / Pixabay
スポンサーリンク

こんにちは、ジョグです!

皆さんは記事を書く時にどれくらい時間を費やしていますか?

まぁ1,2時間かけて記事を書く人もいれば、3,4時間書く人もいるかと思います。

 

…実際にガチガチに検索順位1位狙うんだったら、確かにそれもアリ。

でも、ブログを立ち上げて最初はまず量をこなすことが大前提となってきますよねぇ…!

 

そんな時に一記2時間も書いてたら…半日で最大6記事。

ジョグ
う〜ん、半日も作業してるのしんどいよなぁ〜…良くて3記事?(笑)

 

そうなんです。

皆、記事に時間をかけすぎかなぁと僕思います。

 

なので今回、僕がオススメする無料アプリ記事作成爆速にする方法を書いていきたいなぁと思います。

 

 

ジョグ

少し長いけど付き合って?(笑)

…では行ってみましょう!レッツラゴー!

 

 

マインドマップって知ってます?

アプリをダウンロードする前に、まずは知っておいてほしいことがあります。

皆さんはマインドマップってご存知ですかね?

 

 

マインドマップとは?

マインドマップはトニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・発想法の一つ。頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのこと。

※Wikipediaより

 

うん、こんな感じ。

 

ようするに、連想ゲームみたいな感じですね。

バナナ黄色信号

バナナ美味しい甘い砂糖

バナナ持ち運び便利安い

 

のように、思ったことを次々と書いていってマップにしたものマインドマップと言います。

このマインドマップ、紙に書くとなお良いと言われていますが…今はスマホ時代。(笑)

 

 

ジョグ

スマホで簡単に空き時間に作成できてしまうんですねぇ…!

 

SimpleMindというアプリが神がかってる。

コチラのSimpleMindというアプリ、Android版iPhone版もあります。

かなり前からあるアプリで、かなりお世話になってます。

 

使い方は超絶簡単で、新しくマップを作成する場合は左のメニューバーを開いて「+」バタンをタップするだけ。

あとは直感で操作できるようになっているのもこのアプリの良いところ。

 

このマインドマップでどうやって記事を書いていくのかと言いますと…

まぁまぁ見ててくださいよ( ´∀`)

 

 

 

ダウンロードはコチラから⇩

Android版

iPhone版

 

 

スポンサーリンク

アプリ1つで記事を書いていく方法

書きたい題材でマインドマップを作る

今回は、「カフェ」という題材で記事を書いていくと仮定します。

この上の画像のように、たったこれだけのマインドマップでも記事を書いていくことが可能です。

もっと大きく、細かく作れば、かなり精度の高い記事が期待できます。

コツは、

  1. 目的
  2. 良い点
  3. 悪い点

この3つを書いてあげることです。

ジョグ
ぶっちゃけ言えば、目的が書いてあるだけでイケます。(笑)

 

冒頭部分は目的を指摘してあげる

 

はい、この目的部分があるだけで、冒頭部分はいけますよね。

ちらっと書いて見ると…

 

あなたはカフェと聞いて、どんな場所を想像しますか?

例えば、友達と暇をつぶすための場所?それとも待ち合わせの場所?

カフェってその地域のシンボルにもなるので、分かりやすくて皆困らないから良いですよね。

 

それとも、ビジネスマンの貴方はPC業務を終わらせるための、秘密の作業場だったりして?

誰も邪魔してこないし、カフェミュージックがまた作業を加速させ…これまたビジネスマンにとって良い環境ですよね!

 

あ!そんな事いったら、高校生や大学生にも人気の場所なんじゃ…。

学校の鬼のような先生から出された、鬼のような課題を終わらせるのには最高の場所…それがカフェなのかも知れません。

 

この様に、「カフェ」という場所は皆の生活の一部になっていることがわかりますね!

今回の記事では、

  1. 一体どんなカフェが作業するのに適しているのか?
  2. そしてどんなカフェが人気なのか?

この2点について話していきたいと思います\(^o^)/

 

っと…こんな感じですかね?(笑)

言っていることはマインドマップに書いてあること。

しかし、記事にしてみるとかなりマシな文章に見えませんか?

 

このようにマインドマップの事柄を記事にする時のコツは、

「自分の話し言葉を捨てない。」

 

このことに限ります。

ジョグ
この目的で来ているは何しに来てるんだろ…?

