アフィリエイトの負け組の特徴と、敗者にならないためにすべき情報収集3つ。
Pexels / Pixabay
スポンサーリンク

 

現在、日本のアフィリエイト人口は約400万人と言われています。

ここ3年でアフィリエイターは一気に増えました。

 

2017年。Link-AというASPが、3ヶ月で5000人の会員を増やし、約20000人の登録者を達成した…なんてのも記憶に新しいです。

参照アフィリエイトASP「Link-A」の会員数が20,000人を突破 約3ヶ月で5,000人が増加

 

そしてよく言われてるのが、この言葉。

アフィリエイターの95%は月5,000円も稼げていない。

 

ジョグ
いや…本当かよ(笑)

と思いますが、問題はその割合じゃない。

 

「95%は月5,000円稼げていないんだよ」という言葉は、数年前から言われている言葉。

なのにアフィリエイト人口はどんどん増えていく。

一気に人口爆発してるってことなんですね。

 

アフィリエイトで稼げるようになった人も増えたと思いますが、それ以上に稼げなくて困ってる人も増えてます。

 

ジョグ
なんでだ!?

そして先日、こんなツイートをしました。

このツイートに対して、わりと反応がありました。

引用RTで意見をくださった方もいらっしゃいました。

いつもツイートをみてくださり、ありがとうございますm(_ _)m

 

今回の記事では、

 

  • アフィリエイトで負け組になるやつの特徴
  • アフィリエイト参入を考えている人がするべき情報収集
  • Twitterのフォロワーさん達の反応

 

これらを考察,まとめていきたいと思います。

 

この記事を書いた人

ジョグ@札幌のWEBの人
札幌でメディアサイトを運営したり、ライターさんを育てたり。 5年前からWEB屋をやってます。
十数個のサイトを同時運営中。企業様のSEO,マーケティングコンサルもしてます。
/WEBデザイン/サイト制作/SEO,ブログコンサルタント/アフィリエイター/WEBライター 
Twitterのフォロワー数は1万人超。
Twitter     Twitter
InstagramInstagram

↓YouTubeで動画配信中(クリックしてチェック!)↓
ジョグチャンネル YouTube

アフィリエイトで負け組になる特徴は3つ

ある番組で、「今でしょ!」の林修先生が”敗者の条件”をこのように紹介していました。

林修先生流の”敗者の条件”
    1. 情報不足
    2. 慢心
    3. 思い込み

これは、僕はなんでも適用されると思ってます。

 

ツイートでも触れていますが、アフィリエイトでも勿論適用されると思ってて。

 

「アフィリエイトは95%が稼げないんですよ」

「月5,000円も稼げていない人がほとんどなんですよ」

 

アフィリエイトを始めようと思った人は、こういった情報を目にする人も多いでしょう。

でも気軽に始めちゃう。

 

それはなぜか?

 

「自分なら、なんだかんだ出来るんじゃないか?」

「やることは単純。なら量こなせばいけるやろ!」

 

っていう、慢心と思い込みがあると思うんですよ。

もう敗者の条件の2つを満たしてますよね。

 

だから負ける。

 

もう少し、「なぜアフィリエイトに挑戦する人が負け組になるのが多いのか」を項目ごとに見ていきましょう。

 

圧倒的情報不足により市場調査が大事だと分かっていない

個人的に。

アフィリエイトは、情報収集が命だと思ってます。

もっと分かりやすく言うならば、需要があるものをテーマに選ぶことが大事だよ。ということ。

 

林修先生の敗者の条件で言う「情報不足」に当てはまる項目です。

 

 

  • 今手を出そうとしているジャンル,テーマは、どれだけの人がアフィリエイトで参入しているのか。
  • そのジャンル,テーマではアフィリエイト広告はどれだけ存在し、平均単価はいくらなのか。
  • 大手企業が参入しているのか、していないのか。

 

 

これらの基本的なことでさえ、全く調べずにアフィリエイトに挑戦する人が多いと思います。

その結果、「思ったのとぜんぜん違う!!」という理想と現実のギャップに苦しむ羽目になります。

 

