アクセス数が認められて関連コンテンツ広告が使えるようになっていた.
JuralMin / Pixabay
スポンサーリンク

「関連コンテンツ広告」って皆さんご存知ですか?

おそらく、GoogleAdsenceをやっていても収益が上がっていない人はあまり知ることのない広告かと思います。

この関連コンテンツ広告というのは…

関連コンテンツは、サイトを閲覧しているユーザーに向けてサイト内の関連コンテンツを簡単に宣伝できる無料サービスです。ユーザーにとって関連性が高いコンテンツが増えるので、サイトのページビュー数や滞在時間、ユーザーのリピート率、広告表示回数が向上し、広告収益の増加が見込めます。

引用・https://support.google.com/adsense/answer/6111336?hl=ja

 

ってことです。

つまり、広告を大々的に張り出すんではなくて、サイト内の関連コンテンツを宣伝してくれるサービス。

なんです。

 

いったいどんなのかな?と思いますよね。

なんと僕、関連コンテンツ使えるようになっていました。うれしい!

 

この関連コンテンツ広告は、トラフィックが多く、アクセス数も多く、収益も上げている方しか使用できないのですが…認めてくれたんですね、Googleさん。

 

関連コンテンツってどんなの?

貼り付けた結果から言ってしまうと、こんなものです↑

もうブログ内のコンテンツとほとんど変わらないですよね。

 

ではではこのコンテンツ、どこに貼り付けると効果が上がるのか?

それは、記事の下とサイドバーが一番良いそうです。

Googleさんの統計では、ユーザーの直帰率が下がり、滞在時間がクソ増えたとか。

 

もちろん、たまーにこのコンテンツに混じって広告が出ます。

 

どこから出したの?その広告

GoogleAdsenceの、新しい広告ユニットをクリックすると出てきます。

この選択を押すと…

 

 

こんな風に、もう関連コンテンツが完成しています。

あとはタイトルつけてコードを貼り付けるだけの、簡単作業。

 

関連コンテンツを出すための条件

この関連コンテンツ広告は、使用するにあたって、条件があります。

それは、ここのヘルプを見たらわかりますね。

 

関連コンテンツユニットは、トラフィックが多く、固有のページ数が基準に達しているサイトのみご利用いただけます。対象となるサイトにつきましては、こちらのプルダウンでご確認ください。

 

…つまりだ!

  • トラフィックが多い
  • 固有のページ数が基準に達している

 

サイトにしか使えませんよってこと。

ちなみにもっと調べてみると、安定の収益を上げている人しか使えないみたい。

 

  • 150記事
  • 90記事

 

って人が多かったけど、僕のこの釣りブログの記事数…69…。

まぁSEOクッソ強いからいいんだけどね?

 

スポンサーリンク

何はともあれ、認められるのは嬉しいこと

422737 / Pixabay

何はともあれ認められていたことに感謝。

しかし、これは僕の釣りブログの話だ。

 

次は絶対に、このブログで関連コンテンツユニットを使えるようにするぞ!

スポンサーリンク
おすすめの記事