YouTuber草彅剛が出てきた将来を予測する。
geralt / Pixabay
スポンサーリンク

YouTuberって永遠に続く職業ではないよね。

それは誰もが見ても思うことだし、でも誰もが一度なってみたいものでもあったんじゃないかな?

 

「好きなことで生きていく。」

っていうキャッチコピーとともに、スライムにまみれたはじめしゃちょーの看板。

 

渋谷109とかにも大々的に貼ってあったけど…

 

YouTuberブーム…いつまで続くの?!

今日はそれについて話していきたい。

 

中高生でも手軽に手を出せるYouTube

ほんとに増えたよね…

 

クソガキって言ったら怒られるけど、僕はあえて呼びます。

クソガキ。笑

 

近年子供たちがYouTubeに動画投稿するようになってきて増えた事件…

  • 個人情報をさらしてしまう

この一つ。

 

これがものすごい問題になってるよね。

 

YouTuberのドン、ヒカキンはその動画サイトを見る子供たちに向けて言っていたよね。

 

「動画投稿するときは、お母さんに動画を見せてからにしようね。」

 

まったくだと思います。

ではここで問題視されるのが一つ上がったね。

 

情報漏えいが増えた

geralt / Pixabay

別に責任とれる20歳以上が個人情報漏えいしたなんてどうでもいいんだけどさ。

子供にさせてしまうようなYouTube…

 

そう、ここで問われるのは、YouTubeの責任だと僕は思うわけさ。

 

いつか年齢制限をかけるしかないようなYouTube時代が来るなと、僕は踏んでます。

 

スポンサーリンク

芸能人が活動し始めた。

Pexels / Pixabay

YouTubeは、芸能人にとってCMなどの広告、宣伝の場だと思ってたんだよね。

それが最近、でたね?

草彅剛がYouTuberになったね?笑

 

いやぁーこれだよ。

ついにテレビの芸能人もYouTuberやり始めたかと。

 

シバターもつい最近同じようなこと言ってたね。

「芸能人がYouTubeに進出して来たら俺らは何も出来ない。」

 

確かに、かけられる費用も違うし…

盛り上げ方も上手いし。

 

カメラのアングルもわかってる。

 

ここで一気に、半端もんのYouTuberが消えるなぁと思ったわけです。

 

視聴者さんはだいたい子供

ROverhate / Pixabay

ヒカキンとか見てたらわかるけど、ずいぶん子供向けの動画が流行ってる。

これは何故かっていうと、「子供」が見るからだ。

 

今や小学生でもスマホ2個持ってる時代だからね…

マインクラフトやってる時代だからね…

 

好きなものは?って聞かれると…

YouTuber!マインクラフト!モンスト!

っていう時代だからね…!

 

それが、YouTuberの終わりとなんの関係があるの?

そう、そこなんですよ。着眼点は。

 

広告を出す意味が無くなってくる

cocoparisienne / Pixabay

動画を見る前に流れる広告…

あれって子供向けですか…?

 

違うよね?笑

だって子供は、自分でお金を使って買うことも契約することも出来ないから。

 

ではどうでしょう?

大人向けの広告を発信しているのに、見るのはだいたい子供

 

広告…出す意味ないよね??

 

そしてYouTubeの広告が意味をなさなくなってくる

geralt / Pixabay

ここから先は、もうジョグの頭の中の話だからね?笑

きっと、Googleアドワーズとかに出資している企業の広告がYouTubeとかに流れていると思うんだ。

 

Googleアドワーズとは?

企業や個人などがお金を払い、自由に広告を出すことが出来るGoogleのシステム

 

それでも、自分がお金を支払って出している広告が、子供にしか見られていない。

すると、売り上げは低下し、広告の意味をなさないよね?笑

 

企業が一斉に、「YouTubeに広告を流すなら、Googleさんはいいです。」

なんて言ったらどうなるかな?

 

多額の広告費で収益を伸ばしているGoogleからしたら、どえらい事になるよね…

 

まとめ

Sibent / Pixabay

そうなるともう未来は見えてくるかな。

GoogleがYouTubeでの広告配信を打ち切り。

広告費で収益を得ているYouTuberとその他もろもろの会社はどうやっても収益を伸ばせられなくなる。

 

きっと世界は、僕が考えた風にはならないと思うけど、でも近いことが起こるんじゃないかなと思ってる。

YouTuberも、どこかほかのキャッシュポイントを持っていた方がいいのかもしれない。

スポンサーリンク
おすすめの記事