スポンサーリンク

Evernoteってかなり使いやすいですよね。

自分のアイデアをすぐにストック出来て、ネット上で見つけた気になるページも保存できる。

そして自分がもってるほとんどのデバイスと互換性があるから、いつでもどこでも情報が見られる。

 

WordPressでの投稿を、Evernoteで下書きしちゃおう!

って人も、少なからずいるはず。

 

でも、EvernoteとWordPressだと、文字の入力、主に「改行タグ」が違うものを使っているから、実はとっても使いにくい。

今回はそんな話と、解決策について話をします。

 

Evernoteとは

AJEL / Pixabay

おもに、自分が気になる情報をストックでき、通常のノートとしても利用できる素晴らしいものです。

素晴らしいのは「共有」機能。

会社などでもよく使われてますね。

 

「Evernoteのこのノートに、企画書アップロードしておくから!」

と言っておいて、自分の好きな時にアップロード。

 

そうすれば、会社員全員がその企画書をダウンロードでき、見れるようになる。

 

表現するならば、

  1. Googleドライブ
  2. 高度なノート管理機能
  3. Poket機能

 

ネット上にある、参考になるサイトがあったらワンタップでEvernoteに保存できる。

飛行機の中でも読めるし、ノートだってどこでも書ける。

 

そのノートは、ネット上のセキュリティーが万全なEvernoteが管理しているから、どこに行ってもそのノートの続きが書ける。

 

ネットワークを最大限に活用したノートなんだねぇ~これが。

 

WordPressの下書きに書いてみたものの…

こんな便利なノートがあるんだ!

WordPressの下書きにでも使おう!

と、ノートを新しく作成する。

 

じゃあこんな感じかな?

と、帰ってからEvernoteにアクセス。

コピーして、WordPressの新規投稿にペースト。

 

よし!完璧やぞ!!

「公開」して、記事を見直してみると…

 

…なんじゃこれ…!

 

スポンサーリンク

改行がクソ。

bohed / Pixabay

実際に見てもらった方が早いね。

Evernoteでこんな風に打とう。

 

 

打ったら、コピーペーストしてWordPressに貼り付けてみる。

 

 

さぁ、「プレビュー」を押してみるべさ!!笑

 

 

せまっ!笑

行間せまいなぁおい!!笑

 

ちなみに、テキストのHTMLを一個一個記述していかないと行間はなおらない。

さぁ、どうするかなぁ…

 

実はWordはかなりいい。

 

Wordはいい。

ほんとに、いい。笑

 

まぁWordってマイクロソフトのライセンスとかいるから、Googleドキュメントが良いよ。

Googleの無料で使えるソフトで、ほとんど使い方はWordと同じ。

 

Googleドキュメントって?

Google社が提供している、ほとんどWordと同じ形式のテキストエディタ

このソフトも、同じくネット上にアップロードされるので、どこにいてもノートの続きが書ける。

さらに、PDFとして保存したり、Wordのdocsファイルなどに変換できるので、テキストエディタ機能だけで言えばこちらの方がスペックは高い。

 

 

 

スマホのアプリにもあるし、chromeをインストールしてるPCならだれでも使える。

 

さぁ打ってみよう。

 

 

こんな風に記述してみよう。

行間は空白とか一切入れてないよ。

 

でもってまたコピーペースト。

 

 

テキストでみるとこんな感じ。

一見全く改行されてないように見えるけど、これでプレビューしてみようか。

 

 

あ~かなり見やすくなったね?笑

 

これで下書きはGoogleドキュメントで決まりだ。

 

まとめ

FirmBee / Pixabay

解決策っていうか、原因もわからないし、ほんとに雑な記事になってしまったけれど…

素直にEvernoteにこだわらないで、Googleドキュメントにすればいいと思うって話だ!

 

事実、Googleドキュメントはこれからかなり伸びてくると個人的に思う。

ソフトのインストールもいらないし、Googleのアカウント一つでWordに引けを取らないテキスト編集能力。

 

これからの時代で活用されていく前に、自分で使い方を覚えておくと良いかもしれない。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事