「ブログやサイトを作って、アフィリエイトで収入を得る。」

これは、新規事業を立ち上げることと同義だと僕は思ってます。

 

だって、WEB上に1つのメディアを立ち上げるんですから。

 

絶対に怠ってはいけない情報収集。

これをしないでアフィリエイトに挑戦する人が多すぎるので、すぐにポッキリ心が折れるということですね。

 

自分は他と違うという慢心

林修先生の”敗者の条件”でいう「慢心」ですね。

 

「アフィリエイターの95%は月5,000円も稼げてないんだ〜ふ〜ん…。」

「まぁ…私やれば出来る子(YDK)だから、頑張ったら月5万くらい稼げるんじゃないかな?」

 

こう思ってる人、めちゃめちゃ多いです。

僕のTwitterのDMや、ブログのお問い合わせページには、初心者アフィリエイターさんからの質問が結構きます。

 

そこで一時期、僕はあることを質問してました。

ジョグ
どれくらいアフィリエイトで稼ぎたいんですか?

質問者
えっと、月30万も稼げればなと!
ジョグ
アフィリエイトって殆どが月5,000円も稼げていないって聞いたことありませんか?

質問者
あるんですけど、本気出せば全然いけるかなと思いまして!

 

本気でこういう返答が来るんです。

面白くて、結構この質問してました(性格が悪いな僕…)

 

ジョグ
本気ってなんだよ!?

 

本気を出せば、私は他の人みたいにはならない。

この慢心。そりゃあ負けますわ。

 

「何をどれくらいやれば」

「いつまでに、これを頑張れば」

という具体的なプランがあるなら分かりますが、「本気」という言葉で片付けてしまうのは非常にギャンブル要素が強すぎる。

 

これで稼げるんだ!という思い込み

「情報不足」+「慢心」で引き起こされる、一番避けたい「思い込み」

 

「これで稼げるんだ!」

と、間違った方向性で時間とお金を使ってしまい、失敗。

 

「稼ぐ」というお金のことしか見えていない人は、ここで心が折れて挫折します。

 

「これをやれば儲かる」

「これをすれば上位表示される」

なんていう情報に踊らされて、しっかりと思い込んでしまい、時間とお金をロスする。

 

あなたは、今現時点で月5,000円以上アフィリエイトで稼げていますか?

稼げていないとしたら、どこか「思い込み」で行動してる部分はありませんか?

 

一旦、情報収集して自分が進んでいる方向性が正しいのかを検討してみるのも、大切なことだと思います。

ジョグ
PDCAでいう「C」ですね^^

 

これからアフィリエイトに挑戦する人に調べてみて欲しいこと

ここで少し、「アフィリエイトに挑戦する人に調べてみて欲しいこと」を挙げてみようかなと思います。

僕が今回挙げさせていただくのは以下のもの。

 

 

  1. ブログランキング等で参加している、そのテーマのブログの数
  2. そのテーマに関してGoogle広告ではどれくらいの入札単価なのか
  3. そのテーマで実績を出している個人ブロガーはいるのか

 

 

最低でもこの3つは調べてみてほしいなと思います。

 

ブログランキング等で参加している、そのテーマのブログの数

 

ブログの人気を競う登録制のコミュニティがありますよね。

まずはそこで、参入しようとしているテーマのブログが、一体どれくらいあるのかを調べてみましょう。

 

単純に、ブログの登録数が多いテーマは、それだけ需要も大きいです。

書くこともあるし、反応もあるし、モノも売れる。

ただ、「ブログの登録数が多い=競合が多い」ということをお忘れなく。

 

逆に、登録数の少ないテーマは、需要こそ減りますがニッチな層を狙い撃ち出来る可能性があります。

そういったテーマは競合ブログの数も減りますが、アフィリエイト広告自体が少ない場合も。

 

そのテーマに関してGoogle広告ではどれくらいの入札単価なのか

Google AdWords…今はGoogle広告ですね。

キーワードプランナーというツール、名前だけは聞いたことあると思います。

誰でも無料で使えます(機能は制限されますが)

