OpenClipart-Vectors / Pixabay
スポンサーリンク

皆さん、広告入れてますか?

GoogleAdsenceの広告って、みんなもう既知のものだから、いかにも広告っぽい感じがして嫌悪感を抱く人もいるかもしれませんね。

僕はあんまり嫌悪感などは抱かないのですが、もしもその広告を、記事一覧の中に自然に溶け込ませることが出来たら…と思ったことはありませんか?

こんな風にすれば…

 

自然に溶け込ませてて、まるで記事みたいだね。

ではこんな風に記事一覧の中に広告を溶け込ませる方法を、画像で解説しながら教えていきます。

 

GoogleAdseneで専用の広告を作る

GoogleAdsenceで、まず専用の広告を作り、コードを入手する必要があります。

まずはGoogleAdsenceにアクセスして、

「広告の設定」をクリックして、「新しい広告ユニット」をクリック!

すると、下のようなフォームに移ります。

 

ここでは広告の形式を選ぶことが出来ます。

インフィード広告をクリックしましょう。

 

ここでは、自分のブログの記事一覧形式にあった広告の形を選ぶ必要があります。

横の画像形式(今回はこれ)

 

上部の画像形式

 

上部のタイトル形式

 

テキストのみ形式

 

好きなデザインの広告を選んでください。

今回は「横の画像形式」で進めていきます。

 

 

選んだら、自分のブログのデザインに合うようにカスタマイズしていきます。

「グローバルオプション」を選ぶと、イメージや見出しなども変えられます。

カスタマイズしたら。「保存してコードを取得」をクリックして、コピーしてメモ帳にでも保存しておきましょう。

これで、GoogleAdsenceでの操作は完了です。

次はPHPコードの作成になります。

PHPプログラムにコードを挿入する

[php] <!--?php $ads_infeed ='3'; //何番目に表示したいか $ads_infeed_count = '1'; ?-->
<!--?php if (have_posts()) : while (have_posts()) : the_post(); ?-->
<!--?php if($ads_infeed_count == $ads_infeed){ ?-->

<!-- ここに取得した広告コードをいれる -->

<!--?php } $ads_infeed_count++; ?-->
[/php]

メモ帳を開き、上記のコードをコピーペーストしてください。

記事一覧上に自然に溶け込ませるためのプログラムコードになります。

そして、先程コピーした、GoogleAdsenceの広告コードを、

「ここに取得したコードをいれる」

<!--?php } $ads_infeed_count++; ?-->

の間にペーストしましょう。

 

「何番目に表示したいか」の前の"3"は、記事一覧中の、上から3番目に表示するという意味です。

これも、自分の好みで変えていただいて構いません。

 

出来上がったコードは保存して、コピーしてください。

 

スポンサーリンク

実際にWordPressに埋め込んでいく

ではWordPressに埋め込んでいきましょう。

僕はアルバトロスという、少しいいテンプレートを使っていますが、無料テンプレートでも可能です。

Simplicityというテンプレートであれば、ウィジェットの「インデックスミドル」にGoogleAdsenceの広告コードを貼り付けるだけで出来ます。

 

今回は、アルバトロスに溶け込ませるために、テーマを少し編集していきます。

「テーマの編集」から、「parts_archive_simple.php」にアクセスしましょう。

すると、このようになっているはずです。

上の画像の、僕がドラッグドロップしている部分、<div class="top-post-list">の部分から、<article~~の部分までを消します。

そこに、先程作成したプログラムコードを埋め込みます。

 

ここでプログラムを更新します。

作業完了です。

先程のところに戻ってみましょう。

 

動作確認

大丈夫そうですね!

しっかりと3番目に配置されています。

 

これで、記事一覧中に自然に溶け込めるAdsence広告が貼れました。

お疲れ様でした!!

スポンサーリンク
おすすめの記事