 

そんな疑問を常に捨てなければ、スラスラ記事は書けていきます。

 

マインドマップで書いたことを順番に列挙する

こんな感じで、かなり適当に書いたのですが…。

まぁこれでもイケます。

 

マインドマップは連想ゲームのようなものなので、ブログの記事で言えば「見出し」が決められているようなもの。

このマインドマップで言うと…

 

〈見出し2〉カフェの雰囲気ってどんなのだっけ?

カフェの雰囲気って、皆さんはどんなの想像します?

…居酒屋…とは正反対の感じしますよね?

 

ワタシが思うカフェの雰囲気は、かなり落ち着いた雰囲気。

 

ジャズミュージックが適度な音量で流れて…

そして適度な壁で仕切られていて…

それでいて、コーヒーカップも超おしゃれ。

店員さんの服装もオシャレで…話し方さえも…!

 

そんなカフェ…最高じゃあないですかぁ!!

カフェはこうであって欲しいという希望もありますが、本来はこのように、皆それぞれが作業に没頭できる環境があるのがカフェの雰囲気の良い所なのではないでしょうか?

 

こんな感じで、人気カフェの雰囲気の特徴を挙げると2つありますよね。

  1. オシャレ
  2. 落ち着いてる

おい、これだけかーい!!

 

って感じですかね?

【雰囲気】オシャレ落ち着いてる

のマインドマップだけでも、これだけ書けます。

 

何で書けるの?と思うかもしれませんが、割りとこれ皆書けるんです。

理由は簡単。

 

もう書く事柄が決まっているから。

 

ブログで手が進まない人の大半は、「何について書けば良いのかまず分かっていない」人と、「それについて何を書いていいか分からない」人がいます。

マインドマップを先に書いた場合、もう書くテーマも、見出しも、見出しの中身もマップで提示されているので、スラスラ書けちゃうんですね!

 

最後は具体例を出してあげる

 

最後はどうすれば良いのかと言うと、この様に具体例を挙げてあげると良いです。

このマインドマップの場合、「タリーズ」「スターバックス」がありますね。

 

さらっと紹介しちゃえば良いのです。

 

っと…ここまで様々なカフェの魅力を紹介してきましたが、どうでしょう?

ワタシには、2つのカフェが浮かびました…!

 

  1. スターバックス
  2. タリーズ

この2つですね。

この2つを何故選んだのかと言いますと…

 

  • オシャレ
  • 美味しい
  • Wi-Fi完備
  • 各地域にある

の4つの理由です!

逆にデメリットを言ってみると、

  • 新製品発売後激混み
  • 少し高い

これくらいでしょうか?

人気のあまり、新製品が発売されると激混みしてしまいます。

 

ですが、それ以外はかなり充実した作業環境を保証できると思います!

電源もありますし、Wi-Fiもあります。

 

皆さんも、カフェで作業したいなぁと思いましたら、Google Mapsで調べてみてはどうでしょうか?

「スターバックス」「タリーズ」ですよ!

 

それではまた〜\(^o^)/

 

…とこんな感じです。

具体例の場合は、さらっと提示してあげるだけでもなかなかの記事になります。

この場合のコツは、箇条書きを使ってあげる。というところです。

 

箇条書きを使って記事を書くことで、かなり整理されている感じも出ますし、何よりも見やすいです。

 

ジョグ
あ…これ箇条書き使えるやんけ…!

 

と思ったら、箇条書きを使っていくことをオススメします\(^o^)/

 

記事を速く書き上げるコツは、他にもある!

とまぁ、SimpleMindというアプリを使ってスラスラ記事を書いていく方法を紹介してきましたが…

実はJOSALOGでは、爆速記事作成してしまう方法…たまーに更新してますよね。

この3記事…これらもオススメです。

僕がどんなノリと勢いで記事を書いているのか…嫌というほど分かると思います。

 

あ、関連記事の紹介だけで終わらないから安心してね。

 

まとめ:アプリを使って爆速で記事を書くには

はい、まとめます。

  1. マインドマップを作成する
  2. 冒頭部分に目的から書く
  3. 各項目を見出しにして書いていく
  4. まとめで具体例を提示する

この4つの段階だけで、まともな記事になります!(笑)

 

みんなも試してみてね〜\(^o^)/

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事