 

参入しようとしているテーマで、以下のものをキーワードプランナーにぶち込み、過去の指標を見てみることをオススメします。

 

  • 思いつく限りのキーワード
  • そのテーマの関連キーワード

 

関連キーワードについては、「関連キーワード取得ツール」を使ってみると良いです。

 

この時、見るのは「検索ボリューム」ではなく「入札単価」なのがポイント。

 

入札単価とは、企業がそのキーワードで広告を打つ際に、1クリックあたり”いくらの金額”を払っているのかだと思ってください。

 

もっと簡単に言いますね。

入札単価をめちゃ簡単に表現すると

その金額が高ければ高いほど、お金を稼げるキーワードだということ。

その金額が低ければ低いほど、お金を稼ぎづらいキーワードだということ。

 

自分が参入しているテーマは、果たしてお金に変えやすいキーワードなのか。

それを知っておくかどうかだけで、だいぶ方向性を定めるときには役に立ちます。

 

ジョグ
基本的に経験上、入札単価が高いキーワード(テーマ)はアフィリエイト広告の数も多いし、単価もわりと高め。

 

そのテーマで実績を出している個人ブロガーはいるのか

そのテーマで実績を出している個人ブロガーはいるのか。

これについては、ひたすらGoogleなりTwitterなり、検索して探してみるしか無い。

 

もしも、実績を出している個人ブロガーさんがいれば。

モデリングしましょう!徹底的に!(笑)

モデリングとは、憧れの人を具体的にマネることです。具体的な行動や言葉の使い方をマネることで、自分自身を成功へと導きます。

 

 

今やYouTuber界のトップと言われているヒカキンさんも、「最初はその道のトップオブトップを真似することから始めた」と言っています。

真似することは全然恥ずかしいことじゃないです。

 

むしろ、最初から自分だけのオリジナルで戦おうとすることの方が、失敗するリスクは大きいです。

ジョグ
まずはその道の先輩から、基本を盗むこと。

 

スポンサーリンク

この話題についてのTwitterでの反応を紹介

さて…と。

長々とすみません。

 

  • アフィリエイトで挑戦する人が負ける理由
  • アフィリエイト参入を考えている人がするべき情報収集

 

これらについて、少し僕の見解をまとめてみました。

 

ここからは、Twitterでの反応を紹介していきたいと思います。

 

アフィリはともかく、林先生の敗者の条件、メモ。

うん。アフィリはともかく、林修先生の偉大さですよね。

個人的には林修先生の「仕事原論」が大好きすぎます。

 

初月から数万円を稼げる仕組みは良い

ジョグ
初月から数万円を稼げる仕組み…。

確かにまぁ、集客とかしっかりと分かってる人だったら仕組み作れますよね。

 

【収益】=【集客】×【単価】×【コンテンツ量】

↑が「収益を生み出す方程式」だと僕は考えていて、1つ1つの項目を上手く埋められれば、初月から数万円も可能ですね。

 

挑戦なくして失敗はない、失敗なくして学びはない

確かに!恋なら思い込みで突き進んでOKです。(笑)

最後にめちゃくちゃ良いこと言って締めてますね~。

 

挑戦なくして失敗はないし、失敗なくして学びはない。

ジョグ
頑張ってほしいです^^

 

まとめ

では、ここらへんで記事の内容を簡単にまとめます。

 

アフィリエイトに挑戦して失敗する人の特徴は、林修先生の”敗者の条件”に当てはまる。

 

  1. 情報不足
  2. 慢心
  3. 思い込み

 

 

アフィリエイトへ参入する人に、最低限調べて欲しい情報は以下の3つ。

  1. ブログランキング等で参加している、そのテーマのブログの数
  2. そのテーマに関してGoogle広告ではどれくらいの入札単価なのか
  3. そのテーマで実績を出している個人ブロガーはいるのか

 

 

では皆さん、頑張って記事書いていきましょうか^^

 

 

↓YouTubeで動画配信中(クリックしてチェック!)↓
ジョグチャンネル YouTube

スポンサーリンク
おすすめの記事